2015年12月31日

あとがき

空気が冷たい。星が綺麗。息が白い。
今年最後の仕事終わり。
久しぶりに大阪の夜景を見た。
キラキラしてて綺麗でしたよ。
image.jpeg
ボクは汗かいたりで流石にへろへろになってるけど。

なんて世界は美しいんだろうと思うことがある。
それに比べてなんて自分は醜いのだろうって思う。
その逆に思う時もある。
自分勝手なものだけど、そんな事を沢山感じた年だったような気がする。
今はどうだろう。
ボクはどう見えてるんだろう。



気が付けばブログの記事数は「2094」になっている。
結構な数だと思う。

最初の内、気の向くまま、ちょっとしたことを週に数回更新して、
いつからか更新のペースも上がっていった。
どれくらいの人が、どれくらいの頻度で読んでくれているんだろう。
そういう風に思うときもあるし、どんな人が読んでくれているのだろうって考える時もある。

時たま、ずっと昔の記事が読まれていたりして、
自分自身でどんな内容だったかなって読み返してみたりした。

こうしてみると、ある意味本当に気の向くままに、赤裸々で未熟な言葉が並んでいるなって思う。
商品ではない言葉な分だけ、愚痴だったり、気取っていたり、情けなかったり、明け透けだったりしている。
人にはわからないかもしれないけれど、書いた当人からすると、これはとても恥ずかしいし、おどろいている。
なんて稚拙でとりとめのない文章なんだろう。
けれどだからこそ、手探りで進みながら、時々で息継ぎをしながら書き進めてきたここには、素の自分がいて、ここから世界に、自分に、あるいはあなたに向けて手紙を送り続けているコドモの姿が浮かぶ。


手紙って、相手に送ると自分の手元には残らないから、
みんな何を書いたか、いつか忘れてしまうかもしれないけど、
ブログとか、後で読み返すことも出来るのはちょっといいかもね。

まるで一方通行の文通みたいだと思う。


今日で2015年が終り。
明日からは新しい一年が始まりますね。


この更新で記事数は2095になる。
誰が読んでくれてるんだろう。
この大晦日に(笑)。

もう少しきりのいい数字にしたかったけれど、仕方ない。
何もかも思い通りにはいかないけど、思い通りにしたい何かのためなら、それ以外はどうでもいいじゃんって今は思える。


年が明けたら、ちょっと個人のブログなどはインターバルに入ります。
でも劇団のSSCブログやアカウントは今まで通りですから、そちらもよろしくね。


「あとがき」ってタイトルは随分前から決めていて、
ボクの稚拙な文章にお付き合いいただいたあなたに感謝を。
ここで自由で、コドモでいれたのは、読んでくれるあなたがいたからです。
どうぞ良いお年を。

またね。

いつもさよならって言いたくなくて、またねって言ってしまう。
ほんとう、コドモみたいだなぁ。
posted by 中神謙一 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月30日

知音。

知音、という言葉の意味よりも、その由来が好きだ。
細かいところはうろ覚えだけど…。

中国春秋時代、伯牙という琴の名手がいて、鍾子期はその友だった。
伯牙が高い山を心に描きながら琴を奏でれば、
それを聞いた鍾子期は「崑崙にそびえる山のようだ」といい、
伯牙が河の流れを思いながら琴を爪弾けば、
鍾子期は「まるで黄河のように雄大だ」と答えた…っていうぐらい、鍾子期は誰よりも伯牙の奏でる琴の音を理解していた。

そして鍾子期が死んだ後、
伯牙は自ら琴の弦を切り、
「自分の琴の音色を真に理解してくれる人がいないのに、琴を奏でる意味が無い」
そういって再び琴を弾くことはなくなったという。

このことから、知音は「親しい友、恋人」を指す言葉になった。


ボクには、少しだけその伯牙の気持ちが解る。

そういう嬉しさと、それを失ったらという恐怖や喪失感を想像する。
自分が心に描いたものが、密かに思い描いたイメージが、
誰かの心を音叉のように震わすことが出来た時、ボクはとても嬉しいと思った。
そう感じた時、ボクの心もまた同じように震えていた。
そこには目に見えなくても、共通する周波数があった。

何かを発信する人間として、そういう存在はとても大きいし、
かけがえのないものだ。
ボクの言葉が、存在が、意味のあるもであるには、そういう存在が必要なのだと思う。
それ以外に、なんの意味もないのだ。


伯牙ほどの潔さはないけれど。
そう思う。


さて、年内最後のリハへ。
posted by 中神謙一 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月29日

スマイル。

ボクはどちらかと言えば笑顔よりも泣きそうな顔が好きなんだけれど、それでも美しいな、かわいいなって思う笑顔はある。

歌を書く時、文章を書く時。か
絵を描く時とはまた違うイメージが自分の中にあって、
そのイメージを表す言葉の響きや意味を探していく作業を行う。

スマイル、という歌を書いた時。
ボクは勝手に、自分の中にイメージを作って歌を書いた。
こっそりとモデルを決めて書いた。
ほとんどそんなに話したこともなかった。

そういうのはやはり特別なことだ。
そしてそう何度もない事なんだろう。

歌詞のイメージになるほど魅力のある笑顔は、中々ない。
でも、そのイメージが後のFlower、その色んな歌につながったんだと思う。
楽曲を整理していて、そんなことを考えた。
今、冬の歌を書いてます。



明日は知音のこと。
posted by 中神謙一 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月28日

モチーフ。

絵を描いてる。
仕事じゃない絵を描くのは本当に久しぶりで、その分、自分のイメージと向き合って、それが難しい。
まだ下絵なんだけど、何度も描き直してる。

モチーフは決まってて、
最後のパーツは蜜蜂だ!って思いついて、
春の絵だし、丁度いいって自己満足。
後はうまく描けるかどうか。
少しずつ、進めている。

記憶のイメージをなぞるように。
クリムトが描くダナエみたいに。
自己満足の為の絵。
posted by 中神謙一 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月27日

ゴミ。

大掃除して大量のゴミがでた。
軽トラ一杯分くらいのゴミだ。
衣装やら小道具やら、その他あれこれ。

ふと、ゴミって不思議だなって思う。

かつて価値があった何かが、いつの間にかゴミになってしまう。
大事に、しまっていたものが、ある時ゴミになってしまう。
何が変わるんだろう。
自分が変わるんだろう。

捨てられない手紙とか、写真とか、何度も読み返してしまう文章とか。
そういうものが、いずれゴミになってしまうんだろうか。
ボクもあなたも、価値の無いものとされてしまうんだろうか。

そんなことを考える。

愛しさが募るほどに、それが怖くなる。
posted by 中神謙一 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月26日

絵本。

本日は劇団大掃除、1日目。
いつもこの時期はSANTA×CROSSの公演あとで、その片付けに精一杯な事が多いのだけど、今年はそれがない分、色々片付けようと企画していた。
朝から倉庫の衣装、小道具を片付け始め、途中で劇団員やお手伝いも合流、参加。
かなりの物を廃棄に回したり、廃棄する準備したり。

これ、見つけた。
image.jpeg
昨年作った小道具。
劇中に出てくる絵本。
この、妖精チャックと星の舟、はブログでも連載したんだけど、本当はこの小道具の絵本に、ちゃんと文章も挿絵も描きたかったんだよね。

今は表紙だけで、中身は白紙。
せっかくだし、年が明けたら描いてみようかな、とか思ってる。

今日は疲れたけど、割と掃除がすすんだ感じがする。
大掃除の時期って、掃除しても捨てれないのが難点だよね。

明日は劇団大掃除の2日目。
頑張ろう。
年内タスクも終わりに近づいてきた。
posted by 中神謙一 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月25日

鹿。

先日頂いた鹿肉を食べた。
仔羊にしようと思ってたけど、鹿肉に変更。

クリスマスに鹿っていうのが正しいものかはわからないけれど。
昨日からワインと、香味野菜と、ハーブに漬け込んだものを煮込んだ。
肉はとても柔らかくて、鉄分の多い味。
むしろクセのない味。

美味しかった。
きっと新鮮だったからだろう。

初めての味って、面白いよね。

今日を、回想しながら。


posted by 中神謙一 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月24日

イブ。

クリスマス・イブというのは24日の日暮れから、
らしい。
昼間はイブではないんだね。
知らなかった。

今夜はクリスマス・イブ。
googleの企画サイトで、サンタが今何処にいるかをトレースする企画があるんだけど、その中にこんな遊びがあった。
仕事の息抜きに、サンタの髭を整える遊び。
image.jpeg
飾りをつけたり、色をつけたり、カットしたりできる。
調子のってガンガン刈り上げてみた。
もう、誰だかわからんね。
image.jpeg
遊び心のある企画でいいな、って思う。

今夜は19年に一度の満月のイブらしい。
空にはぼんやりとした月が浮かんでいた。
クリスマス・ガードは送れないけれど、
どうかみなさん、よいクリスマスを。
posted by 中神謙一 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月23日

更新。

一つのトレーニングだったり、
一つのリハビリだったり、
そんな風に文章を書いていた。

ボクにとって、文章を書くというのは(基本的には)楽しい作業ではない。

歌うこと、踊ること、演じること、書くこと、描くこと、誰かといる時のこと。
それを楽しいと感じることは、きっと才能なのだ。
そう感じられることが、すでに。
好きだと思えるという、最初の才能。
それはあなたに向いていることなんだろうと思う。

日々文章を書いて、更新していく。
これを、自分の中の基本的なルールにしていた。
ブログを始めた最初の頃は、週に1・2回とかだった。
それが段々、仕事でも書く文章量が増えてきて、
それと同時に更新の頻度もあがって、
最近では毎日の更新をベースにするようにしていた。
出来ない時もあるけど。

全ての文章は誰かに読まれるために存在する。

ボクはそう思う。

ブログっていうオープンな場に書いていくってことは、
それを誰が読んでくれているかわからないわけで、
必ずしも読んでほしいと思う人に読んでもらえるわけでもないわけで。

小瓶に詰めた手紙を、あてもなく海に投げ入れるような作業だ。

いつか、どこかの浜辺に打ち上げられたその小瓶を、
あなたが拾い上げてくれるかもしれない。

いつのころからか、そんなことを思いながら更新していた。

なんだか一方通行の文通、みたいだなって思いながら、
その小瓶を手にするあなたの姿を想像したりする。
posted by 中神謙一 at 11:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月22日

忘年会。

決して嫌いじゃないんだけれど、
ちょっと苦手というか、戸惑ってしまうもの。

忘年会。
もちろん声を掛けてもらえることはとてもありがたいし、
久しぶりにあえる人もいて、嬉しいだけど。

今、忘年会シーズンですよね。
でもね、まだクリスマス前なわけで、
仕事もまだもう少しあるわけで。

何だか「忘年会」って言われると、ちょっと戸惑ってしまうんですよね。
新年会はそんなに日にちにこだわらないんだけど、なんでだろう。

ボクとしては、本当に月末、12月の29日とか30日とか31日とか。
そういう日にやると、忘年会って感じになると思うんだけど。

ちょっと想像してみた。

極々こじんまりと、会いたい人と、ゆっくりと、ひそやかな感じで、
美味しいお酒と美味しいつまみで、忘年会をしているところをイメージしてみた。
それはもう夢みたいに素敵で癒されてときめく気がする。
今、クリスマス会よりやってみたいなって思う。

忘年会。

忘れたいことなんて、そんなことしなくてもさっさと忘れていくので、
忘れることより、一年を振り返るための時間にするだろうな。
一人、忘れたくないことを、頭の中でなぞっていく時間にする。

いつにしようか。
やっぱり大晦日かな。
posted by 中神謙一 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月20日

あまのじゃく。

先日、ほんと、20年以上ぶりに健康診断ってやつを受けた。
生きてきて、半分以上の時間、受けてなかったんだと思うとちょっと笑えて、もうこのまま受けなくてもいいかなって思ってたんだけど、まぁ、受けてみるかと思って受けてみた。
とりあえず。

ボクは正直言って…
それほど健康的な生活をしているわけではないし、
割とよくお酒も飲んでいるので、
ちょこちょこ故障があると思ってはいたんだけれど。

結果はすべて規定値(?)だっけかの内で、
どいつもこいつもとりあえず異常なしでした。

ところがこれが何だか天邪鬼なところなのかもしれないけれど、
そんなはずないって思うんだよね。
せっかく検査受けたのに、何か見つからないと…そんなバカなってなってしまう。

いや、すげえ異常とか見つかってもとは思うんだけど。

何だろうな、この釈然としない感じは。
posted by 中神謙一 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月19日

歌うたう。

以前にも少し書いたような気がする。

書いた歌なんかの音源を整理してる。
ミュージカルだと10年くらいの間、
何曲か歌を書いてるし、それ以外にも知人にも書いていたりする。

不思議な物で、そんなときにはそんな話が来たりする。

追悼の企画にちょっと参加して、
昔ボクが書いたある歌を使いたいといわれた。
ずっとずっと昔で、音源が見つからないので持ってないかと聞かれた。
残念ながら手元にはなかった。

歌詞ももう、うろ覚えだったんだけど、
いい歌になったのは憶えている。
ただ淡々とあの時のボクらのことを綴ったような歌だった。

でももうそれはどこにもない。
記憶に、微かにのこっているだけで、
それにメロディをつけた人ももういない。

思い出しながら、少し歌ってみる。
鼻歌のように、ハミングのように、
思いつくままに歌ってみる。

あの頃から何年もたって、
あの場所から遠く離れて、
今ボクはここで歌ってみる。

それはもう全然別の歌だけれど、
今ならきっとそういう風に書くだろうって思える歌になった。


posted by 中神謙一 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月18日

納め。

image.jpeg
撮影納めでした。

そしてイベントのチェックとか、打合せとか。

会社とかグループとか、個人ととか。
色んなところで打合せしていると、自分のスタンスとかがわからなくなってくる時がある。
自分の言ってることが間違ってるのかって思っちゃう時がある。
決して自分が正しいんだ!っていう、独断独善的なものじゃなくて、ゆらぐ、みたいな時がある。
海には海の、山には山の掟があって、ボクはそこでは常に異端であり異邦人なのだ。
そんな気分になってくる。まあ、それでもやってくしかないんだけれど。

年内も残り少なくなっていって、色んな仕事納めがある。
撮られる方の撮影は仕事納め、のはず。
まだまだ納まらないものも沢山あるけど。

一区切りつくものはつけていく。

ああ、何だか落ち着かないな。
2015年が終わるなんて信じられない気分だ。

大掃除しよう。沢山の物を捨てて、捨てられないものだけを2016年に抱えていくのだ。
そう思う。


そして今日、最後の予定は劇団のミーティング。
年末年始と来年の流れやら予定やらを打合せです。
posted by 中神謙一 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月17日

冬。

image.jpeg
公園の落ち葉が日増しに増えていく。
急に寒くなったね。ようやく、冬が来たような気分。
でももう12月も半ばを過ぎて、今年もあと、2週間なんですね。

なんだか暖冬って言われてたこともあって、
秋が続いてたような気分だった。
今年の冬はどうなんだろう。
長いのかな。短いのかな。

ボクは暑いより寒い方が好きなんですけど(あまり皆に賛同を得らないけど)、だからって寒くないわけじゃなくて、寒いのはそりゃヤだし、できれば炬燵とか、あったかい布団の中とかで猫のように丸まっていたいって思うのです。それが気持ちいいい。

去年の12月、御堂筋を歩いたときに、
イルミネーションがキラキラしてたのを憶えてる。
冷たい風で落ち葉が舞っていたけど、楽しかったのを憶えている。
今年はあの辺りを歩いていないんだけど、
きっと今も綺麗なんだろうな。

あとは鼻水とか…ヨダレ垂らして熟睡、とか(笑)
冬っていうと、そういうのを思い出す。


あなたは「冬」っていうと、何を思い出しますか?
posted by 中神謙一 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月16日

わがまま

わがままを言えばいいのにって思う。

それが嫌だ、これは嫌だ、
もっとこうしたい、
もっとこうしてほしいって
口にすればいいのにって思う。

言ったからって何も変わらないって、
それは確かにそうかもしれないけれど、
それなら言ってみてもいいじゃないか。
言ってくれてもいいじゃないか。

何を考えているのか、
何を思っているのか、
聞きたいって思う。

自分自身にもそう思う。
ボクは何を考えているんだろう。
posted by 中神謙一 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月15日

ごはん。

今日はちょっとハードな感じで、
混戦難戦な打合せで、
何だか少しくたびれた。

鏡を覗くとやっぱり疲れた顔してて、
昨日のSSCC!もそうなんだけど、
ひどい顔してるな、っておもった。

今日はちゃんと食べよう。
しっかり目に、と思ってごはんを作る。
image.jpeg
レタス炒飯、水餃子と青梗菜のスープ、
キャベツのオイル焼き、厚揚げ、大根のマリネ。

ごはんらしいごはん。
今書いている物語の主人公は、自分の食事を自分で作る。
いくつか料理を作る場面も出てくる。
彼も、こんな気分でごはんを作っているのだろうかって考える。
違うな。
ボクは、彼と同じように感じながらごはんを作っているのかもしれないなって考える。

雨はやんだのかな。
それともまだ降ってるのかな。
雨音は聞こえないけれど。
posted by 中神謙一 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月14日

SSCC!

月曜日。
また今週もスタートですね。
今夜は何してますか?
メンバー限定配信のUstreamSSCC!の配信いたします。


昨日のイベントSTN DISC-FES.09のことも話したり、
以前にも紹介しようとしてタイミングの合わなかったヤツ試してみようかな、とか考えてる。
他には…何かあるかな。
クリスマスのこととか話してみるか。


いつも通りに、いつも以上に(?)ゆるーく配信予定です。
今年を振り返る…かなぁ?
とにもかくにも、とりあえずは最終回。
アーカイブ公開…になるかどうかは内容とリクエスト次第。
ぜひご視聴くださいませ。


SSCについてはこちら http://e-setsuna.com/ssc.html
posted by 中神謙一 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月13日

STN DISC-FES.

ドタバタドタバタしましたが、
STN DISC-FES.無事に終了しました。

来てくれた皆さま。
応援のメッセージくれた皆さま。
ありがとうございました。

楽しんでもらえたかな。
うまく努められたのかな。

今はなんか、梅干しのお茶漬けが食べたいです。
posted by 中神謙一 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

京都にて。

久しぶりに京都へお仕事だった。
紅葉が綺麗だった。
image.jpeg

image.jpeg

祇園四条。
駅から上がって、鴨川の側、思い出の場所なんです。
image.jpeg

明日はSTN DISC-FES.09です。

当日でも、ぜひご来場お待ちしてます!
http://e-setsuna.com/news.html#news31
IMG_3643.JPG
posted by 中神謙一 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月12日

それぞれだろうけど。

「行けない」という報告はいらない、という意見をネットで見た。

パフォーマーやアーティストたちはそれこそ命がけで作品を作っている。それをわざわざ「見に行けませんけど頑張ってください」なんてコメントしてくれなくていい――という意見。
実際に、周りの役者さんでもそういう、行けないから返事をしない、という人もいる。

そんなもんかな。

ボクはそうは思わない。

勿論、一概には言えない。
規模だったり相互の関係性もあると思うけど。
例えばそれが一斉送信の案内メールとかじゃなく、個人的に親交がある間柄で、直接お誘いや案内を貰ったら、ボクは返事する。行けても、行けなくても。
タイミング的に返事できずに忘れちゃったりも(ごめんなさい)あるけど。

迷惑がられてるんだろうか。
だとしたら悲しい気分になるけれど――やっぱりボクは返信すると思う。

そしてボクは返信を貰うのはありがたいって思うんだけど。
そりゃ来てもらえるのが嬉しいけど、そう出来ない時ってあるじゃないか。
だから応援のメッセージを送るわけで。

逆の立場としてもそうで、もともとこっちが一方的に案内を送ってて、そこに返事をもらえるってことは嬉しいしありがたい。
応援のコメントもそうだ。
普段来てくれている人なら、なおの事、ぜひまた次!と言えばいいじゃないか。
第一、ちゃんとお知らせが届いているかもそれでわかるんだから。


実際に芝居をしていると、芝居仲間からの案内も沢山いただく。
でも、そういう本番の多くは、何かしらの公演や仕事と日程がかぶっていることが多い。
残念ながらいけないことも沢山ある。ボクも何かしらの本番だったりするのだ。
だから極力その旨返信するようにしているんだけど。


以前貰った案内に、「近況報告兼ねてご案内させていただきます!」
みたいな一言があって、もちろん個人宛で、「そっちはどんな感じですか?」って聞いてくれてて、すごく返事がしやすかったことがある。
見習いたいって思ったんだよね。

人、それぞれだろうけど、憶えてくれてること、思い出してくれたこと、返信に時間を割いてくれたことが嬉しい。
ボクはそう思う。

いや、もちろん来てくれた方が嬉しいにきまってるけどさ!



==STN DEISC-FES.09「SANTA×CROSSをW上映!」=======
2015年12月13日(日)1部13:30〜/2部:16:30〜
詳細&ご予約⇒ http://e-setsuna.com/news.html#news31
IMG_3643.JPG
posted by 中神謙一 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記