2015年05月26日

相対性理論的に。

メモとして。
キスの日のブログで書いた「ラフレシア」という舞台。
思い出したらまたやりたくなってきた。

https://youtu.be/wECOPPVG1w4
どこかにこうやって書くことで、
頭の中にもメモしておく。

どんな風にやってみよう。
10代の女の子2人のお芝居。募集?オーディション?
以前知ったあのこで出来たらいいな。じゃあもう一人は?
そんなことを夢想してみる。
どんな形でやるかを考えなきゃ。


メモとして。
イメージ写真を撮ろうとしてて。
どんな風になるのかはまだ本当にボンヤリしてるけど。
撮ったものをそのあとどうしていくかもボンヤリしてるけど。
ずっとやりたいって思ってた。こっちも進めていかなきゃ、とイメージや衣装の絵を描いている。
モデルを集めなくちゃ。


CD「花の記憶」を作ってから、
やりたいことをもっとやっていかなくちゃ、と改めて考えるようになった。
10月の公演もそうだ。やりたいって思ってたことだもの。

1日は24時間だけど、脳みその中のではきっともっとあるはずで。
アインシュタイン気取って相対性理論を実践しちゃおう。
時間が足りないって甘えてる場合じゃないよね。



posted by 中神謙一 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/133496741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック