2019年06月13日

解体。

今稽古しているFlowerという舞台は、
2014年に枚方で上演したこどもたちだけが出演する市民ミュージカル、枚方こどもミュージカルの為に書き下ろした物語だ。
色々な縛りや条件はあったけれど、
結構好き勝手に、自由に書かせてもらった作品で、
これが枚方で担当した最後の作品になったことを差し引いたとしても、
自分の中でもとてもとても思い入れの強い作品になった。

今回、NHK大阪児童劇団でこの作品を上演するにあたって、
いくつか悩んでいたことがあって、
そのうちの一番大きな部分は色々設定を考え直してクリアした。
今、曲について色々考えていて、
ひとつひとつを解体していく作業をしている。

一旦ばらばらに分解し、時にパーツを取り換えていく。
今回の舞台の為に、まずは解体する。
組みなおしたときに、全く違う形になっているかもしれない。
あるいは前とまったく同じかもしれない。
それは分からないけれど、とにかく。

大切な作品だから、なぞるのではなく、
別のモノにするのだ。

と、考えながらテキストをにらんでいる。
posted by 中神謙一 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186135499
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック