2015年05月31日

今月のまとめ

5月ももう終わり。

GWがあったせいか、新しい企画に携わったせいか、
とにかくあっという間だったような気がする。
同時に、ひどくゆっくりとした時間だった。
相変わらず時計が二つ、ボクの中で時を刻んでいる。

沢山本や資料を読んだ。
結構な量の文字と文章を書いた。
パンチェッタを作った。
知人からお礼にお酒をもらった。
何回も花の絵を描いた。
CD「花の記憶」が完成した。
フライやーデザインの打合せした。
ビアガーデンに行った。
10月の公演「Q&A」の情報が解禁になった。
部屋の模様替えをした。
ピクニックには行けなかった。
観たかった映画がまだ観れてない。
作らなきゃいけない物が溜まってきた。
観たかった舞台を観に行った。
観たかったけど観れない舞台もあった。
映像用のプロットをあげた。
写真用に衣装を描いた。
二つ、仕事を完了出来て、一つ予定より遅れている。
文化芸術振興の会議に出た。
腹の立つこともあったし嬉しいこともあった。
遠い月に手を伸ばしたその先で、ほんのわずかでも、触れることが出来た。
それだけで、昼日中に焼かれた肌が癒される気がした。


来月はどんなになるだろう。

posted by 中神謙一 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

物語る時

望む、望まないにかかわらず、物語は生まれ続ける。

それがあなたにとって良いものであるかは別として。
それをボクが書きたいと思うかは別にして。


物語る時、ボクは一つのただの機械であればいいのに、と思う。
己はなく、躊躇いも逡巡もなく、ただ滔々と物語る一つの機械、あるいは器官であれればいいのに、と思う。



例えばそれは。
靄のように、あるいは雲のようにゆらゆらとしている物語を、
目に見える形に織り上げていくような作業だったりする。
織り上げていく時に、自分の心の動きや想い、その時々のコンディションなんかが一緒に織り込まれていく時がある。哀しい物語に織り込まれれば、身を切るような痛みを感じるし、恐怖する物語ならば、息が出来ないほど苦しい重さを感じる。

例えばそれは。
どこか遠い貯水池から強制的に送られてくる水のように、
自分の中の蛇口からあふれ出してくる物だったりする。
そしてその蛇口を捻って流れを止めることは、ボク自身には出来ない。
ただ、溢れてくる水を、速やかに、濁らさずにかきだしてやらねばならない。
休む間もなく。溺れてしまわないように。
冷たい水が手足を凍えさせ、青紫に染めていくとしても。
その指先の震えが、水を零してしまうことを恐れながらも。

物語る、というのはそういうものなのだ。
根本的には変わらない。
ボクはただ、そこにあるものを少しだけ違う形にしているだけだ。
そこに己はない方がいいなじゃないかとずっと思っている。
そこにボクが混ざってしまうことが―いいことなのか、迷ってしまう。

それでもまだ、ボクは物語を書いている。
誰かに届けるような気持ちになっている。
誰かに届いているかはわからないけれど。

ボクが語る物語を、いつかこの世界のどこかで、誰かが。
そしてあなたが読んでくれる日がくるといいのだけれど。


posted by 中神謙一 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月30日

蛮行

勇気を振り絞って、
頑張って頑張って、
そうやって人が口にした言葉を
踏みにじってしまうみたいに、
その口をふさいでしまうような、
そんなのはきっと蛮行って呼ばれちゃうような事なんだろう。

その気持ちは、痛いほどわかるんだけれど。
本当に胸が痛むのだけれど。

蛙と蠍の話を思い出す。

反省、後悔、そういうものがない訳じゃない。
でもどうしようもないことってある。

そう、この世界の大抵のことはなんとかなるけれど、
でも中にはどうしようもならないことってのもある。
どうやらボクにとってはこれがそれで。

蛮行だって蛮勇だって言われても
ボクは正義の味方じゃないんだもの。

かくして蠍は溺れ死ぬ。
posted by 中神謙一 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

魔法使い

ほんの一言、
ほんの一文、
ほんの一節、
その言葉で涙が出てしまうほど嬉しくなったり、
悲しくなったり、腹が立ったり、
勇気がでたり、その逆だったり。

言葉ってすごい。魔法みたいだと思う。
指先が震える時があるくらいだ。


同じ文面でも、その字の美しさでも違うし、
その声の響きでも違う。

魔法みたいだ。

時に祝福に、時に呪いのように心を動かす。
魂を揺さぶる言葉の響き、
魂を縫い付ける言葉の楔。

そういう魔法。

祝福に、あるいは呪いにかかっている。
祝福に、あるいは呪いをかけたいと思う。



魔法使いになりたい。

もっともっと。
posted by 中神謙一 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月29日

Q&A!

10月上演の舞台情報が公開になりました。
観てくれましたか?

まだ?
じゃあこちら。
http://e-setsuna.com/news.html#news22

恩田陸さんの作品「Q&A」を舞台化させてもらいます。
初めて読んだのは10年くらい前だろうか。
その時、なんて気持ち悪い本だ!と思った。
そして、これ、舞台でやりたいなぁ。そう思った作品です。

ボクとしては結構衝撃的な本だった。
それが長い時間を――まあ時間を累積して記憶するのが苦手なボクは、10年って言われてもそんなたったようには思えないんだけれど―経て、舞台化の許可を頂くことができた。
それもとんとん拍子に。
ありがたい。
そして背筋が伸びる思いがする。

情報公開第2弾ももうすぐです。
人の本でやりたいってことが殆ど無いボクとしては、
とてもドキドキする。
そして楽しみ。

幾つかあなたに質問をします。

そう。
どんな舞台になるか、ぜひ観に来て欲しい。
そして、その後、本を読んで欲しい。

posted by 中神謙一 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月28日

セキララ

正直に言っちゃえば、全然元気なんかじゃない。

ストレスと疲労はいつの間にかコップから溢れだしていて、
その瞬間、何かに笑っていたって、
頭の中にはすぐ別のことが浮かんで、
その気分をかき消してしまう。

さして腹もすかず、何事にも気分が乗らず、
本当は知らないうちに死んじゃってるんじゃないかと思うほどだ。
足下の影が薄くみえる。

やること、やらなきゃいけないことが沢山で、
やなこと、やりたくないことだって山の様で、
どれもこれも、自業自得。

自分が詰め込んだことだから、何の後悔もないけれど、
あれもそれも、進めるために脳内アップデートが必要だ。

そう、アップデート。

つまらない建前とか、きれいごととか、
オトナぶった会話とか、こうあるべきですとか、
相手を思いやった風な会話とか、
そういった話を今は聞きたくないんです。
そういうのは、そういうヒトたちに任せて、
赤裸々でありたい。

そんな気分だ。

もっと楽しいことを探したい。
しんどくてもいいから、脳みそに隙間ができない様に。
もしくはいっそ、空っぽにしたい。
ただただ快楽を貪りたい。

ああ、それにしてもセキララって、片仮名で書くと、
何だかキラキラしてる感じがするよね。

キラキラしたいよね。

posted by 中神謙一 at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月27日

無題

我儘だなんて思わない。
勝手だとも思わない。

知りたい。
ボクは知りたい。

理想と現実がかけ離れていても、
そこに渡る橋がなくても、
それが皆に喜ばれることじゃないとしても、仕方ない。

ここはボクの内側で
ここがボクの世界で
それがボクの望みで
渇望するものが他にないんだもの。

どれも本当で、それを疑ってるわけじゃない。
ただ、知りたい。
あなたの渇望を。



posted by 中神謙一 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月26日

相対性理論的に。

メモとして。
キスの日のブログで書いた「ラフレシア」という舞台。
思い出したらまたやりたくなってきた。

https://youtu.be/wECOPPVG1w4
どこかにこうやって書くことで、
頭の中にもメモしておく。

どんな風にやってみよう。
10代の女の子2人のお芝居。募集?オーディション?
以前知ったあのこで出来たらいいな。じゃあもう一人は?
そんなことを夢想してみる。
どんな形でやるかを考えなきゃ。


メモとして。
イメージ写真を撮ろうとしてて。
どんな風になるのかはまだ本当にボンヤリしてるけど。
撮ったものをそのあとどうしていくかもボンヤリしてるけど。
ずっとやりたいって思ってた。こっちも進めていかなきゃ、とイメージや衣装の絵を描いている。
モデルを集めなくちゃ。


CD「花の記憶」を作ってから、
やりたいことをもっとやっていかなくちゃ、と改めて考えるようになった。
10月の公演もそうだ。やりたいって思ってたことだもの。

1日は24時間だけど、脳みその中のではきっともっとあるはずで。
アインシュタイン気取って相対性理論を実践しちゃおう。
時間が足りないって甘えてる場合じゃないよね。



posted by 中神謙一 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月25日

それは確かに。

オレンジ色が昨日より濃い半月。
その少し離れたところに星が一つ。
まるで砕けた欠片の一つが、
そこに漂っているかのようで、星の舟の話を思い出した。


小さいころの話。
夜更かしが好きで、朝寝坊が好きなボクは、
太陽よりも月が好きだった。
太陽は眩しくて目を背けてしまうけど、
月はずっと眺めていられたし。

真夜中、散歩するのが好きで、
パジャマから着替えて、
そっと家から抜け出しては、
眠りについた街を歩いたものだ。

真夜中の月は、何だか自分だけの物みたいに思えてドキドキした。

公園のジャングルジムに登り、
月に触ろうと手を伸ばした。
届かない。届かない。


オトナになって、いつしかそれは一つの象徴になっていたけれど、
届かないはずの月に、5月のある日、手を伸ばすと、指先がーーーーそっと月に触れた。

誰も信じてくれないだろうけど。
この手のひら、この腕のなかに。
それは確かに存在したんだ。
posted by 中神謙一 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月24日

名言ぽい。

何処で、とか、
何で、とか、
誰と、とか。

そんな風に気になってる方の負け。

posted by 中神謙一 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月23日

キスの日。

今日はキスの日だって。

1946年5月23日。
日本で初めてキスシーンが映画に出てきた。
「はたちの青春(佐々木康監督)」という映画だそうだ。

きっと当時はとてもセンセーショナルだったんだろうな。

以前、ラフレシアという、女の子の二人芝居を書いた。
その中で女の子同士がキスをするシーンがあって、
レズビアンの山Pに絶賛してもらったことがある。

二人のぎこちなさ、もどかしさ、そして衝動。
そういうの。
とても綺麗な物語だったと思う。
ああ、またやりたいな、あの本。

以前にも書いたクリムトの「接吻」という絵がとても好きで、良く画集を開く。

何ていうんだろう――。
その行為にボクは本能的な物を感じる。
激しかったり、優しかったり、愛おしかったり。
手を使えるボクらが、それでもその手を使わず愛撫するその行為は、
もっともっと根源的な、動物としての本能的な衝動な気がする。
何でも、誰でもいいってものじゃなく、本能があなたを求めているんだって思う。

食べちゃいたいくらい、っていう表現も分かる。
取り込みたい、取り込まれたいっていうくらいまでイけるのは素敵だ。
獣みたいに純粋な本能って、とても洗練されたように美しい。
変に思われるかもしれないけど。


最近キス、してます?
免疫力も向上するらしいですよ。

posted by 中神謙一 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

愚者

花の記憶の初回予約、締切になりました。
ありがとうございました。

ミュージカルに出演してくれてたコや保護者の方からもだけど、
SE・TSU・NAのファンの方からも予約があって、それがまた凄く嬉しい。
ありがとうございます。
備考コメントなんかも色々ありがとう。
黒猫のタンゴの話に共感してくれた人もいたりして。

ありがとう。(ありがとうばっかりだ)


予約集計して、特典の「花の記録」の準備が始まります。
初回予約してくれた皆さま、お楽しみにね。


今回、その「花の記憶」の中で――タロットカードの「愚者」の事を話している。
ザ・フール。
その無謀さと危うさと無限の可能性が、脚本を書いたときのイメージにあったこととかを話している。
そこんところ、ぜひ読んでみてください。
改めて読み返して、結構いい事言ってるきがするな、俺!とか思ったし。
結構文字、小さ目でびっしりです。(笑)

愚者というと何となく響きが悪いけれど、
実際はそんなことないんです。
タロットは正位置と逆位置で意味が違う。
どんなことでもそうであるように、長所と短所があるように。

願わくばあのコたちにとって、愚者のカードが正位置としてありますように。

posted by 中神謙一 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月22日

解説本のことを少し。

イメージアルバムCD「花の記憶 -Memory Of Flower-」の初回予約受付は本日、5/22(金)までです。
本日中にご予約いただいた皆さまには、川村謙二さんとボクが、舞台Flowerの作詞作曲当時を振り返った解説本「花の記録」をプレゼントいたします。

解説本には、「Flower」という脚本とそこに出てくる歌詞を書いたときの事なんかのことをちょっと書いてて、それを読み返すと、なんとも不思議な懐かしさを感じます。一年くらい前の(書いたときが)ことなんだな。

係るのが最後になったってこともあるけれど、
ボクにとってとても意味のある舞台になった。
とても思い入れのある詞になった。
だからこそ、このCDを作ったんだと思う。

特に――BGMも収録してあるのはいい。
雰囲気が伝わると思う。ぜひ聞いてみてください。


今までやりたいと思いながら、ずっと出来なかった。
別にいいわけじゃなく、実際に自分が主催したものじゃなかったから、出来なかったんだけど。
それすらやっぱり、やらない理由にしていただけかもしれない。
この世界の、大抵の事はどうにか出来ちゃうのだ。どうにかしようと思えば。力を尽くせば。
もっと早く作っちゃえばよかったな。
今までの曲も。そんなことを考えたり。

先日ね。
「CD化は難しくても、今までの歌詞だけでも集めたものがあればいいな、と思うんです。」と、お言葉をいただいて、凄くうれしく思いました。何か…カタチを考えてみれたらいいな。

そう、大抵の事はどうにか出来ちゃうのだ。
どうにかしようと思えば。
力を尽くせば。
===================
Flower_02.jpg
「花の記憶 -Memory Of Flower-」 \1.200-

e-shopからのお求めはこちら
http://setsunashop.cart.fc2.com/ca6/19/p-r-s/

一部ご試聴いただけます
http://stn-diary.sblo.jp/article/130147950.html
posted by 中神謙一 at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

共鳴


りーん、と響くような感じで見上げた空に、
細い三日月が浮かんでいた。
ゴンドラのような綺麗な三日月だった。

いつも、月を探してしまう。
呼ばれて、呼んでいるような気がしてしまう。
月に?
わからないけれど、確かに、何かに。


浅い夢の中で、遠くで誰かに、
あるいは何かに呼ばれているように感じていたけれど、
それは単なる錯覚で、
思い込みや、はしかみたいなものなのかもしれない。

呼ばれているんじゃなくて、
呼んでいるのかもしれない。
ボクの方が。
そう、きっとそうなんだろう。

いつも。
喉が嗄れても。
声が涸れても。
震わせるべき音叉が見つからなくても。

ゴンドラが空を渡っていく。
posted by 中神謙一 at 03:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月21日

矛盾?

素敵だな、と思って。
見たい、沢山の人に見て欲しい、と確かに思うのに、
誰にも見せたくないって思う。
勝手だな。
うん、わかってる。
矛盾?いや、矛盾なんて何処にもない。
宝物ってそういう物だろう。
posted by 中神謙一 at 02:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月20日

ピクニックに行こう。

少し前に書いたみたいに――ピクニックに行こうと思う。


ピクニックバスケットに皿やコップをいれて、
良く冷えたビールとかワインとか持って、
天気のいい日に、木陰にシートを広げて、
のんびりゆっくりする。

そう、こないだ仕込んだパンチェッタが出来上がったんだ。
ちょっと塩気がきついんだけど、ポテトサラダと合わせて、
バゲットに挟むととてもビールにあうサンドイッチができそう。
それを持っていこう。

そして風にゆれてる木漏れ日を眺めたり、
パンくずを鳥にやったりするのだ。

そんな想像をしてみると、何だかそれはとても素敵に思えて、もっと考えてみようって気分になる。
その景色、光の色、少し湿った芝の匂い、聞こえてくる音も想像してみる。
そこでボクはどんなことを話すんだろう。
何も話さず、ただぼんやりしてるんだろうか。

きっと珈琲が飲みたくなるから、その準備もしていこう。
デザートもいる。フルーツのタルトを用意する。
どうやって持っていくかはあとで考えればいい。だってどうせ想像なんだから。

悪くないな。
いや、とても楽しそう。

5月は、そんなピクニックにぴったりな気がする。
行くなら日曜日じゃない時に。
誰もいないような森の奥に。


posted by 中神謙一 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月19日

暖かい泥の中

灯りを消し、目を瞑って横になる。
昨日の眠りは、なんだか薄い氷みたいな眠りだった。

意識の表面に、薄い氷が広がっていく。
でもその氷は厚くならず、広がる端から、少しずつ溶けていく。
そんな眠りだった。
朝になるまで、数時間。
いつもより長く眠っていたような気がする。
でも、それはとても表層のものだった。
夢も見れない、そんな眠りだった。
まるで追われている逃亡者みたいな。

無駄に長く眠ったみたいで、損した気分がした。
それなら何かしてればよかったかな、とか思う。
そう、何か考えていればよかった。


暖かい泥の中に、沈むみたいな眠り。

気怠さと共に、少しずつ沈んでいくような眠り。
そんな眠りを探してる。

薄暗い洞窟みたいな部屋の中で。
一度味わうと、忘れられなくなるような、
ほんの1時間。ううん、30分でもいい。
そんな甘美で呪いみたいな眠りが欲しい。

他じゃ代えられない。
posted by 中神謙一 at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月18日

SSCC!終了しました。

ご試聴いただいた皆さま、ありがとうございました。
雨、結構降ってますね。
大丈夫?

こちら、配信でご紹介しました、中々斬新な本日のおやつ。
確かに桃+クリームチーズはアリだと思う。
IMG_1896.JPG
ゴディバにもあるよね、ポテトチップにチョコがコーティングされたやつ。
お試し下さい。

味や匂いについては、今回のSSCC!がアーカイブで公開になりました。
5/24の日曜日までの期間限定公開です。
SSCメンバーブログから、ぜひ。
posted by 中神謙一 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年05月17日

明日はSSCC!

まちがってた。明日だ。

明日はSSCメンバーの皆さんに贈るSSCC!
メンバー限定のUstream配信です。

毎回、こんな感じにしようかな、くらいの事しか考えていないので、
結構ドキドキしてます。
そして同時に、SSCメンバーのみんなしか観てない!と思うとちょっと気が楽だったりします。

明日21時から。
ぜひぜひご覧くださいね。

☆ご視聴には今月のパスワードが必要です。
パスワードはSSCメンバーブログにて公開中です。ご確認下さい。

SSCってなに?という方は、こちらをご確認下さい!
http://e-setsuna.com/ssc.html
んで、ぜひぜひご入会下さい。
posted by 中神謙一 at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

姫君のこと、とか。

世の中には、人それぞれ勿論好みっていうのもあるんだろうけど、
綺麗でかわいい女のこがたくさんいる。
芸能人って呼ばれる人たちじゃなくても。
それこそお姫様みたいに。

そんな話をしていて、理想のタイプを聞かれたりすることがある。
芸能人で言うと?とかって、そんなやり取り良くありますよね。
誰だろう。
素敵な人はたくさんいるんだろうけど。

でもずっと昔から、今も変わらず好きなのはクリムトの描くダナエだ。
柔らかくて官能的でとても美しいと思う。

物語に描かれるたくさんの姫君では、
白雪姫とかシンデレラとか
オーロラ姫とかエリーザ姫より、
人魚姫が素敵だとボクも思う。
強くて儚くて愚かで淡くて切ない。そして多くの寓意を含んでいる。

脳みそが遊んでいる。

脳みそが片隅で、色んな事を考え始める。
物語に描かれる王子様は大抵どこか抜けているような気がするのはどうしてだろう、とか。
そういや、物語で有名な王子様ってだれかいたっけ?とか。
ロットバルトはどうしてあんな魔法をかけたのか、とか。
そう、それはきっと意地悪ではなく、オデットを一人占めしたくなったからなんじゃないか、とか。
そんな風に考え出すと、また違う物語が出来そうだ、とか。
そんなことを考える。
考えて、また眠れなくなる。

では、あなたの理想の姫君は?
そしてあなたの理想の王子は?
posted by 中神謙一 at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記