2015年12月02日

1番。

1番でなければ意味がない。
そういうものや場所ってやっぱりあって。

誰かにとっての1番。
何かの中での1番。

きっと色々あるだろうけど。
ではボクは?と考える。

誰もが特別でオンリーワンだっていうなら、
なおさらそこで1番でなきゃと思うわけで。
他では何番だっていいのだけれど、
そこだけは譲りたくないと思う場所がある。
そしてね、そうありたい、と思えることが今は幸せだとも思うのです。
独り善がりでも。


どうあがいたって好きなんだから仕方ない。
posted by 中神謙一 at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記