2017年07月08日

七夕

ブログの更新が滞ってた。
タイミングというか、環境というか。
ちょっくら大阪を離れていたり、ようやくパソコンの前に座ったら、届いているメールの確認やら返信やらがあったり、ちょっとした締め切りが腹を空かしたひな鳥みたく並んで口を開けていたりするものだから、手が回りませんでした。

七夕でしたね。

雲は少なかったけれど、星は少なく、月は遠かった気がする。
今夜、牽牛と織姫はどうだったんでしょう。

いつの頃からか、曇りの七夕には、牽牛と織姫が会えないと思うより、下界から見られぬように雲が隠してくれている、と思うようになった。
あの雲の上には、星の海が広がっているのだ、と想像する。
下界の喧騒も視線も雲にさえぎられて、そこは静かな世界だ、と想像する。
一年一度の逢瀬だもの。
誰にも見られず、ゆっくりとさせてあげたいじゃないですか。

この数年、七夕になると「星空」という歌を思い出す。
とてもいい歌で、美しい情景が浮かぶ。
自分で書いといてなんですが。(笑)

そうそう、前々からの七夕企画もやりたいなー。
今年も出来なかったけれど、いつか、そのうち。
posted by 中神謙一 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180271532
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック