2016年07月27日

まどろみながら

久しぶりに見た、いい夢の中で
洞窟のような秘密の場所にボクらはいて

好きな歌、絵、場所、本、色、味、匂い、感触、人。

ボクはどうにかして、どれほど好きなのかを伝えようとするけれど、
十全に伝えることができなくて、
もどかしく思う間に、夢から醒める。

足りないのは語彙か勇気かもっと違う決定的な何かなのか。
あるいはそれらすべてなのか。

それでも。
いつか上手に伝えることができたらいいのだけれど。
そんなことを考えてしまう。
posted by 中神謙一 at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記