2015年08月30日

見たことある。

電車の中ってどうしてあんなに眠たくなるんだろう。
以前、電車で眠っているボクの姿を見て、
「糸のきれた人形みたいで、死んでるのかと思った」
と言った人がいたけれど。

自分ではわからないけど、そうなんだろうか。
別に酔っ払いみたいに横になるでも、涎を垂らすでもないのに。



ほんの束の間。
稽古帰りの電車の中で夢を見た。
ボクは行ったことのない場所にいて、でもそこは見たことある場所で。
綺麗でなだらかな草原や青空が見える。景色が横長だ。ああ、ここはあそこだ。
夢の中ではそれがわかる。

気が付くとボクは、トリックアートの美術館みたいなところに迷い込んでいた。
静かなところで、人もまばらで、まるで平日の動物園みたいなところだった。
錯視や遠近感を利用したアートを順番に見て回る。
最後に美しい絵があって、それは見たことのある絵だった。
クリムトのダナエの絵だった。
本来は目をつむって膝を抱えて眠るダナエが、ドレスを着て、微笑みを浮かべ立っていた。
黒子のような係りの人に尋ねると、そこに立つとダナエと一緒に記念写真が撮れるんですよ、と言われた。
ボクは少し緊張しながらその横に立つ。笑顔が苦手なボクはどうしてもぎこちなくなってしまう。
中々うまくピントが合わない。
焦る。
もう少し前へ。右の肩を引いて。
そうこうしている内に、目が覚めた。

降りるべき駅についてしまった。
悲しくなってしまった。
こんなことならあのまま終点まで行ったってよかったのに。

今夜はクリムトの画集を見て眠る。


==Q&Aチケット発売中==========
チケットのお申込み・詳細はこちら
http://e-setsuna.com/qanda/dateticket.html
音声解説のお問合せやご予約も、お気軽に!
http://e-setsuna.com/qanda/special.html
posted by 中神謙一 at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162468353
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック