2019年04月29日

夏の始まり。

4月が終わろうとしている。
5月が始まろうとしている。
新しい元号の新しい時代。
だからと言ってボクらの日常が大きく変わるわけではなく、
稽古したり、近づく本番に焦ったりしながら、
相変わらずだ。

でも、ボクにとっての夏が始まります。
それは5年ぶりの夏だ。

花火をモチーフにした子どもたちの夏休みの物語「Flower」、
そのオーディション期間が終了。
オーディションを経て思ったことや考えたことを踏まえて、
このゴールデンウィークの間に台本を書き直す。
ある意味全然違う本になりそうだ。

でもそれでいいのかもしれない、と思う。

ゴールデンウィークが明ければその稽古も始まる。
枚方の時より稽古期間が長い。
でも、その分、一回の稽古時間は短い。
濃度をあげていけるか、が課題な気がする。

夏が始まるな。
どんな夏になるだろう。
posted by 中神謙一 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185872761
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック