2016年05月30日

ふくろう。

ふくろうを見てきた。
背中なでたりしてきた。

F004.jpg
なんていうか、目力すげぇ。(笑)
これだけ近くでマジマジとみるのが初めてだったこともあって、結構気圧されます。


おとぎ話などでは森の長老、とか物知りなキャラクターだったり、
ギリシャ神話では知恵の女神アテナの使いだったりで、物静かなイメージがあるけれど、
爪などを見るとやっぱりがっつりと猛禽類。
夜間の生態系ピラミッドの、トップクラスの1種であることを思い出させる。


今では「不苦労」「福老」なんて縁起物にもなっているけど、
昔は夜に物悲しく鳴くことから、不吉な鳥と思われていたり、
かつて梟は母親を食べて成長すると考えられていた為「不孝鳥」とも呼ばれていたとか。


なんというか、知性を感じる目をしてる。
人間みたいに正面にきてるからかな…。
「知性を持っている」と感じる、人間以外の者に、時折恐怖を感じるんですが……ボクだけだろうか。
でも、なんか好きな鳥。

F003.jpg
ハリー・ポッターに出てくるのは、この雄のタイプらしい。
このこは雌。
雄は成長すると真っ白になるが、雌には模様がでるのだとか。


結構ライトが強くあたってて、夜行性のフクロウにはまぶしくないのかな?と思ってたら、こいつはずいぶんまぶしそうだった。ボクもまぶしかった。夜行性つながりで。

5月ももう終わるね。
posted by 中神謙一 at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記