2019年04月29日

夏の始まり。

4月が終わろうとしている。
5月が始まろうとしている。
新しい元号の新しい時代。
だからと言ってボクらの日常が大きく変わるわけではなく、
稽古したり、近づく本番に焦ったりしながら、
相変わらずだ。

でも、ボクにとっての夏が始まります。
それは5年ぶりの夏だ。

花火をモチーフにした子どもたちの夏休みの物語「Flower」、
そのオーディション期間が終了。
オーディションを経て思ったことや考えたことを踏まえて、
このゴールデンウィークの間に台本を書き直す。
ある意味全然違う本になりそうだ。

でもそれでいいのかもしれない、と思う。

ゴールデンウィークが明ければその稽古も始まる。
枚方の時より稽古期間が長い。
でも、その分、一回の稽古時間は短い。
濃度をあげていけるか、が課題な気がする。

夏が始まるな。
どんな夏になるだろう。
posted by 中神謙一 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月27日

コドモクジラ。

先日、オーディション用に作ったテキストに、
その名前が出てきた。

毎日生まれなおすコドモクジラみたいに――。

生まれて、一日が終わって次の日にはまた生まれるコドモクジラは、
毎日を一生のつもりで生きているのだ。

一日の終わりに、イメージしてみる。
B809E5C7-BBBB-4305-B4EF-91858695FEF2.jpeg
そんなコドモクジラみたいに、
ボクは生きているだろうか?
posted by 中神謙一 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月21日

drawing

誰かのため、というていで、
結局は自分のためなのだな、とか思いながら、
絵を描いて、描きなおして、また描いて。

贅沢な時間だな。

稚拙な絵だけれど、
一人しか見ることのない絵だけれど、
描いて、眺めて、ボクはそれを肖像画のような気持ちで描くのだ。

posted by 中神謙一 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月17日

勉強。

必要に迫られて、いくつかのセミナーを受け、
勉強をしていたここしばらく。
なれない勉強はとても疲れたけれど、
新しい知識は刺激的でもある。
自分の中に、いろんな形・いろんな色のガラス片みたいなものが散らばっていく感覚。
今はまだ組み合わせたり、くみ上げたりできていないけれど、
その内、それが思わぬ形をつくる、そんな予感がある。

オトナになってからする勉強は、
どうして面白いって思うんだろうね。

明日も長時間の勉強会。
明後日でいったん終了予定。
脳みそ破裂しないように祈る。

今から打合せへ。
夜は稽古へ。
posted by 中神謙一 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月14日

君がくれた言の葉が、僕の誇りになる。

そんな歌詞を書いたのは、
もう何年も前のことだ。

いろんなところで、いろんな形で花が咲いていく
長い時間の中で、ほんのひと時だったとしても
自分が関わったそのことに、少しでも意味があったのだとしたら
とても誇らしいと思う。
その花が咲くさまを見てそんな風に思うのです。

だからまた、ううん、まだ、
がんばんなきゃねって思うんだ。

まったく、面白いもんだ。
posted by 中神謙一 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月11日

イメージのこと。

色々書かないといけないものがある。
当然、〆切順ということになる。

中之島春の文化祭2019用「B.B.B.」を書いた今、
単純にいえば、
次はNHK大阪児童劇団夏公演用「Flower」、
その次はHelen再演用、
の順番だと思う。

奇しくも、というかなんというか、2019年は再演関連が多い。
B.B.B.は再演じゃなく、文化祭用の新作、新しいエピソードだけど。

この中で一番難敵なのは「Flower」だな…
B.B.B.もHelenも出演者は基本同じ。
キャラクターも同じだし、こう、イメージがつながっている。

でも「Flower」は、タイトルとあらすじこそ、
枚方こどもミュージカル2014の時のものだけれど、
出演者の数も世代も個性も全然ちがう。

枚方というご当地のネタ(お題・テーマ)で書いた物語を、
どんな風にカスタマイズするか。アレンジするか。
新しいイメージを持たないと。

そんなことを考えながらも、今は違うプロットを書いているんだけれど。
posted by 中神謙一 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月07日

いろいろ。

いろいろ始まっている。
昔から春は別れと旅立ちの季節、なんて言いますけど、
まあ年度初めなんで必然としてそうなるよね。
それでも確かに、冬から春へと変わっていく頃は、
「始まり」の気配がある。
雪解け、蕾綻び、動き出す気配がある。


今日は2019年度のNHK大阪児童劇団の稽古初日でした。
8月の公演に向けての(3月まではトライアルへの稽古だった。こっからが本番)稽古。
その初回でした。
なんとなく、トライアルで成長したようなコドモもいれば、
かわんねーな、っていうコドモもいます。
人数も年代も違うので、やはり台本を見直し、書き直していかないといけない。
何より、稽古期間が長い分、計画的にやらないときっとダレル、だろうなと思う。
考えなくては。


中之島春の文化祭のチケット発売しております。
今回の演目はニュースでもお知らせしたように、
B.B.B.の新エピソード。
その稽古が今週から始まります。
その台本を書いています。
中々にバカバカしくて楽しいお話になりそうです。
お求めはこちらから https://ticket.corich.jp/apply/98637/A03
文化祭2019チラシ表裏.jpg

あ、明日、また劇団のニュースも更新になります。
こちらも打合せやらで、プロットを見直したり、どうしたらいいかと考え中。

色々始まっていく。
そしてそれはちゃんと終わらせていかなきゃな、と思ったり。
posted by 中神謙一 at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記