2016年07月29日

心の狭い(かもしれない)話

そのままでいいんだよ、とか。今のあなたを受け入れてあげて、とか。
それでいいんだよ、とか。間違ってないよ、とか。

言われるとちょっとイラってするんです。
そういうセラピーを否定する気は毛頭ないのだけれど。

さらには、赦す、みたいなことをいう人もいて。は?俺がいつ、おまえに赦しを請うたか?
おまえは俺の親なの?違うよね。じゃ何サマなの?神サマ?

とか思っちゃうんです。
心の狭い話ですが。
そのまま、とか、今の自分とか…そこからもっと目指す自分や、なりたいカタチや状況を目指して、もがいたりあがいてるんだよ。簡単にそのままでいいんだよ、とか訳知り顔で耳障りのいい言葉言うなよ。
てか、おまえが何を知っているんだ?…って思っちゃう。

でも、そんなセリフを書いたんだ。
本の中で。
だからこそ、そのセリフには覚悟というか、
いろんなことを考えて書きました。
   ・   ・   ・   ・
ついでに言うと――乱暴な意見(あくまで私見として)ですが、
極度に「神様に感謝ばっかりしてる人」は好きじゃないです。
感謝するなって言ってるんじゃないんだけど、
何しても、頭越しに神様に感謝されちゃうと――なんだかなって思っちゃう。

ひねくれてますか。
そうかもしれませんけど。

posted by 中神謙一 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記