2018年02月06日

熱量のこと。

先日のことですが、大学生の全編英語のミュージカルを観劇する機会があって。
2018-02-05 13.55.58.jpg
セリフも歌も英語なんで、
会話はわかんなかったりするのだけど、
熱量というのが伝わってくる舞台だった。
舞台の圧というかがあった。

なんていうのだろう。
熱量っていうのは、単に熱い!とかでなく、存在の数値だったりする。
それが結局、すごい!とか面白い!ってものになるのだと思っている。

ボクは以前、こどもミュージカルでコドモたちと舞台を作っていた時、全力でやれ!と言っていた。
でも、同時に舞台って100%でやっちゃいけないものだとも思ってて、LIVEであるものの前提として、何%かの冷静さを持っていなくちゃいけないと思っている。

周りを見る、段取りを踏まえる、きっかけを守る冷静さとかもそう。
全力で、でも、夢中にならないように。
それが難しい。


たまに、そういう、冷めているのが見えてしまう舞台がある。
全力じゃないように見えてしまう舞台がある。

流している、というのか、
こなしている、というのか、
そういう舞台には熱量が感じられないような気がする。
人数とかじゃない。
芝居の中身とかじゃない。
気持ちの部分。

慣れていってしまうのか、単に本気じゃないのか、
回数をこなしていくうちにそうなるのか、
無意識なのか無自覚なのか意識してそうなのか。
そういうものは観ていてつらくなる。

今回、彼女らのミュージカルを見て、
ボクらもちゃんと意識しなくちゃ、と改めて思った。
自分が作るものに、演じるものに、彼女たちみたいな、そういう熱量があるのか。
意図する存在の数値がちゃんと乗せれているのか。
posted by 中神謙一 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記