2015年11月20日

ミステリー。

ミステリーを書いたことがあった。
ずっとずっと昔。
それは語り部シリーズみたいな感じでなく、
ミステリー、いわゆる推理小説だった。

随分古典的なスタイルだったな、確か。
密室殺人、とか書いた気がする。
あの原稿はどこにいったんだろう。

今ならどんな風に書くんだろう。
どんな話を書くんだろう。

読みたいですか?
posted by 中神謙一 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

幸福。

まだそこで生きているのか。
それだけで幸福に感じてしまうほどなのか。
自分が、自分で、自分を、自分に驚くほど。
それに嬉しさと、愛しさと、誇らしさと。
自分が紡ぐ言葉の価値を思う。
posted by 中神謙一 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記