2017年05月03日

会合「美女と野獣の会」

先日の話ですけれど、ちょっとした会合がありまして。
とりあえず「美女と野獣の会」と呼びます。
レズビアンとバイセクシャルの女性と、ボクというメンツでした。

ボクにとっては刺激的で興味深い集まりで、
話す内容や、聞くことも面白いんだけど、
話の中で感じたりするその人たちの苦悩とか覚悟とか明るさとか、
そういうものを感じて素直になるほど、と思う。

一言で言い表せる物でも事でもないけれど、
さらに言えばボクはただ知りたいという興味が先にたってしまって、
デリカシーのない質問をしている時もあると思うのだけど、
それでも彼女たちは答えてくれる。

書きたい話の、エッセンスを濃くしてくれた。
感謝。

語り部たちの夜-風-という作品をやった時、
その台本を書くために、全盲の方にお話しを聞いた。
「目の見えない人は、どんな夢をみるんですか?」とか質問した。
その時に聞いた色んな答えは、物語の重要な核になった。
それを思い出した。


あ、ちなみに「美女と野獣の会」、の野獣はボクじゃなく、
レズビアンの内の一人です。
中身がパンチ効いてるんです。



☆ただいま稽古中!
語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
posted by 中神謙一 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記