2016年12月08日

寺田くんの話。

ずっとずっと昔のこと(当たり前)だけど寺田くんとは同じ中学だった。
と、いうか小学校も高校も同じだったことを、話していて思い出した。
(どうなの、ボクの脳みそ。)

正直言うとあまり覚えていないんだけれど、寺田くんは陽気な子だったと思う。
ひょうきん、と言えばいいだろうか。
とにかくそういう、クラスで皆に愛されているようなメンバーだ。

ボクは当時からコミュニケーションが苦手で、バリバリのインドアで、
中学校では何だか先輩には嫌われてて、今と同じ、ある種のシャイさが(いや、マジで)邪魔していたこともあって、クラスでは端っこにいる打ち解けないヤな感じのヤツだったと思う。


で、そんな寺田くんが、今はプロのカメラマンとして活躍し、
先日賞を取ったのをFacebookで知り(人を介してトモダチにはなっていた。会ってないけど)、
すごいなあーと思っていると、急に思い出したエピソードがあった。

そのエピソードというのがとてもとてもくだらなくて、
本当にあったことなのか確認したい気持ちと、
あの寺田くんがどんな写真を撮っているのかを知りたくなって、
突然アポをとって、彼のスタジオにお邪魔してきました。

突然のアポに、気さくに応じてくれてこれまた寺田くんの人柄をみた気がした。
ボクなら変な勧誘じゃないだろうかって思う。ツボとか買いませんよ、ってなる。
それにしても、実にもう20年ぶり以上の人に会うというのは、
ボクなんかからすると、初対面に近くてドキドキするけど。

15380553_1058815844241890_8180093297737407338_n.jpg
スタジオで、ビールを飲みながら――おつまみまでいただいて、何の手土産も持ってきていなかったことに気づいた。やれやれ、まったくボクは――見せてもらった彼の写真は、ボクが抱いていた彼へのイメージと全然違って、
「え?こんな人だっけ?」って思うものだった。
第1弾、第2弾、第3弾。
どれもテイストは変わるのに、変質的なこだわりが面白い。
良い意味で変態的なこだわりで、何だか知らない人(20年以上ぶりなんだから、知らない人みたいなもんだけど)みたいだった。
ただ、ボクはカメラのことはわからないけれど、ボクがお世話になったり、なっているカメラマンの人たちも、みんなそういう表面では見えなかった「その人」みたいな部分が写真に見える時があって、面白いなって思う。
それは写真だけではなく、何かを作る人みんなに共通することなのかもしれないけど。


それにしても、カメラや写真の話をするときの寺田くんは、
中学生の時、電車で■■■■を■に■■■■、■■■■で
■■■■■■■■■■■■■■、■■まくってた同じ人には思えなかった。

とてもとてもくだらない(確認したら彼もうっすらと覚えていた)エピソードが、
ボクの妄想じゃなくってよかった。
posted by 中神謙一 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177949558
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック