2015年03月22日

グスタフ・クリムト

彼の画集を持っている。
お気に入りの作品がいくつかあるのだけど、その一つに「接吻」というのがあって。
色使いやその構図が好き。
image.jpg
先日、壁に(もちろん複製が)かかっているのを見て、
帰って画集を開いて眺めた。
記憶とか、感覚とか。
その絵を見ると、その日の事がフッとフィードバックされる。

こないだカメラマンの方とも話していて、
男性的なフォルムの美しさと、
女性的なフォルムの美しさ、というものがあるよね、てな話で。
それは直線と曲線、とかだったりするんだけど、
クリムトの描くダナエ、はとても官能的な曲線が美しい。

グスタフ・クリムト自身は写真でみると、
ちゃびんな感じのおじさんなんだけどね。
とても好きです。
posted by 中神謙一 at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
私も、好きです。
夢の中みたいで。
Posted by at 2015年03月22日 01:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115482082
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック