2019年09月19日

回遊

ふらふらと回遊している。
何度目かの曲がり角。
知らない街を歩くのは楽しい。
そこにいるのにいないような感覚。

ぶらぶらと歩きながら、
今、例えばどこかで何か事件が起きて、ボクが容疑者になったとしたら
誰がボクがその時間はこの道を歩いていたと、後日証明してくれるだろう?
そんなことを考える。
69317703-2CD3-43D1-8359-2B50D76D27D1.jpeg
もともとはラテン語の他の場所を指すalius ibiからきている言葉、アリバイ。
その時、私はどこどこにいました、誰々が証人です…ミステリーではよくあるやり取り。
意味は同じようなものだけど、本来の意味は「現場不在証明」のこと。
つまり、その時、そこにいなかったということ。
(現場に)不在の証明と、(他所に)存在の証明。
求める意味は同じようなものだけど、正確には違う。
そんなことを考えながら街をあるく。
posted by 中神謙一 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186515427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック