2015年11月30日

儀式


記憶で、指で、
言葉を、文字を辿る。

何度も読み返した文をなぞる。
記された言葉を指先でなぞる。
本当だ、文字はパラパラと剥がれてこの身に染み込んでいく。
なんて文才だろうって溜息がでる。
魔法はかけたのではなくかけられたのだと思い知る。

そこには音、気配、息遣いや匂いまでも含まれている。
芳醇ですらある。

指先に感じる、言葉の連なり。
それだけで勇気がでたり、痺れるような痛みが走ったりする。
弄ばれているかのように。
そのたびに楔は深くなる。


そこで感じる痛みを、愛しいと思う。
そう感じる自分を誇らしいとさえ思う。

馬鹿みたいだな、と思いながらも、
やっぱりそう思う。
posted by 中神謙一 at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月29日

ゆうき

勇気って、何だか不思議な言葉だな、と思う。
勇ましい、気持ち。
そう書くと何だかすごく違和感を感じる。
自信満々な感じがする。

何だか違うなって思う。
自分の中で。

もっと不確定要素がある、不安がたくさんあって、
自信が無くて、そんな時に――ああ、だから、欲しいと思うのか。

勇ましい、気持ちが。

そういうキャラじゃないんだろうな。
自分にピンと来ないんだよね。
でも、なけなしの勇気を振り絞ってみる。
だって、他に使う所がないんだよ。




posted by 中神謙一 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月28日

キラキラ

昨夜から絵コンテの直しとか、編集の段取りとか。
今日も朝からがっつり夕方まで編集とか。
ちょっと久々の集中力だった。
極力喋らないように。
でも勿論、まったく喋らないわけにもいかないわけで。


外にでると、町にはキラキラしたものが増えてきた。
まだ11月だけど、随分クリスマスムードになってきた。
そうか、もう11月も終わるんだな。

12月。
今年はSANTA×CROSSの代わりにクリスマス会をします。
今回のDISC-FES. http://e-setsuna.com/news.html#news31 はそういうコンセプト。

こういうコンセプト、ウチの劇団では珍しい。
キラキラした町にまけない、
キラキラしたイベントにしたい。

1部の方、2部の方、通しの方。
それぞれ楽しんで貰えるように、今考えてる。

クリスマスっていえば?何だろう。

クリスマスプレゼントをあげたいんだよ。
posted by 中神謙一 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月27日

観たい。

クリムトの映画が今日から始まったのか。
あの金色。
線。
ボクは今でもダナエが大好きで、実物を観に行きたいってずっと思ってる。
映画も観に行きたい。

今年はSANTA×CROSSの公演がないので、きっと大丈夫。
DISC-FES.はあるから油断しないようにしないと。


舞台よりは時間や日程に余裕のある映画だけど、
舞台の感覚の時間帯に慣れてるせいか、微妙に開始時間に間に合わなかったりする。
で、諦めたり。
昔は途中から入っても、そのまま次の回の頭までいれたりもしたんだけど。
鑑賞の形式として、良い悪いは別として。


Amazonで見れる映画サービスがスタートした。(音楽も)
そこでイブ・サンローランの映画をタブレットにダウンロードした。
これでベットの中でも映画が見れる。

まだ見てないけど――映画館で、少し冒頭を見れなかったので、今度ゆっくり観てみるつもりです。

観たい映画も舞台も景色もたくさんあるんだけど、
中々すべてを、とはいかないな。
一つでも多く、自分の欲望をみたしてやりたいのだけど。
posted by 中神謙一 at 12:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月26日

声。

喉がガラガラで声が酷い。
今日の撮影でも「昨日より悪化してるんじゃない?」といわれた。
今は少しマシだと思うのだけど。

予定より早く仕事が終わって、
外にでたら雨も上がってて、
帰りの電車でうとうとして、
ふと目が覚めたら西の空がきれいな夕焼けで、
サングリアの残りで作ったホットワインは美味しくて、
読み進めた神曲の中でベアトリーチェは怒っていたけど、
それでも8:2くらいの割合で上手くいった今日なのに、
いまいちすっきりしないのは、この声のせいだろうか。

多分そうだろうな。

声をほめていただくことがあります。
好きだと言ってもらったこともあって、
好きになってもらったところが失われていくのが、
酷く哀しいことに思えた。急に。
その好意もなくなっていくみたいな気がする。
価値がなくなっていく、というんだろうか。

神曲のせいかもしれない。
ベアトリーチェの言葉に打ちのめされるダンテのせいかもしれない。

早く治ればいいのにな。
こんな声ではきっと届かないし響かない。
ちゃんとした時の声でもどうだかわかんないのに。
マスクして寝よう。
風邪じゃないけど。

posted by 中神謙一 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月25日

今日は。

久しぶりのメンバーであつまった。
忘年会には少し早い。
一人が言う。
そろそろこの会のちゃんとした名前を決めないといけないですね、と言い出して、
一人は、
私は手帳には「夏会」と書いてます、という。
どんな名前にしよう。
ボクは旧ローマ帝国の会、がいいと思うのだけど、イマイチ賛同を得れなかった。
image.jpeg
葛根湯もらったので、一応飲んどく。
風邪じゃないけど。
posted by 中神謙一 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月24日

ジャム。

いまいちだったワインにフルーツを詰め込んで
サングリアを作った。

やるべきことは沢山あるんだけれど、
どうにも頭が退屈していて、付け込んでたフルーツでジャムを作った。

ソースパンでくつくつと煮込む。
柔らかくなったらそのまま鍋の中であらくつぶす。

くつくつ、くつくつ、ぐしゃっ。

美味しくない物を美味しくするのは技術だったり、
工夫だったり、発想だったりが必要だ。
それは今抱えてる仕事にもどこか通じるような気がする。

くつくつ、くつくつ、ぐしゃっ。

リンゴと柿とワインのジャム。
ドロドロにとけて混ざって、甘くて酸っぱくて大人っぽい味になった。
何に使おうかな、って考える。
image.jpeg

いわゆる演劇、というジャンルの役者さんと、
いわゆる映像、というジャンルのタレントさんと、
それぞれの制作サイドや事務所の方針とかスタンスとか。
配分とブレンドと。

全部煮込んで一つにできればいいんだけどな。
美味しいジャムみたいに。


さて、午後から会議へ参加。
そろそろ用意しなくては。

いつもと違う、いつも通りの火曜日。
どうか良い一日でありますように。
posted by 中神謙一 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月23日

実験。

あれこれ試したり、考えたり。
企画書に載せたり、削ったり。
インスタとかUstとか。
noteとか他のアプリとか。
色々+αとかを考えて、色々実験したりしてる。

思わぬ形になるものもあれば、
全然カタチにならないものもある。

なんとなく、見えてるイメージがあるんだけどな。
もう少しで使えそうなんだけどな。


小休止。
posted by 中神謙一 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月22日

バーチャル。

ひょっとしてそれは現実のことじゃないんじゃないか。
そんな風に考えることがある。
それぐらい、
素敵だったり、
美しかったり、
可愛かったり、
愛しかったり、
安らかだったり、
酷かったり、
醜かったり、
憎かったり、
痛かったり、
苦しかったり。
そういうのを感じると、もしかしたら、そこはバーチャルリアリティーの世界で、ボクはずっとそこにいるんじゃないのか、とか考えちゃったりする。
この痛覚さえも。


元来の自分はあの時あそこに置いてきた、
そんな気がしちゃう時がある。

随分遠くまで来てしまった気がする。
離れてしまった気がする。
軌道を外れたあの衛星のように。
posted by 中神謙一 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月21日

三連休。

世間は三連休だという。

ギリギリのスケジュールであやふやとした予定。
上手く段取りの組めなかった今日。
仕方がない……とは言わないように心がけている。
それでも悪くない1日だった。
天気も良かった。
土砂降りでも関係はなかったけど。

三連休。

そうか、どうりで予約なんかも色々と混んでいるのか。
連休というのはボクにとってはさして意味はないのだけれど、
電車とか、思わぬ時間に人がいっぱいだったりして、
ちょっと戸惑ったりする。
そもそもあまり、休日というのは好きじゃない。
天邪鬼なだけかもしれないけど、理由はいくつかある。
ここには書かないけれど。

昨日から何だか咳がでる。
気持ち、おとなしくしておく。
明日も明後日も、退屈星人と戦わねばならない。





posted by 中神謙一 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月20日

ミステリー。

ミステリーを書いたことがあった。
ずっとずっと昔。
それは語り部シリーズみたいな感じでなく、
ミステリー、いわゆる推理小説だった。

随分古典的なスタイルだったな、確か。
密室殺人、とか書いた気がする。
あの原稿はどこにいったんだろう。

今ならどんな風に書くんだろう。
どんな話を書くんだろう。

読みたいですか?
posted by 中神謙一 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

幸福。

まだそこで生きているのか。
それだけで幸福に感じてしまうほどなのか。
自分が、自分で、自分を、自分に驚くほど。
それに嬉しさと、愛しさと、誇らしさと。
自分が紡ぐ言葉の価値を思う。
posted by 中神謙一 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月18日

レシピ。

タジン鍋をぜんぜん使っていなかったので、
久しぶりに使ってみる。

長ネギを切って鍋の底に並べる。
塩コショウした鮭を、その上に載せる。
周りに適当に野菜をおく。
とりあえずエリンギをおいてみる。
マッシュルームとかあればよかったな、とか考えながら、
軽く酒をふって、火にかける。
弱火でゆっくりと火にかける。

鍋を火にかけてる間に、茄子に塩をふる。
蒸したじゃがいもをアルミホイルに包んで焼く。
オリーブオイルとバルサミコ酢とマスタードを混ぜる。
塩をふった茄子をあえる。
焼きあがったじゃがいもにバターとわさび漬けを乗せる。
ビールを飲みながら、そいつらを摘んでいると、タジン鍋がカタカタいうようになる。
春菊を乗せて、もう少し火にかける。

image.jpeg
ビールの後に日本酒を飲む。
頭の中で考えごとを解体したり組み上げたりする。

レシピを見ながら作る料理が苦手で、
気の向くまま、思うままにつくることが多い。

〆にわさび漬けのお茶漬けを作る。
image.jpeg
何日ぶりかにお米を食べた。


「全てのレシピに共通するのは、『誰かのためにつくる』という気持ち。美味しい料理を作る一番大切なポイントなんだ」というのは本当だろうか。
それがたとえおにぎりでも、サンドイッチであっても。
美味しくなるのかな。
それは作る側のボクにはわかんないのだけど、
そうであったらいいな、と思う。
posted by 中神謙一 at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月17日

スケジュール。

午前中からの予定が押し押しで、
やる事、やらなきゃいけない事を確認しながら進めていった。
息継ぎするのを忘れそうな感じ。

中々上手く行かない段取りに苛立ったりしながら、
何とか今日を終える。
明日は大丈夫かな。
お腹減ってきたな。
posted by 中神謙一 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月16日

こちらも。

日付け変わって本日、11/16の夜9時から配信。
メンバー限定のUstreamSSCC!、こちらも当然あと2回。
今年ももうすぐ年の瀬……とかって話になるのかな。
まだ早いか。

ニュースでも情報公開になった、STN DISC-FES.の話しをするつもり。
メンバーの皆さん、ぜひ見てくださいね。

今書いてる物語のこと。

書きかけのおとぎ話は今、少し止まっている。
どうしようかな、どう書こうかなって迷いが出てしまった。


もう2つ、のお話。
たまたまだけど、どちらも料理のシーンが頻繁に出てくる。
1つは料理が全然出来ない男の話。
1つは料理が唯一の趣味(みたいになっている)男の話。
どっちが先にあがるかな。

異なるタイプの文章を書いている。
新しい形を探している。
文章、文体、そういうものにも出会いとか別れがあるのだ。

そう考えると、妖精チャックには今度いつ会うんだろう。
会うのかな?会えるのかな?
うん、リクエストがあって、それに応えられるのなら、また会えるかもしれないな。
今はそう思う。

あ、なんか取り留めなくなってしまったな。
とにかく21時から。
SSCC!配信です。
posted by 中神謙一 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月15日

見たい夢をみて眠る。

外では雨が降っている。
気温も寒くなってきた。

冬が近づいている。

暖かい飲み物をいれて、毛布にくるまって、
少しの間本を読んでいた。
窓の外では、ぱら、から、ぱらんと雨の音が聞こえている。


今夜は見たい夢を見る方法を試しながら、
泥のように眠ることにする。

きっとそこは寒い冬の世界で、ボクは、
エスキモーみたいに挨拶をかわしてベットにもぐりこむ。
そんな夢。
おやすみなさい。
どうかあなたも良い夢を。
posted by 中神謙一 at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月14日

伝わる・伝わらない。

伝えたいことを、
伝えたい形で伝える、届ける。
言葉がもつ響き、形、温度。

難しい。

顔が見えないからいっそう難しい。

知音っていう言葉がある。
その語源となったエピソードが、いつからかすごく心の中にあって、
ボクにとってそれは?そんなことを考えてた。

伝わる?
伝わらない?
それすら言葉を記すボクにはわからない。
ただ、書き記していく。

難しい。
posted by 中神謙一 at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月13日

ゆかい

ちょっと、過去の資料をまとめている。
例えば枚方こどもミュージカルの楽曲を作品ごとや場面ごとにまとめたりしてみる。
一気に聞いて、歌詞と照らし合わせたりしてると、
時間というか作品がごちゃ混ぜになりそうになる。
まぁ、作品さえちゃんとまとまってれば、
何年度っていうバージョンはもういいか、と思ったりもするのだけど。

その中で……。
枚方こどもミュージカルでは使わなかったプロットの…ネタ帳(っていうのか?)が出て来て、パラパラと見返していた。
image.jpeg

・こどもしか出演しない。
・枚方の郷土史や特色をテーマとする。

そういう縛りがあった企画なので、当時は使わなかったファンタジーだ。
多分、ずっと初期に書いたもの。
基本的に予算や期間のある中でやるものだから、どうしても出来ることと出来ないことがあるのだけれど、今読み返していて、中々面白い内容だと思う。
荒唐無稽だったりして、読んでいて愉快な気分になる。

いつか、どっかでやってみるかもしれない。

posted by 中神謙一 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月12日

ふゆかい

常日頃そんなハイにもならないけど、
そんなロウにもならないボクですが、
それでも不愉快になる時はある。

楽しいってなんだろう。
楽しくなかったのか?
ボクが正しくなくてもいいけれど、間違ってたのなら話は別だ。
そう思うなら何で言わないのか。

鏡に向かって自問自答してしまいそう。
ボクのやり方が間違ってるって思ってるならさっさと言えばいいじゃないか。

何年それでやってきた?

不愉快だな。

もちろん、その正誤を判断するのはボクではないのは分ってる。

自分が正しいといっているわけじゃない。
それでもすごく、不愉快になってしまう。

綺麗事でラッピングされていることはわかっている。
それでも、それなら。

大人げない?
いいや、大人だよ。自分がしてきた仕事だもの。
posted by 中神謙一 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

執筆。

物語を書いている。
短いものだけれど。短いものになるはずだけど。

ただ、言葉がいまいちなじんでいないような気がする。

芝居の台本に慣れすぎると、違うタイプの文章を書く時、
ちょっと戸惑ってしまうことがあって、これはそういう事なのかもしれない。
そう思っていたんだけど、うん、ちょっと違うな…。

なじんでいないのは設定になのかキャラクターになのか、それともボク自身になのか。
あるいはその全部なのか。
それともなじんでいるのを、認めたたくないだけなのか。

もう少し進んでみる。
でないとわからない。
初めての物語は、特に。

部屋を片付けていて、スケッチブックを見つけた。
B.B.B.のアフターストーリー、TheAfterCarnivalの小道具用に描いたヤツだ。
何か、思い出してくすっと笑った。
あ、今気づいたんだけど、左手の指、おかしいな?
両方右手みたいになってる…。

image.jpeg

そう、あの時も思いつきだけでお話を書いていたんだ。
posted by 中神謙一 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記