2016年04月06日

サクラサク。

満開の桜よりも、少し散り始めた桜が好きです。

数年前に偶然見つけた桜の木。
1本だけ生えている、大きな木。

2016-04-06 09.08.39.jpg

2016-04-06 09.09.03.jpg

初めて見た時に、立派な枝が空を覆っていて、その隙間から見える空とのコントラストに見とれました。
去年もここで撮った。
その前は、どうだっただろう?


2016年になって、もう桜が咲いて、桜が散り始める。
若葉を覗かせているものある。
もう、そんな時期なんだな。
ここ最近、ちょっと時間の流れに疎くなっていた。最近はLIVEとしての時間より、物語の中の時間にいることの方が多くて、今は夏の日差しが頭の中にずっとある。強い草の匂いと、蜜水の冷たい感触がある。

3月までに書いていた文章を読み返し、加筆したり、削ったりをしている。
その作業の続き、物語の最後に「了」の一文字を記すための作業は、まだもう少し先の話になりそう。

自分が書いたものを、他人が書いた物のように読むには、距離が必要だ。
その距離は時間的なものだったり、物理的なものだったり色々だけれど、一旦、物語とそのための距離を、少しだけ、とる。あまり離れすぎないように気を付けながら。
普段は、〆切や稽古始めの日程など決まっていることが多いので、ギリギリになるとそういう時間を取ることも出来ないでいるけれど。
今、そういう、贅沢な時間を使っている。

まぁ、その間は、他の物を書くんだけど。

桜の木の下で、空を見上げていると、
何かを思い出しそうになったのに、
結局思い出せなかった。
あれは何のことだっただろう。

人のいない一本だけの桜。
ここでゆっくり花見をしたいな、と思った。
美味しい物をもって。
何か作ってみようか、と思う。


井戸の底にいても、聞こえてくるものはある。
底まで舞い込む花びらもある。
今年も沢山の桜が咲いた。
散った花もあったのだろうけれど、ボクの知る限りは沢山の桜が咲いたようだ。


サクラサク。


散る前にもう一度観に行けるかな。




次は、「直観」のこと。
posted by 中神謙一 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174786553
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック