2015年12月12日

それぞれだろうけど。

「行けない」という報告はいらない、という意見をネットで見た。

パフォーマーやアーティストたちはそれこそ命がけで作品を作っている。それをわざわざ「見に行けませんけど頑張ってください」なんてコメントしてくれなくていい――という意見。
実際に、周りの役者さんでもそういう、行けないから返事をしない、という人もいる。

そんなもんかな。

ボクはそうは思わない。

勿論、一概には言えない。
規模だったり相互の関係性もあると思うけど。
例えばそれが一斉送信の案内メールとかじゃなく、個人的に親交がある間柄で、直接お誘いや案内を貰ったら、ボクは返事する。行けても、行けなくても。
タイミング的に返事できずに忘れちゃったりも(ごめんなさい)あるけど。

迷惑がられてるんだろうか。
だとしたら悲しい気分になるけれど――やっぱりボクは返信すると思う。

そしてボクは返信を貰うのはありがたいって思うんだけど。
そりゃ来てもらえるのが嬉しいけど、そう出来ない時ってあるじゃないか。
だから応援のメッセージを送るわけで。

逆の立場としてもそうで、もともとこっちが一方的に案内を送ってて、そこに返事をもらえるってことは嬉しいしありがたい。
応援のコメントもそうだ。
普段来てくれている人なら、なおの事、ぜひまた次!と言えばいいじゃないか。
第一、ちゃんとお知らせが届いているかもそれでわかるんだから。


実際に芝居をしていると、芝居仲間からの案内も沢山いただく。
でも、そういう本番の多くは、何かしらの公演や仕事と日程がかぶっていることが多い。
残念ながらいけないことも沢山ある。ボクも何かしらの本番だったりするのだ。
だから極力その旨返信するようにしているんだけど。


以前貰った案内に、「近況報告兼ねてご案内させていただきます!」
みたいな一言があって、もちろん個人宛で、「そっちはどんな感じですか?」って聞いてくれてて、すごく返事がしやすかったことがある。
見習いたいって思ったんだよね。

人、それぞれだろうけど、憶えてくれてること、思い出してくれたこと、返信に時間を割いてくれたことが嬉しい。
ボクはそう思う。

いや、もちろん来てくれた方が嬉しいにきまってるけどさ!



==STN DEISC-FES.09「SANTA×CROSSをW上映!」=======
2015年12月13日(日)1部13:30〜/2部:16:30〜
詳細&ご予約⇒ http://e-setsuna.com/news.html#news31
IMG_3643.JPG
posted by 中神謙一 at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記