2016年04月28日

退屈しのぎ。

悪い癖。すぐ退屈って思ってしまう。
一時は、そんなことなかったんだけどな。

色彩の欠けた世界は、どうにも退屈で、だからそこに無理やり色を乗せるように、色々仕事を詰め込んだり、予定をいれたりする。
極彩色の世界を作ろうとする。
やることいっぱい!脇目もふらずって思っても、それでも、ふとした時に退屈だと思ってしまう。

詰め込んでたいくつかの締め切りが同時期に終わったせいかもしれない。
単に、集中力がないせいかもしれない。
とにかく、とにかく。


退屈しのぎに、お菓子を作りました。
今までお菓子とかはほとんど作んなかったんだけど、なんとなく。
フォンダンショコラとか、型無しタルトを焼きました。
美味しくて簡単で高カロリー。おすすめ。でもすっごいバターいれるのね、こういうの。
2016-04-21 22.45.08.jpg2016-04-26 08.06.51.jpg


退屈しのぎに、竜を作りました。
2016-04-28 09.28.06.jpg
や、何に使うってわけでもないんだけど。
まぁ何となく。
ボディも作ろうかな。ぬいぐるみみたいに。
昔、こどもミュージカルの小道具でナマズを作ったの思い出した。



アンデッド期。
夜が長い。だから一日が長い。
夜は静かで、ソファーでだらだらとしていると、なんだかゴンドラに乗って流されているような気分になる。
物語の中で、ゴンドラは夜の川を滑るように進んでいくのだ。
そしてボクは、抱えた膝の上にあごを乗せ、死神を眺める姫君の姿を想像する。
不思議とその時間は退屈に感じない。


新しい脚本のことももちろん考えているけれど、
思いついた企画のことを考えている。
人に相談したりしながら、その中身や形や動かし方を考えている。
偽善でも思いつきでも退屈しのぎでもいいじゃないか、と開き直ってみる。
心がゆらゆらとしている。
もう、揺れるのはそれだけで十分間に合っているんだ。



次は、意味について考えたこと。
posted by 中神謙一 at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
お菓子 料理も綺麗に作りますね、美味しそうですわ。 

アンデッド期。 本“死神の館、テリー・プラ”チェットを思い出しました。
http://ameblo.jp/tadatomi/entry-11229946486.html

Posted by とみ at 2016年05月03日 07:02
お菓子 料理も綺麗に作りますね、美味しそうですわ。 

アンデッド期。 本“死神の館、テリー・プラ”チェットを思い出しました。

Posted by とみ at 2016年05月03日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174953562
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック