2017年01月19日

声を出すこと。

声の出し方について考えている。
ちょっと改めて勉強をしている。
人体の作り、というか声帯の作り自体はさほど差異はないはずだ。
その使い方。
そもそも声が出る仕組み、とかを改めて。

ボクは演劇をちゃんと勉強したこともない、
我流でやってきてた人間だし、
そういう部分も結構適当だったりするので、
今、改めて確認をしている。

専門的なことはわかんないんだけど、
ああ、今スムーズに音が出ているな、とか、
イメージした音と違うな、とか、
そういうことくらいはわかる(気がする)ので、
その辺りを探っている。

こないだも書いたけど、劇団の公演稽古ではなく、基礎的な稽古をやり始めた。
スケジュールの関係で、月一回くらいのペース。
本当は毎週くらいはやりたいのだけど、まあ仕方ない。
稽古と稽古の間の期間は、個々で課題をしていく、という形にしている。
結局は基礎練習というのはそういうものだし、普段やらないなら毎週やったってたいした効果はないような気がする。

今、前回の稽古を踏まえて、次の稽古の内容やプログラムを考えている。
色んなことを試したりしていくけれど、声をだすことは引き続き試していくつもり。

もっとも、今はまだ声を出す手前の話、ずっとずっと手前の、呼吸の話なんだけど。


ゆっくりゆっくりと呼吸を。

ボクはよく、「声だけじゃなく足音、所作、自分が出す全ての音を意識して」ということを人にいうのだけど、ボク自身が、自分の出す声、音を、もっとちゃんと把握しなきゃなぁ。
posted by 中神謙一 at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178404160
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック