2018年09月10日

知らない街。

大抵、大阪以外の場所に行くと、初めての街に泊まる。
街をあるいて、そこに暮らす人の顔や空気を見る。
ちょっとした孤独感と安堵感みたいなものを感じる。
路地裏とか脇道とか、そういうところに見える、
自分とかかわりのない人たちの生活圏に足を踏み入れている時の異邦人感が好きで、
そしてやっぱり、自分に無縁な場所でこうして人の暮らしがあることに、少し不思議な気分になる。
IMG_3974.JPG
電車に揺られていると、目的地がどこだったかを忘れそうになる。
電車の中、ガラスにうつる人影がなんだか心霊写真みたいに(笑)なっちゃったけど、
まるで銀河鉄道の夜みたいだ、なんて思う。

どこへ行くんだっけ。
ちゃんと帰れるのかな。
いや、帰るってどこへ?
そんなことを夢にみたりする。
posted by 中神謙一 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記