2015年10月16日

レッスン

久しぶりに身体を動かした。
肌が擦れて赤くなってる。
そう、肌弱いんだよな、って改めて思い出した。

ああ、
だいぶなまってる感じがする。
にぶってる感じがする。
どちらも同じ「鈍る」って書くんだ、とか考えたりした。

感情に任せて動く
イメージに委ねて動く。

角度がずれる。
線がぶれる。
重心が崩れる。
筋と骨が軋む。

一つひとつを、少しずつ少しずつ、調整していく作業。
基準は自分の中のイメージしかなくて、
それはそれこそ霧や霞をカタチに留めようとするような作業だ。
もうボクにはセンセイはいないんだ、と改めて思う。
少なくとも、今は。

自分の中のイメージと向き合う作業。

文章も同じく。

指を動かすレッスンを繰り返す。
脳内のイメージに追いつく速度で、
脳内のイメージを損なわない精度で、
文字を書きだすレッスン。


ああ、なんだかひどく眠い。

そうだ、もうすぐアイコンやバナーもQ&A仕様から変わります。
posted by 中神謙一 at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記