2016年08月23日

ハローハロー

ジャンプで連載していた「BLEACH」という漫画の連載が終了して。
その感想とかではなく。

アニメにも映画にも、そしてミュージカルにもなって、15年も連載が続いた作品で。
ボクは少しだけれど、舞台となった「ロックミュージカルBLEACH」に関わらせてもらったりもして。
好きな作品の一つなんだけれど。

作品の中や単行本の巻頭に、詩があって、
ボクは作者である久保帯人さんのそういうセンスが好きだった。

詩心なく生きるには、世界は醜すぎる。
ボクはそう思う。

スピンオフ的な話で、登場人物のひとり、水色のエピソードにでてくる、
ハローハローっていう、あれも好きだったな。
システムはオールグリーン
コミュニケーションは不全。

とてもわかる。

先日、LINEの企画をやって、
イメージと違うところ、イメージ通りのところ、色々あった。
初めて言葉を交わす人、懐かしい人、色々だった。

コミュニケーションというのはとても難しくて、
点を線に、その線をさらに束ねて――とできることもあれば、
つなごうとしたラインは簡単に分断されてしまったりする。

システムはオールグリーン。
けれどコミュニケーションは不全。

そう、それはシステムの問題ではないのだ。
結局は相互の問題なんだろう。

システムはオールレッド
けれどコミュニケーションは良好

水色はたしかそんな風に結んでいた。
彼とその友人との性格と関係を表す、いいエピソードだなって思った。

ボクならどんな詩を載せただろう。
そんなことを考えた。

久保先生、連載、お疲れ様でした。
posted by 中神謙一 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176379977
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック