2019年02月22日

タスク。

たまっていたあれこれを書き出し、
終えたものから線で消していく。

大きなこともあれば、ちょっとしたこともある。
それでもそういういくつもの「タスク」を書き出して、
それをクリアしていくのは、なんていうのか…達成感みたいなものがある。
これ大事。

あと、他の人はどうだかわからないんですけど、
ボクの記憶にはひどくムラがあって、
憶えているのに憶えていないってことがよくある。
あ、忘れてたってことが多々ある。
そういう「抜け」みたいなものの予防にもなります。

問題は、このタスクを書き出すという行為が三日坊主になったりしちゃうこと。
せっかく書き出したノートを見返すのを忘れちゃったりすること。

書き出した意味がない…って時があるのは本当に困ったもんです。

憶えてることはずっと憶えているのにね。
当たり前に思えるかもしれないけど、
不思議。
posted by 中神謙一 at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月18日

夏の歌。

2月も後半に差し掛かり、まだまだ寒い毎日ですが、
今している稽古の中では夏の歌が流れまくっている。

蝉の鳴き声とか、ギラギラの太陽とかってワードが飛び交っている。

20分弱のステージ。
本番は3月なので、季節感としては春の方がいいんだろうな、と思いながら、
それでも8月の舞台にむけての予告編みたいな舞台を作っている。

どうやればわかりやすく、伝わりやすいんだろうってことを、
ずっと考えている。

コドモって、どの現場でも同じだなぁって思う時と、
一人ひとりが全然違うなぁって思う時があって、
結局オトナと何にも変わらないんだってことを再確認する。

今年の夏はどんな夏になるんだろう。
夏の歌を聞きながらずっと考えている。
IMG_5609.JPG
posted by 中神謙一 at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月15日

思考と試行。

ぼんやりと考えていること、考えていたこと。
そのいくつかを、試してみたりする。
上手くいかないことももちろんある。
上手くいかないことの方がたくさんある。
けれどその中で、いくつかの「お?いいじゃん」みたいな反応というか手ごたえみたいなものがあって、そういう時ってやっぱり嬉しいし、がんばろうって改めて思ったりする。

そんな日は、ちょっと身体が軽くなった気がする。
そして昔書いた、SkyWalkerって歌を思い出す。

思考。
試行。
そして取捨選択をしていく。
posted by 中神謙一 at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月11日

カレーキムチポッカ。

気に入っているカレー屋さんで。

ここはスタンダードと呼ばれる定番のカレーと、
日替わりのカレーがあって、どちらかを選ぶこともできるし、
あいがけしてもいい。

自分でかけるセルフ形式。

IMG_5514.JPG
この日の日替わりは豚キムチ?カレーキムチポッカと書いてあった。
いわゆるカレーの香辛料とは違う辛さ。
美味しい。

それにしても、こういう日替わりのメニューって、考えるの大変だろうなぁ、と思う。
明日はどんなものを作ろうかって考えて、
毎回ちゃんと美味しいものをつくんなきゃ成立しない(仕事だもんね)わけで。
連載をかかえている作家さんとかもそうだ。
頭の中では次のこと、その次のことって考えていかなくっちゃいけない。

その繰り返しの日々っていうのは、相当にハードなものだ。
ボクもがんばらなきゃね、とカレーを食べながら思う。

トッピングも色々あって、素敵なお店です。
おすすめ。
posted by 中神謙一 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月04日

計画性。

欲しいものリストの、割と上位にあるのがこれ。
計画性。
売っているなら買いたい。

思いつきですすめるから色んなことが最後になって大変なことになる。
自分一人が頑張ればどうにかなる、そんなことならいいのだけれど、
たくさんの人がかかわる舞台やイベントなんかはそうはいかない。

毎回反省する。
2018年の終わりにも、やはり反省した。

2019年はこの計画性を意識して生きる、と改めて思っている。
しかし、予定とは違う案件だったり、新しいオファーをいただいたりしている。
今年はこんな感じです、と一月早々のSSCメンバー限定の新春動画でお伝えしたのに、すでにその予定が変わり始めている…。
もう2月だ。
豆もまけなかったし。

これらの追加スケジュールをクリアするために、
やはり計画性を身に着ける必要があると、今強く再認識している。
少なくとも、来年は豆が撒けるくらいの計画性を身に着けていたいと思う。
posted by 中神謙一 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年02月01日

OFF

先日。
約…25日ぶりのOFFだった。
これは忙しいアピールでも人気者(売れっ子)アピールでもなく、
単に計画性の無さゆえにうまくOFFという時間を作れていないだけだ。

それでも、一応この日はOFF、と決めた日だった。
昼まで寝て、ちょっと買い物に出て(風呂の蓋が壊れていたのでそれを買いに行った。風呂の蓋が壊れるなんてことが人生の中であるとは思わなかったのでちょっと驚いたものだ。ボクよりよっぽど長生きしそうだと思っていたのに)、焼き鳥屋でビールを飲みながら焼き鳥を食べて帰った。

びっくりするぐらい、あっという間に一日が過ぎた。
自分の動きがゆっくりになったんじゃないかと思うくらいだった。

身体が休まったとか、
リフレッシュとかを感じる前に一日が終わった。

年々、休日の過ごし方が下手になっている気がする。
みんなはどんな風に過ごしているんだろうか。
posted by 中神謙一 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月31日

最近のこと、2。

トライアル用の本を書いたこと。
岩盤浴にいったこと。
司法面接ロールプレイの振り返り検証をしたこと。
OFFの日をつくれたこと。

ここ最近のこと、2はそんな感じ。
それぞれ、また書いてみる。
いつものように指の準備運動を兼ねて。

今抱えているベースの仕事があやふやながらもなんとなく大ごとで、
ちょっとどうしようか悩ましいところではあるんだけれど、
もう少ししたら、ちょっとペースを落として進めていける、ような気がする。
油断しちゃだめだけど。

どうも少しメロウな感じになっている。
LOWである。
いまいちあがらない。集中できないでいる。

これはたぶんきっとおそらく、
物思いにふける時間が足りていないのだ。
どこかできっちり、しっかりと、どっぷりと時間を作らなくちゃと思う。

でももう今日で1月終わっちゃうんだね。
てなると、もうすぐに3月、5月、8月か。
そう考えると、そんなにのんびりしてらんないんじゃないのか、って、
分かっているんだけれど。
posted by 中神謙一 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月25日

最近のこと、1。

なんやかんやでブログの更新が空いてしまいました。
ここ最近のことを少し。

先日久々の外部出演の舞台が終了しました。
ご来場、応援してくださったみなさん、ありがとうございました。
魅殺陣屋さんの周年記念公演、盛り上げることができたのなら良いのですが。
mitateya01.jpg

本番からの打ち上げ終わって、翌日の月曜日に新たな打合せがありました。
結構ヘロヘロな感じで出席。

火曜日、お世話になっている某社の新年会に参加。
BINGO大会でオーブンレンジをゲット。
ボク、こういうクジ運って全然ダメだったんですが、こんなん初めてだった。

水曜日、児童劇団の稽古。
3月のトライアル用の動きやイメージをつけていく作業。
これは8月にやる本や曲を使いながら、全然違うものを作っていっている。
稽古後にちょっと打合せ。

木曜日、喉が痛くて鼻水も止まらず、耳鼻咽喉科にいく。
あー、腫れてますねーと先生に言われ、疲労がたまってますね、と薬をだしてもらう。

そう、先週、魅殺陣屋本番週の時もそうだったけれど、
割とばたばたと仕事が続いていて、疲れがたまっているのだ。

この週末予定の〆切が終われば、ちょっとペースダウンしてお休みを作る予定。
休みは何をしよう?と空想しながら今はがんばっている。
posted by 中神謙一 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月07日

だらだら。

だらだらしたい、と思う。
根が怠惰なので、いつまでも、それこそいつまででも、だらだらしていられる。

それにしても「だらだら」という言葉。
響きと言い、その字面の醸し出す雰囲気といい、
だらだらである。

そもそも、どういう意味なんだろうと思って調べてみると、
「たらたら」を強調した言い方らしい。

水や血、液体が流れ続けるさま、
変化の乏しいさま、
気分などがゆるんでしまりのないさま、などなど。

ふうん。

血が流れ続けるさま、を想像すると、
それはもう「ぐったり」な状態だなぁとサスペンスな気持ちになる。
そんなだらだらは嫌だけれど、
少しずつ、力が抜けていく感覚、
身体が冷たく、重たくなっていく感覚を想像してみる。

それはそれで、な気もしないではない。

「生きている」と「死んでいる」の間みたいな時間って、
ちょっとだらだらに似ている状況なのかもしれない。

さて。
その生と死の狭間の世界が出てくるお話に出演します。
気がつけば、もうすぐ本番。
ご来場、お待ちしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mitateya01.jpg
魅殺陣屋15周年+2th公演 『 DIAVEL〜異界の処刑人〜』
原案・演出:萩原宏信 / 脚色:萩原祐未

【日時】
2019 年1月18日(金)15:00/19:00
     19日(土)15:00/19:00
     20日(日)13:00/17:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前となります。

【会場】一心寺シアター倶楽
【料金】前売3,500円/当日4,000円
【中神謙一取り扱いチケット窓口】http://ticket.corich.jp/apply/94758/006/
posted by 中神謙一 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月04日

2019年。

2018年の12月31日が明けると、当たり前のように2019年になっていた。

この新年を迎える時に感じる感覚、
これについてはいつかどこかで書きたいと思っているのだけれど、
その数分間は、2018年のことを振り返り、
2019年のことを考える、懸け橋の半ばみたいな時間だった。

ボクはどちらかというと、
お正月がくるとうんざりしちゃったりもするのだけど、
どうやら周囲の人はそうでもないようなので、
少しひねくれているだけなのかもしれない。

だって一年は1日24時間365日もあって、
それをまた一からやっていかなきゃいけないってことに、
何だかうんざりしてしまったりするのだ。

タイムリープして、目が覚めた時、一年前に戻っているみたいな、
そんな始まってもいないのに感じる徒労感、みたいなのを感じる。
中二病ぽいこといいますが。


2018年も色々あった。

良い事もあったし悪い事もそれなりにあった。
我ながらよくやった、と思うこともあったし、
自分はダメだなぁと自己嫌悪することもあった。
人を好きになることもあれば、嫌いになることもあった。

そして新しく決めたこともある。

そういう記憶を抱えて、今、新しく始まった2019年、
同じ様な日々の繰り返しを、少しでも変えようと思う。

ここから抜け出すのだ、と
なんだかタイムリープものの主人公みたいなことを考えながら、
今年の計画を立てている。
posted by 中神謙一 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記