2020年02月20日

2/20、昨日の稽古では紐をつかった。

昨日の稽古では、坂口センセイが一人ひとりを抜き稽古で細かなセリフをチェックし、
ボクが全体のイメージを確認したり、指導したりしていたわけだけれど、
(昨日のブログにもちょっとかいてますが、ゲートボールしたりね)
もう一つ重点的に見ていたのが走るシーンの稽古。

演劇的にはよくある演出ですが、これを綺麗にちゃんとやるのって難しい。

練習してても中々うまくいかなくて悩んでいたんだけれど、
ふと思いついて紐を持って行った。

紐で大きな輪をつくり、出演者が自分の位置(フォーメーション)を見失なわないように、互いの体を支点に三角形をキープしながら走る練習。
緩急つけて移動してみたり。
アクロバティックな電車ごっこ、みたいな感じ?

稽古している風景は、体に紐を巻きつけて全力疾走している人達で、
ずいぶん奇妙だったけど、繰り返す内に良くなってきた。

伝え方っていうのを特に考えるこの頃です。
posted by 中神謙一 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187182069
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック