2019年01月07日

だらだら。

だらだらしたい、と思う。
根が怠惰なので、いつまでも、それこそいつまででも、だらだらしていられる。

それにしても「だらだら」という言葉。
響きと言い、その字面の醸し出す雰囲気といい、
だらだらである。

そもそも、どういう意味なんだろうと思って調べてみると、
「たらたら」を強調した言い方らしい。

水や血、液体が流れ続けるさま、
変化の乏しいさま、
気分などがゆるんでしまりのないさま、などなど。

ふうん。

血が流れ続けるさま、を想像すると、
それはもう「ぐったり」な状態だなぁとサスペンスな気持ちになる。
そんなだらだらは嫌だけれど、
少しずつ、力が抜けていく感覚、
身体が冷たく、重たくなっていく感覚を想像してみる。

それはそれで、な気もしないではない。

「生きている」と「死んでいる」の間みたいな時間って、
ちょっとだらだらに似ている状況なのかもしれない。

さて。
その生と死の狭間の世界が出てくるお話に出演します。
気がつけば、もうすぐ本番。
ご来場、お待ちしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
mitateya01.jpg
魅殺陣屋15周年+2th公演 『 DIAVEL〜異界の処刑人〜』
原案・演出:萩原宏信 / 脚色:萩原祐未

【日時】
2019 年1月18日(金)15:00/19:00
     19日(土)15:00/19:00
     20日(日)13:00/17:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前となります。

【会場】一心寺シアター倶楽
【料金】前売3,500円/当日4,000円
【中神謙一取り扱いチケット窓口】http://ticket.corich.jp/apply/94758/006/
posted by 中神謙一 at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185190442
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック