2018年03月02日

世界宙がえり、のこと。

IMG_7428.JPG
赤星マサノリくん主宰のStarMachineProject「世界宙がえり」を観てきた。
HEPホールで一日だけ、2回の公演。
映像投影パフォーマンス、という、お芝居なのかショーなのか。
とにかく、色んな物が詰め込まれた舞台だった。

個人的に、今映像を使った演出や効果やあれこれを探っていたので、
とても興味があった。

なので―――実をいうと、この数日前に、稽古場を見学させてもらって。
その時は偶々通し稽古の日でした。
盛りだくさんの内容、映像との合わせ、動き、タイミング、台詞の掛け合い。
色んなものが正直いっちゃえばしっちゃかめっちゃかな感じで、
まとめ切れるのか!?これ!って感じだったんだけど……

すごいね!って素直に思う。
あの通しから整理し、精査し、再構成して本番。
何より、本番のサイズでの映像は、「ああ、赤星くんがイメージしていた絵はこれなんだ」というカッコよさと美しさだった。

特にオープニングのムービーは素敵で、映像の力をうまく使ってるなあ!って思った。
ボクもやりたい。
尾沢奈津子さんとのダンスの部分も美しかった。
ボクも踊りたい。

何より「赤星くんぽさ」というのがよかった気がする。
それが結局大きな世界観であり、統一感であり、物語の根幹部分にあるから楽しめるのだと思う。
それにしても気力とタイトルのいる舞台だったと思う。
もう、次が10月に決まっているらしい。
次はまた違うテイストの世界になるんだろうか?
楽しみ。


面白いのを見ると、ちょっと体が軽くなる。
それこそ、世界が少し、違って見える。
posted by 中神謙一 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記