2017年11月24日

こだわり。

タイミングが調整ついたので、HASEOさんの個展に行ってきた。
撮影可だったので遠慮なく…。
2017-11-23 14.58.43.jpg
やー、それにしても。
CGなどを使っていないんですよ。
にもかかわらず、この幻想的な美しさ。
2017-11-23 14.58.12.jpg
モデルの方自身の魅力ももちろんですが、
メイク、ヘア、衣装、そして生花を使ったセッティング、ライティング。
世界観へのこだわり。
そこに内包された物語へのこだわり。
そういうものが感じられる構成でした。


会場にも、氏のこだわりと思われるドライフラワーなどでの装飾があり…
ボクはHASEOさんとは面識はないのですが、
会場にいらっしゃった(想像していたよりがっしりして骨太な感じの!)男性がHASEOさんだったんだと思う。
来場者に作品の話をされていたし。
スタッフさんにハサミちょうだい!って言って、飾りのドライフラワー直していたし。

でも、たしかにこんな写真をセッティングして撮影するって、体力もいるだろうなぁって納得したり。


美しさっていうのはとても力があって、
特に圧倒的なものは、残酷なまでに力強いんだよな。
そしてその圧倒的なものを支えているのは、やっぱりこだわりなんだ。

2017-11-23 15.11.49.jpg
会場で、装飾越しにパシャリ。
posted by 中神謙一 at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181664719
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック