2015年05月23日

キスの日。

今日はキスの日だって。

1946年5月23日。
日本で初めてキスシーンが映画に出てきた。
「はたちの青春(佐々木康監督)」という映画だそうだ。

きっと当時はとてもセンセーショナルだったんだろうな。

以前、ラフレシアという、女の子の二人芝居を書いた。
その中で女の子同士がキスをするシーンがあって、
レズビアンの山Pに絶賛してもらったことがある。

二人のぎこちなさ、もどかしさ、そして衝動。
そういうの。
とても綺麗な物語だったと思う。
ああ、またやりたいな、あの本。

以前にも書いたクリムトの「接吻」という絵がとても好きで、良く画集を開く。

何ていうんだろう――。
その行為にボクは本能的な物を感じる。
激しかったり、優しかったり、愛おしかったり。
手を使えるボクらが、それでもその手を使わず愛撫するその行為は、
もっともっと根源的な、動物としての本能的な衝動な気がする。
何でも、誰でもいいってものじゃなく、本能があなたを求めているんだって思う。

食べちゃいたいくらい、っていう表現も分かる。
取り込みたい、取り込まれたいっていうくらいまでイけるのは素敵だ。
獣みたいに純粋な本能って、とても洗練されたように美しい。
変に思われるかもしれないけど。


最近キス、してます?
免疫力も向上するらしいですよ。

posted by 中神謙一 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133425819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック