2016年09月20日

イメージ。

キャスティングって難しい。
舞台でもそうだけれど、特に商業や映像では、事務所の推しだったり、
すでに決まっているメインや、監督との相性もあったりする。

そこには色んなバランスがある。
漫画やアニメみたいに、キャラクター一覧があって、
仲良し五人組、主役はこのこ、髪型はこんなの。
ぽっちゃりしたこを一人いれよう、小柄なこもひとり。
相手役の男の子がこの子だから、キャラかぶらないように、
ちょっとこっちは不良っぽいほうが…なんて風に、
並べてみてビジュアルのバランスを整えていくような作業が、
実際の人間でも行われていくわけで。

若手ですごくかわいい女の子で、芝居も素直でいいんだけど、
かわいすぎる、という理由で採用が見送りになったりもする。
ヒロインがたたなくなっちゃうから。
そういうの、ある。

よく聞く「今回はイメージが・・・」みたいな言葉には、
そういう意味合いもある。
この役はもっと地味な子がいいんだよな、とか、
このこ可愛い(あるいは男前)すぎる、とか。

イメージの含んでいるところは、ほんと広いな、と思う。

先日、色んな人を見なくては、と改めて思った。
もっと色んな人を見て、自分の中のイメージのリストに載せておかなくちゃ、と。
自分がこんな風にやりたいな、
こんな話をやりたいなって思ったときに、
キャスティングに名前を挙げれるようにって。

posted by 中神謙一 at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176952607
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック