2017年03月16日

カタチ

好きなカタチ。

それが一般的にどうかはわからないけれど、
自分の「好きなカタチ」というのがある。

例えば、眼、耳、鼻、唇。

それ以外でも、ある種の曲線がつくる美しさで、
ああ、好きだなあって感じるカタチがある。

そういうのに、弱い。
触れたくなってしまう。

あなたにはありませんか、そういう衝動的な感覚。
魅力を感じるもの、とか。

そんな書き方すると、何だか変態チックな感じですけど。

変態っていえば。
昨夜顔合わせで読み合せた「語り部たちの夜-空-」は変態ばっかりでてくる。
ゆがんでる、こじれた男ばっかりだ、と聞いていて思った。
濃厚になるよ、きっと。
posted by 中神謙一 at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179113436
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック