2020年03月11日

陽気なやつでも聞こうよ。

今日は朝から中之島へ。
そして昼から枚方へ。

ディレクターさんとロケハンと打合せを兼ねて、久しぶりに枚方の町を歩き回り(結構歩いた)、ビールを買って帰宅した。
レバーに片栗粉を振って、ニンニクとともに揚げ焼きにする。
春キャベツを大きく切ってブルーチーズを乗せて白ワインかけて蒸し焼きにする。
小松菜と豆腐を合わせて蒸し固めてワサビを乗せる。
ビールを飲みながら、本を読み、食べ、飲んだ。

今夜は、打合せた内容や、まとめていくプロットの事はあえて考えない。
とてもいい打合せだった。
その分ハードルもあがったけれど。
そういうイメーだけにとどめて、物語は一旦頭の中で寝かせ、明日取り掛かろう。

児童劇団用のブログを更新する。
ついでにダンスシーンの動画を見返す。

洗い物をしながら、鶏ハムを作り、
余っていたトマト缶でトマトソースを作った。
何か考えごとをする時、トマトソースを作っているようなきがするな、とふと思う。

そんなあれこれを終えて、
今はコーヒーを飲みながらこれを書いている。

世界には沢山の大変なことがある。
悲劇や災害や辛いことは更新されていく。
それは更新であって上書きではない。
上書きされて消えてしまうものではないんだ。
小松左京の「戦争はなかった」みたいにはならない。
それでも生きていかなきゃね、とチェーホフが書いた台詞を思い出したりする。

毎年のことだけれど、今日は明るいJAZZアルバムを流している。

そしてボクは今日も思う。
ねえ、陽気なやつでも聞こうよ。
posted by 中神謙一 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187260858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック