2015年10月31日

妖精チャックとお化けカボチャ 6

どれぐらい驚かしたり驚かされたりしたでしょう。
そこではどんなに驚かされても腹が立つことはないのです。
とても楽しいのです。こんな遊びはファンタピアにはありません。

「トリック・オア・トリート!お菓子をくれなきゃ悪戯するぞ!」

小さなガイコツのコドモがチャックに向かって声をかけます。チャックがポケットからキャンディを取り出してガイコツのコドモにあげると、そのコはニッコリと笑ってありがとう!というのです。
ねじれた木も、そこに巣を張るしましまの蜘蛛も怖くありません。
ぐつぐつと魔女が煮込む鍋の中身は甘くてあったかいパンプキンスープな事も知りました。
チャックはすっかりこの紫の夜が好きになってしまいました。
気が付けば、あれほど心を占めていた退屈はどこかへ行ってしましました。

「おーい」

呼ばれて振り返ると、カボチャ頭の中に蝋燭を灯したジャックがやってきます。オレンジ色に頭を輝かせながら、ジャックが尋ねます。「楽しんだかい?チャック」
「うん!とっても!」
「そいつは良かった!もうすぐ夜が明けるからな」
「パーティは終わっちゃうのかい?」
「残念ながら。さあ、帰り道を案内しよう」
「ねえ、ジャック。ボク、帰りたくないんだ。もっともっとここで遊んでいたいんだ」
「ここで?」ジャックは驚いたように聞き返します「帰りたくないだって?」
「うん。だってここはとても楽しくて、退屈なんてないんだもの」

硬いカボチャに刻まれた三角の目が、少し歪んで、ジャックは少し困ったように見えました。

「でも、チャック。それは出来ないんだ」
「どうして?」
「ここは川のこっち側で、お前が暮らしてるのは川の向こう側なんだ」
「向こう側?」

チャックにはジャックの言っていることが分かりません。

「今日はたまたまだったんだ。一年に一度の特別な日で、たまたま川のこちらとそちらがつながって、お前がそう願っていたから今日があっただけなんだよ、チャック」

やっぱり、チャックにはジャックの言っていることが分かりません。

「チャック、いつでもここに来てくれていいんだ。俺様はいつだって歓迎する。いつかまたお前がここに来るときは、一緒に夜通しパーティをしよう。驚かしたり驚かされたりしよう。お前が本当にそう願ってここに来るなら。でも今日はダメだ。今はダメだ」
「どうしてもダメなのかい?せっかく友達になれたのに」
「友達なんかじゃない」
「え?」
「俺はお前だよ、チャック」
「どういうこと?」
「川の向こう側のランタン草のチャック。川のこちら側のジャック・オ・ランタン。ここにはお前はいるけどお前の友達はいないんだ。ああ、もうすぐ夜が明ける。お化けは消える時間だ」

チャックはようやくジャックの言おうとしていることがわかるような気がしました。
何となく、ぼんやりと。
「またね」とジャックが言いました。
「またね」とチャックは答えました。
そしてジャックはそっとチャックの紙袋を脱がせました。




目を開けると、そこはファンタピアでした。
チャックは海色草の草原の真ん中に立っていました。
傾いた太陽の光が、足元に広がる海色草を、日暮れ前の海色に染めていました。
足元に広がる海色草の草原は、明るいオレンジ色から、桃色に、茜色に、深い緑色に、遠くに行くほどに暗い群青色に色を変えて輝いていましたが、そこにあの紫色だけは見つかりませんでした。
まるですべてが夢だったかのように、それはいつも通りのファンタピアでした。

チャックはポケットの中に何か入っていることに気が付いて、そっと手を入れました。
そこにはジャックからもらったキャンディがいくつも入っていました。
その一つを口に入れると、甘くて酸っぱくて少しほろ苦い味い味がしました。
とても美味しいキャンディでした。


友達のマーチに会いに行こう。チャックはそう思いました。
そしてこのキャンディをあげよう。驚かしたり驚かされたりする素敵なお祭りの事を教えてあげよう。ジャックみたいに上手くは出来ないかもしれないけど、友達みんな誘ってやってみよう。いつかジャックに話せるように。チャックはそう思いました。
夜になるまで、まだ少し時間があるんだから。

またね、ジャック。
チャックは川の向こう、そして自分の中にそうつぶやいて、走り出しました。




おわり

2015年10月30日

妖精チャックとお化けカボチャ 5

それはチャックが初めて見る色の空でした。
夜明け鳥のグーグーとズーズーにつかまって飛んだ真っ青な空とも、こどもくじらの背中にのって夜明けの海から飛び出した時とも、星の舟に乗って夜空を渡った時とも違う空の色でした。
妖しくて、でも柔らかな深い紫のビロードが、空一面に張り巡らされているようでした。
そんな不思議な夜の天幕に、水銀を張ったような銀色の月が濡れたような輝きを湛えて浮かんでいます。
とても美しい夜でした。

「すごいすごい!」

ジャックが手を離しても、チャックの体はふわふわと空を浮かんでいます。
チャックはくるくると紫の空を飛びまわります。ジャックがその横を飛びながら「うまいじゃないか、チャック!」と拍手してくれます。
高く、低く、ジャックとチャックは空を飛んでいきます。
ジャックは一軒のとんがり屋根の家の窓に近づくと、チャックを手招きしました。

「なんだい、ジャック?」
「しーっ」

ジャックはいたずらっぽく微笑みながら、窓をコンコンっとノックしました。「はい?」と声が聞こえて、窓が開きます。するとジャックは、窓の中に向かって顔を突っ込んで「うわっ!」っと大きな声をだすのです。窓の中からキャーッと大きな悲鳴が響きます。もちろんチャックも驚いてしまいました。
ジャックはケタケタと笑いながらまた夜空に飛び上がります。
チャックは慌ててジャックを追いかけます。

「ジャック!何て事するんだ!」

けれどジャックはケタケタ笑いながら言うのです。「何言ってるんだ、チャック!さあ、パーティの始まりだぜ!」その悲鳴が合図だったでしょうか。あちこちでびっくりさせようとする掛け声と、悲鳴と、そしてその後に楽しそうな笑い声が聞こえてきたのです。

「どういうこと?」

チャックにはわけがわかりません。
そうしていると、今度は大きな黒い犬の頭を持った影が、チャックの後ろで大きく吠えました。

「うわあっ!」

びっくりするチャックを見て、ジャックもその影もケタケタと笑います。

「何だよ、突然。びっくりするじゃないか!」
「チャック、怒っちゃダメだ。今日はそういうお祭りなんだ。これはそういうパーティなんだぜ」
「え?」
「今日は一年に一度だけ、お化けたちのパーティなんだ。驚かしたり、驚かされたりして楽しむ日なんだ」

そう言われて、チャックがようく見てみると、驚ろいた後に、みんな笑っています。驚かした人もまた、今度は誰かに驚かされるのです。段々チャックは分かってきました。そしてワクワクしてきました。

「チャック、手をだしな」とジャック。「こいつをやろう!」そういいながらジャックはチャックの手に山盛りのキャンディを乗せました。

「さあ、夜は短いぞ。どっちが沢山驚かしたり驚かされたりできるか競争だ!」
「うん!」

チャックとジャックはそれぞれ紫の夜に飛び立ちました。




つづく。

2015年10月29日

妖精チャックとお化けカボチャ 4

「これがジャックの体なの?」

おっかなびっくりしながらチャックは言いました。
マントを羽織り、白いシャツに真っ赤な蝶ネクタイ、黒いズボンをはいてはいますが、それはどう見ても藁で出来た大きな人形なのです。それがペタンと座り込んでいるのです。
何より、その体には首から上が無いのですから、チャックじゃなくても気味が悪いに違いありません。

「そうとも。そいつが俺様の体だ。おい!おいったら!」

ジャックが声をかけると、藁人形――ジャックの体はきょろきょろとあたりを見回します。耳もないのに、ジャックの声は聞こえるのでしょうか。それでもやはり、目がないせいなのか、中々ジャックの方にはやってきません。

「しょうがないな。おいチャック、そうびくびくしないで、俺様をあの体の上にのっけてくれ」
「ええ?」

チャックはおどおどとジャックの頭を体の上に戻そうとしますが、体の方はそわそわ、そわそわ落ち着きません。

「えい!ちょっと!動くなよジャック!」
「おい!今だ!ほら、乗っけろって!」

ばたばた、ばたばた。
ようやく上手く乗せることが出来ると、そわそわしていた藁の体はぴたりと止まり、しゃんとしました。
ぐいっと動いた藁人形の手が、頭に手を添えると力強く回転させました。びっくりしたチャックが眺めていると、カボチャがぴたりと止まりました。

「ふう!これで座りが良くなった!ありがとうよ、チャック!」ジャックは藁人形の体をポキポキ、首をぐるぐるしながら言いました。「やっぱり自分の手足があるってのはいいもんだな!……それにしても、随分流されちまったもんだ。急いで戻らなきゃ、今夜のパーティに間に合わなくなっちまう」
「パーティ?」
「ああ、今夜は年に一度のパーティだからな」
「ねえ、それって楽しい?」
「楽しくなければそれはパーティなんかじゃない」
「ボクも連れてってくれないかい?」

もちろんチャックはそういいました。
だってチャックはいつも面白いことがないかとさがしているのです。

「おまえが?俺たちのパーティに?」

ジャックはしばらく思案していましたが、ズボンのポケットからごそごそと大きな紙袋を取り出すと、その紙袋に穴をあけ始めました。
チャックが何をしているんだろうと眺めていると、ジャックはその紙袋をチャックの頭にかぶせました。

「うわっ」
「これでよし!ほら、チャック、目を開けてみろ」

チャックが目を開けると、ジャックが明けた穴は、ちょうどチャックの目と口の位置でした。ジャックが尋ねます。「どうだ?どんなのが見える?」
そう言われて、チャックはようやく気が付きました。
その紙袋の中から見えるのは、いつもチャックが暮らすファンタピアの青空や草原の景色ではありませんでした。

「ジャック!これ、一体どうなってるんだい?」

そこはもう夜でした。
見たこともない紫の夜空に、銀色の月が浮かんでいます。
オレンジと黄色の星が瞬いています。
とんがった屋根とねじれた木々の影が並んでいます。

「ようこそ!チャック!」

そう言うと、ジャックは恭しく礼をしました。

「さあ!行こう!ぐずぐずしてたら遅れちまう!」

ジャックはチャックの手をつかむと勢いよく飛び上がりました。
するとどうでしょう。
チャックの体はふわりと紫色の空に浮かびあがったのです。


つづく

2015年10月28日

妖精チャックとお化けカボチャ 3

カボチャのジャックを抱えて、チャックは川沿いを歩きます。
ポロロン、ポロロン。
遠くで竪琴鳥の鳴き声が聞こえてきます。
チャックは尋ねました。

「ねぇジャック。どうして川を流れていたんだい?」

するとジャックは少し恥ずかしそうに答えました。

「うっかりさ。川を覗き込んでいるうちに、うっかり落っこちちまったんだ」
「うっかり?」

オレンジのカボチャが、ちょっぴり赤くなりました。

「ああ、俺様は鏡の代わりにしようと思っただけなんだ」
「鏡?」
「そう。新しいネクタイが歪んでいないか、鏡代わりにちょいと川面を覗き込んだだけなんだ。ただ、ちょっと覗き込みすぎたのがいけなかった。あ!っと思ったときには俺様の頭はごろん、ぼちゃん!だ。もちろんすぐに拾おうとしたんだが、何と言っても体には目がついてねえからなぁ」
「身体って…ジャックの体は、置いてきぼりになってるってこと?」
「そうなるな。きっと今頃、必死になって頭を探してるだろうさ」

チャックには、ジャックの言っている意味がまるでわかりません。
だってそんなの、まるでお化けみたいじゃありませんか。
チャックがそんなことを考えながら歩いていくと、右からの川の流れと、左からの川の流れ、二つが注ぎ込むところに辿りつきました。

「ジャック、君が流れてきたのはどっちの川だい?」
「そんなことわかるもんか!俺様は水の中でぐるぐる回ってたんだぞ?」
「でも、それじゃあどっちに行ったらいいかわからないよ」

見れば右と左、それぞれの川は、そこからどんどん離れていくようです。

「あ、あれ!あの青いのはなんだ?あれは流れてる時に見た覚えがあるぞ」
「あれは海色草だよ。じゃあ、ジャックはあっちから流れてきたんだね」
「海色?」
「よし、行こう!」

チャックは右の川沿いに生えている海色の草原を目指して歩きだします。
海色草は絹のように柔らかく、うっすらと透明な葉っぱです。
それが集まって太陽の光にあたると、海のように青かったり深い緑だったり、夕暮れにはオレンジ色に染まって見える不思議な葉っぱなのです。

「ほら、ごらんよジャック。」

海色草の草原にそっと入ると、柔らかな葉っぱはふわふわと倒れ、その隣の葉っぱを揺らし、そのまた隣の葉っぱを揺らし…そうやって、まるで波紋のように一面が揺れていきます。
その揺れた葉っぱはまたしなやかに起き上がって、本当に海の浅瀬を歩いているような気分になるのです。

「へぇ!こいつは面白いな!」

チャックとジャックは、海色の草原に波紋を起こしながら進んでいきます。
じゃぶじゃぶという音の代わりに、さやさやという音を立てながら。

「おい!あれだ!」

突然ジャックが叫びました。

「なんだい、大声で」
「あれだよ!ほら!見ろ!」

ジャックは興奮した声で叫びます。

「あれ、あれが俺様の体だ!」

ジャックに言われるままそちらを見ると、遠く、川辺の岩の上に、首なしの体が座り込んでいるのでした。



つづく

2015年10月27日

妖精チャックとお化けカボチャ 2

チャックに抱え上げられたカボチャが言います。

「ガボガボ。ちょっとかたむけてくれ」

言われたように、チャックがカボチャを傾けると、中から川の水がじゃばじゃばと流れ出て、中に溜まった水がすっかり空になると、カボチャが言いました。

「ふう!助かったぜ!ありがとうよ、小僧!」
「小僧じゃないよ。チャックだよ」チャックはそう言いながら、改めてカボチャを眺めました。

オレンジ色をした大きなカボチャは、チャックの頭より大きくて立派です。
その立派なカボチャに刻まれた三角の目と鼻、そしてギザギザの口が刻まれ、そこから空っぽの中身が見えました。

「チャック!変な名前だな!」とカボチャが言います。
「変じゃないよ!キミこそ誰なんだい?」
「は?コイツはおどろいた。チャック、お前俺を見て、誰だかわからんのか?」
「カボチャだってことはわかるけど」
「違う、違う。カボチャはカボチャでも、ただのカボチャが喋ったりするもんか。」
「じゃあ…?」
「やれやれ、俺だよ、俺。ジャック・オ・ランタンさ!」
「ジャック?」
「おいおい、まさか名前を聞いてもわからないっていうのか?」
「初めて聞く名前だよ。とにかく、キミは…ジャックって言うんだね?」
「おい、小僧。ちょっと顔の向きを変えてくれ。俺様に周りの景色を見せてくれ」
「小僧じゃないよ。チャックだってば」
「いいから、早く!チャック!」

チャックは言われたとおりにカボチャのジャックを高く掲げて、ぐるりと回ってやりました。

「なんてこった。ここは一体どこなんだ?」
「どこ?ここはファンタピアだよ」
「ファンタピア?なんだそりゃ?聞いたこともない場所だ。随分遠くまで流されちまったってことか!」
「ねえジャック、キミ、いったいぜんたい、どうして川を流れて来たんだい?ううん、そもそも一体どこから来たんだい?」
「それどころじゃねぇんだよ、チャック。俺は早く戻らなきゃ。いつまで抱えてるんだ、はやく降ろせって!」

ぷりぷりと怒り出したカボチャのジャックを、チャックはそっと川沿いの草原におろします。

「あばよっ世話になったなっ!」

そういうと、ジャックは川上を目指して歩き出そうとします。

「えいっ。えいっ。ちくしょうっ。なんで進まないんだ」

もちろん進むことなんて出来ません。
だってジャックは頭だけ、手も足もないんですから。

「ねえ、ジャック」見かねたチャックが声をかけます。「キミがどこに行こうとしてるのか知らないけれど、連れて行ってあげようか?」
「え?…本当か?」
「うん。だって面白そうだもの!」

そうして、チャックはカボチャのジャック・オ・ランタンを抱えて、川を遡ることになたのです。

つづく。

2015年10月26日

妖精チャックとお化けカボチャ 1

妖精チャックは葉っぱの妖精。
ランタン草に暮らす、いたずら好きの妖精の男の子です。
妖精チャックは葉っぱの妖精。
いつも何かおもしろいことはないかと探しているのです。

「あーあ。何か面白いことはないかなぁ」

それは10月のある日のことでした。
チャックは川べりにならぶ大きなダンロ石の上で大きなあくびをしながら、そうつぶやきました。
目の前を流れる川の水面に、少しだけ傾いた太陽の光がキラキラと輝いていて、とても気持ちのいい午後でした。
木々に茂る葉は、少しずつ色を変えて、秋の気配が漂っています。
けれど、どうやらそれがチャックには退屈に思えてしまうようです。

「あーあ…」

チャックはもう一度そうつぶやくと、ごろりと横になりました。
太陽に暖められたダンロ石は、じんわりと暖かくて、なんだかとても気持ちいいのです。

「ダメだダメだダメだ」

チャックは慌てて起き上がります。
なぜって、昨日もこうやって、このダンロ石の上でお昼寝してしまったのです。

「このままじゃ、またあっという間に一日が終わっちゃうよ!…ん?」

ダンロ石から、ぴょんと飛び降りたチャックは、目の前の川を何かが流れてくるのに気が付きました。
最初は小さな卵のようだったそれは、ぷかぷかくるくる、流れに乗って沈んだり、浮かんだりを繰り返しながら流れてきます。
けれど、近づくにつれ、それは卵からリンゴくらいの大きさになり、さらに近づくと、もっともっと大きなものだとわかりました。

「カボチャ…?カボチャだ!」

チャックは驚きました。誰がカボチャを落っことしたんでしょう。
でも、チャックが本当に驚くのはそのあとでした。

「おおい!おおい!」

何やら声が聞こえます。

「おや?誰だろう?」

チャックが辺りを見回しても、そこには誰も見当たりません。

「おおい!おおい!そこのお前!…ガボッ!…こっち!こっちだ!」

チャックが声に呼ばれて振り返ると、その声は、どうやら流れるカボチャから聞こえるのでした。

「ええ?」
「おおい!たっ助けてくれっ!…ガボボボボ!」

驚いたチャックは、水面から顔を出している石の上をぴょんぴょんと渡りました。
大きなカボチャは、ぷかぷか・くるくると流れてきます。
川の真ん中まで来たチャックは、どうにか目の前に流れ着いたカボチャを拾い上げることができました。

「ガボボボボ…ふぅ、助かったぜ」

チャックは目を真ん丸にして驚きました。
川から拾い上げたそのカボチャには、三角の目と大きな口、そう、顔が刻まれていたのです。

「やっぱり、カボチャがしゃべってる!」


つづく