2017年05月17日

どろり。

どろり、とした感覚。

例えば不毛なやり取りや、意味のない苛立ちや、
溜息や疲労や、そういうもの――じゃなく、

そういうのでない、どろりとした感覚。
ぬるくて暖かくて柔らかい泥のようなもの。
そういうどろり、のイメージ。

溶けるような、混ざるような。
あのイメージ。
思い出しちゃってつらい。
いや、忘れてないから思い出してっていうのはおかしいか。
ただ、蘇って。

ああ、今夢をみている。
そんな大川の台詞を思い出した。




語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
17555232_1304546152967327_1779604878_n.jpg
posted by 中神謙一 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179750625
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック