2019年12月10日

一山こえても。

ヘレン.jpg
朗読劇Helenの本番を終え、
ぐーっと眠って、たまりまくっていた疲労から少し回復。
今回、前回の上演よりアクティングスペースなどの違いもあって、
演出・構成の内容を一部変更したり、
プロジェクターを使って背景を映し出す演出を加えたりしました。

視覚障害のある方はもちろん、
そうでない方にも楽しんでもらえる、
そのバランスはどこなんだろうとずっと考えていたし、
今も考えています。

背景の映写は、見えない方には必要のない演出だったかもしれない。
ヘルパーさんが傍らで背景の説明をされているのがステージから見えて、
「あ、情報過多になってるんじゃないか?」とも思った。
劇中、演者がバードコールを鳴らしながら、客席を大きく回る演出は、
飛び回る鳥の声を演出したかったんだけど、逆に見える方には邪魔だったかもしれない、なんてことも考えた。

かつて、語り部たちの夜-風-という本で、
全盲の少女を主人公として物語を書いた。
その本を書くにあたって、実際に視覚障害のある方に色々お話を聞かせてもらった。
前回も今回も、その時のことを思い出しながら演出をしていた。

見えているからこそ、わかるものもあるし、
気になってしまうものがあるし、
見えていないからこそ、集中できることもあるし、
気になってしまうこともある。

そのバランス。
難しい。

見える人への朗読劇と、
見えない人への朗読劇は、
やっぱり微妙にアプローチが違う、と(ボクの中では)感じるのです。
それはどこがどうではなく、
差別というより、ホスピタリティ的な感覚に近くて…うまく言えないけど。

もっと考えなきゃ、と改めて思いました。
一山超えても、考えるのは終わらないし止まらない。


今回も頼れるメンバーのおかげで乗り越えられた。
感謝。
posted by 中神謙一 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月05日

ひとつ、ひとつ。

昨日。
変更などに頭を悩ましながら、稽古をクリアして。

今日。
準備していた企画が、まずはスタートしてほっとして。

明日。
朗読劇Helenの最終稽古。
前回の修正を踏まえて、最終の通しをする予定。


色んなことをやっていて、
中には思うようにいかなかったり、
進まなかったりして、
焦る時も苛立つ時もあるけれど、
良くも悪くも時間は止まらない。
ひとつ、ひとつをクリアしていくしかない、と思う。

明後日は本番です。

10:30と14:00の2回ステージ。
朝早い!!!
脚本・演出、そして出演もしております。
詳細はケイコバブログでチェックしてください。
http://stn-diary.sblo.jp/article/186843235.html
Helen再演フライヤー00.jpg
posted by 中神謙一 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月03日

夢。

順調だったりそうでなかったり、
慌ただしく過ごしています。
12月になってまだ3日。
師走になってまだ3日だというのに、
そこそこ走り回っている気がする。
このペースで月末まで(大晦日まで?)走ったら、
倒れてしまうんじゃないかと心配になります。


やることは盛りだくさんなんですが、
疲労困憊だったので早く布団に潜り込んだ昨夜。

ボクがNHKホールでリハーサルをみていると、
泉谷しげるさんがやってきて、おう!と隣にすわり、
ボクの知人の「○○と結婚することになってよ」と言ってくる夢を見た。

へえ、それはそれは。

そしてその後、SNS上だけでの知り合いだった方のお葬式の為、
関東の郊外地に行く夢を見た。

ホテルにチェックインして地図を見ると、近くに大きな商業施設があるようだ。
ナビをみながらあるいていく。
とても立派な杉の木並び生えている場所を通りかかる。
余りに立派で、密集していて、奥が見えないほどだ。
何とか写真に撮ろうとするが、スケール感がおかしくなってあきらめる。
歩き続けると、まるでヒーローものの爆破シーンに使うような、
採石場のような場所にたどり着いた。
長いエスカレーターにのって小高い場所に上ると、
とても見晴らしが良い場所にでる。
モノレールのような線路と、小さなバス停があり、
そこには「星見の丘ステーション」と書いてある。

不思議なことに駅らしき建物は見当たらない。

バス停のベンチの上には、透明なアクリルの大きな屋根が広がっていて、
確かに星がよく見えそうな場所だなと思う。

モノレールらしき線路を見上げながらあるいていくと、
上野のアメ横みたいな通りにでる。
そこを抜けていくと、今度は芦屋の住宅街みたいな、
閑静な住宅街にでる。

その中に、突然、様々な造形物が展示された庭が現れる。
ライオン、孔雀、恐竜、ワニ、そういう造形物が並んでいる。
どうやらそういうオブジェ制作のスタジオのようだ。
何でできているんだろう?FRP?と近くによってみる。
とてもよくできていて、ライオンなどは規則正しく首を動かし、時折空に向かって吼える。

ボクは写真をとりながらそのライオンや、ワニを見物する。
そうしていると・・・


という夢をみたのです。
この後もあるんだけど、長くなるので止める。
つまりね、起きたときに色々なものが頭に残っていて
(それも寝る前にはなかったものが)全然眠った気がしない、ということなんです。
身体は休息とれてるんだと信じたい。
posted by 中神謙一 at 13:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月28日

べんきょう。

あれもこれもと思いながら、中々実行できずにいたいくつかのこと。
その一つを、ようやく勉強中。
それほど大したことではなくて、でも勉強しなきゃなーと考えていことを手探りで。


新しいことを勉強するのはキライじゃない。
(嫌になったりもするけど)
特に、できなかったことができるようになるのは楽しいし、
イメージを形にできたときは「お!」とテンションがあがったりもする。
すぐに落ちるけど。


勉強、といえば。
ヘレン・ケラーは口話法という技術を学び、
声を発することができるようになって、肉声で講演を行った。
(来日した際は、ラジオで講演も行っている。)

さらに、より多くの人たちに自分の言葉を伝えるためにと、
声楽の先生に発声方法を学び、生涯練習を続けたらしい。

すごい。

いや、別に自分をそこに並べるようなわけじゃないんですが。


そんなヘレン・ケラーの波乱に満ちた生涯を描いた朗読劇。
脚本・演出、そして出演もしております。
本番は12/7(土)の一日だけ。
詳細はケイコバブログでチェックしてください。
http://stn-diary.sblo.jp/article/186843235.html
Helen再演フライヤー00.jpg

あ、まだちゃんと禁酒週間中です。
posted by 中神謙一 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月25日

今週は。

お酒が好きで、ほぼ毎日飲んでいる。
でも、今週はお酒を断ってみようと思っている。
(昨夜は稽古終わり、皆で楽しく飲んじゃったけども)

特別体調が悪いとかってわけでもなく、
ちょっとやることが詰まっているので、
お酒を控えてそっちに集中してみようかと思い立ったのです。

運動もしよう、
勉強もしよう、
本も書こう、
絵も描こう。

そんなあれこれがたまってきている。

なんといっても、稽古も追い込み時期だ。

今日は月曜日。
土曜日までお酒を飲まずに、やるべきことをやってみることにする。
なんで1週間(日曜まで)じゃないかといえば、
日曜日はまたHelenの稽古があるからです。
稽古終わりには、みんなでワイワイ飲んじゃうから。
その程度の緩い禁酒期間。

なので、今週は飲みに誘わないでください。
誘惑に弱いので。



こちら、12月7日(土)本番。
Helen再演フライヤー00.jpg
脚本・演出、そして出演もしております。
詳細はケイコバブログでチェックしてください。
http://stn-diary.sblo.jp/article/186843235.html
posted by 中神謙一 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月22日

リテイク。

「あ、面白いんじゃない?」って思いついて、
ノリノリで書いた場面のリテイクが出た。


くそう。

って思いながら、どうしようかって考えながらまた本を書いています。
posted by 中神謙一 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月18日

インプット、アウトプット

色々展示会を見てきた。
新しい技術、マニアックな趣味に特化した展示、
デザイナーたちのフェス、
こだわりのショップ、新しいコンセプトでオープンしたお店、
コアな同好の士が集う店、とか。

たくさんのインプット。
とにかくこの数日はたくさん歩いた。
歩いて歩いて…歩き疲れた。

反省としては、スケジュールを詰め込み過ぎたこと。
昼食をとることもままならないスケジュールで、
毎日クタクタになっていた。

もう少しゆとりをもっていたら、
美術館とかにもよれたのに、と思う。
まあ仕方ないのだけど。

たくさんのインプットが、
自分の中でどんな形になるのかはまだハッキリしていないけど、
それが「ある」ことは確かで、
必ずアウトプットにつながる確信はあるのだ。

インプットとアウトプットのスピードでをあげる。
これがここ最近の目標。

年末年始はアウトプットを進めていく予定。
posted by 中神謙一 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月14日

昨日、今日。

昨日は会議に出席して、
打ち合わせして、
児童劇団では新しい台本での稽古を始めて、
また打合せして。

今日は朝から東京に。
企画ものの台本みたいなのを書いて、
そして企画展やら展示会をみていた。

インプットとアウトプットのスピードをあげる。
今意識してること。

今はホテルで、今日のインプットをまとめている。
色々なパンフレットを読み返し、思い出している。

朝からノンストップだったので結構くたくた。
でも、その分色々面白いものが見れたと思う。
ただ、適当に予約したホテルが結構不便な場所にある。
日曜まではここで。

明日も色々。
posted by 中神謙一 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月11日

腕時計。

普段、腕時計をしていないのだけど、
ここ最近、この時計を使っている。
B8BA773B-1714-454F-82B0-8CCF04827DFB.jpg
個人的には懐中時計が好きなんだけれど、
あまり仕事使いする事が無い。
仕事している時、その場所には大抵時計がある。
けれど、今この時計を使っている。

スマホと連動する、いわゆるスマートウォッチというやつです。
心拍数とか血圧とか日々の歩数とか血液酸素量とか、
そんなのも測定してくれる。
それは正直どうでもいいんだけれど、
LINEやメールが来たらかすかな振動で知らせてくれる。
あと、タイマーをセットしておくと、振動で時間を知らせてくれる。
この2点を求めて使用中です。

ちなみにベルトは付け替えました。

打合せや会議に出てて、その間も連絡が入ったりするのだけれど、
基本的にボクのスマホは音もバイブもOFFにしているので、
画面が見えないところにあるとまったく通知が分からない。

打合せの最中にピロピロ音がなるのも、
ブインブイン振動音がするのも気になるし。
でも、待っている知らせっていうものもあるし。
あと、講演とか発表みたいなこと、MCとかをしていると、
残り時間が分からないと不便だったりする。
だから残り10分、とかで自分だけにわかる合図があるのはとても便利なんです。

指輪もネックレスも、とにかく身に着けるものが重たく感じて――
とくに、左右どちらかだけにつけるのが――苦手なボクですが、
現在、利便性を求めて腕時計生活を送っています。
果たしていつまで続きますか。
posted by 中神謙一 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月07日

明日から。

昨日の稽古でチーム別の発表を観て、
ちょっとだけ演出を加えて、
さらにその反応を見て。


これも前回のブログに書いたNHK大阪児童劇団の話。


さて、今日は昨日見たこどもたちの芝居や反応を思い返し、
昨夜打合せしたこととも含めながら、
頭の中のふわっとした物語のイメージと掛け合わせてみる日。

どんなのにしようかな、と考えて、
タイトル案をいくつか。
さて、どれにしよう。

明日から書き始める。
posted by 中神謙一 at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年11月04日

執筆前。

今週、チームごとの発表を行う。
次週から、来年のトライアル公演に向けての稽古を開始する。
なので、それ用の台本を書かねばならない。

NHK大阪児童劇団の話である。

今は「妖精チャックと迷子の太陽」という、
昔、枚方の子供芸術支援事業としてつくったお話。
その冒頭のあたりを抜き出して、AチームとBチームとに分かれて稽古している。
このお話はファンタジーだし、こどもしか出ない(年齢もバラバラ)から、
比較的やりやすいと思う。

ただ、キャラクターを表現する工夫が色々必要になる。
そこが難しい。


で。

今週の稽古でチーム別の発表会、というかお披露目をして、
翌週からトライアル公演にむけて本格始動する。
なのでそれまでに本を書かなくてはいけない。
でも、発表会はひとつのオーディションでもあるから、
それを見てからじゃないと本は書けない。というか、書かない。

だから今、どんな感じの話にしようかなーと、考えるくらいで、
頭の中のイメージは、とにかくふわっとしている。
執筆前はとても自由。
一番いい時間。

水曜の発表がいいものになれば、本もきっとすいすい書ける。
逆だと…まぁ、うん、苦労するかもしれない。
さてさて、どうなりますか。
楽しみ。
posted by 中神謙一 at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月31日

時間の使い方

最近時間をうまく使えていない、と思う。
舞台を見る、という時間もうまく調整できずにもいる。

JOKERも観に行きたいのだけど、まだ行けていない。
なので(?)アマゾンプライムでダーク・ナイトと、
バットマンビギンズと、
ダークナイトライジングを順番に観ていってる。

先日朗読劇Helen、再演にむけての稽古が始まり、
昨日はNHK大阪児童劇団の稽古があり、
(こちらは3月のトライアル公演への台本をそろそろ書き出さなきゃいけない。)
来年1月から12月まで一年間の企画もののアイデアをまとめ、
明日からはデザインもののの企画が動き出す。

そうそう、先日、「渇き。」も観ました。
役所さんはすごいなぁ。

なんだかとてもバタバタしていて、気が付けば年が明けているんじゃないかと懸念している。

それぞれ個別のプロジェクトで、
バラバラの進行スケジュールが組まれているものを、
一旦まとめて計画的に進められるようにしようと考えている。

あ、サイコパス3とバビロンもみなきゃ。
Dr.STONEも。
ゆれる人魚もまだ観てない。

新しく勉強しようと思っているいくつかのことも調べなきゃ。
勉強するための時間をスケジュールにいれなくちゃ。

とにかく時間の使い方が下手なんだよね。
それでも昨日の稽古のチェックブログは更新したし、午前中の進行は悪くない。
このまま午後もうまく進められますように、と願いながら、お昼を食べて昼寝する。

そんな10月最終日。
ああ、そうだ。ハロウィンメニューでラムを焼こうと思っていたのに、注文するのを忘れている。
やれやれ。

あ、皆さまハッピーハロウィンです。
posted by 中神謙一 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月28日

テノヒラに万博!

なんか合言葉みたいになったけれど。
先週はテノヒラサイズさんと、
万博設計さんを観劇してまいりました。
37632295-EBA5-4CE6-969F-DA0BE8DF3362.jpg
全然テイストの違う舞台。
描かれているものも全然違う。
でも、偶然だけど、どちらも、普通の人たちが普通でなくなっていく物語だった。
そしてこれもすごい偶然だけど、どちらの舞台にも「パンツ一丁」の男が出てきた。

さて。
それぞれの舞台に立っていた人たちと、
今日から朗読劇Helenの稽古が開始です。

こちらにはパンツ一丁の男はでてきません。
たぶん。

ケイコバブログも始まるよ。
そっちも見てね。
http://stn-diary.sblo.jp/
posted by 中神謙一 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月24日

汗にとける。

思い立って岩盤浴に行き、
横になって汗をかく。

考えなきゃいけないことが沢山あって、
考えながら書き、描き、組み立て…ということが続いていて、
それはそれでいいのだけど、
なんかちょっと立ち止まろう、と思って、
強制的に机の前から離れてみたわけです。

水分をとり、うつ伏せに寝て、仰向けに寝て、汗をかき、
違う部屋に移動してまた汗をかき…

汗をかきながら、頭の中で〆切とか、
段取りとか、イメージとか、打ち合わせた内容とか予定を考える。
考えながら次第に眠くなる。
色んなイメージが、汗をかきながら溶け崩れる雪だるまのようになっていく。
まあいいや、と考えるのをやめる。


何人かに「デトックス効果抜群!」「リフレッシュできるよ!」「すっきりするよ!」とおすすめされてはいるんですが、どうなんでしょう。
あまり実感ないんだけど、きっと体にいいんだろうな。
普段汗をかかないような生活なので、気持ちいいっちゃあいいんだけど。
posted by 中神謙一 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月21日

会。

昨日は宴の会でした。
枚方で、こどもミュージカルを担当させていただいていた時の、講師たち。
それこそ2014年までは毎夏、苦楽を―おもに苦を―ともにしてきたメンバー。
今もその時のライングループが生きていて、
時折そこで互いの活動告知やらもお知らせしたり、
共通の知人の話題なんかが流れたりもする。
そんな風に、ずっと交流はありますが、皆忙しくて中々集まるっていうのは難しい。

そんな面々のスケジュールが合致して、
久々の会合。
時間がたって変わったことや、
時間がたったけど変わらないこととか。
色んな事を話し、そしてまたね、と別れた。


今週は色んな人と会う予定の週。
慌ただしいインプットの週の始まりはじまり。
posted by 中神謙一 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月17日

今回は。

また色々と始まったりしていますが、朗読劇Helenの再演にむけても準備中。
稽古は月末からだけど、その稽古が始まるまでに色々事前の準備を。

自分が主催するイベントや公演とは違うことので、
制作的なことは任せていられるので、
内容というか、演出的なことを。

前回の上演とは少し違うことをやりたい。
でも様々な部分でできる条件は限られている。
今、その為のイメージをあれこれと出している。
脳みその中にある漠然としたイメージを、
具体的に目に見えるものにしていく。
その上で、どうするかを考えていく。

イメージしている時が、一番自由で一番楽しいんだよな。
さて、今回は。

今、その思い付きを絵で描いている、
油絵っぽいもの、色鉛筆のもの、水彩画のもの、モノトーンのもの。
色々なイメージを絵にしてみている。
何のために――っていうのは、実際に試してみないとうまくいえないんだけど、
勿論、今回の再演にむけて。
posted by 中神謙一 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

月曜日、曇り。

土曜日は台風で家にこもり、
ゆっくりしたり、
仕事したり、
パンケーキを焼いたりしていた。

日曜日、大阪は快晴になったけれど、
観たいと思った舞台のチケットはキャンセル待ちになり、
結果台風の被害にあっている地域のニュースをみたり、
アマゾンプライムで映画をみたり、
またまた仕事をしたりしながら過ごした。

月曜日。
体育の日。
三連休の最終日。
昨日から一転、曇り空の大阪。
夕方からの某ミーティングに呼ばれている。
それまでは水曜日の〆切準備を進める予定。

なんというか、うまく言えないんだけど、
この土日、誰とも会わず、家からも出ずにこもっていたうちに、
色々なイメージの断片や言葉、詩情が頭の中、胸の中に生まれ、湧いて、漂っている。
渦巻くでもなく、浮かんでのちに消えるでもなく、漂っている。
それを金魚すくいするときみたいに、慎重に、掬い上げる時間がいる、と思う。

今夜はそれに時間をあてよう。
posted by 中神謙一 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月10日

秋晴れ

20191010.jpg
空には雲一つない。
日差しは強いけれど柔らかい。
神様が手抜きして塗ったような、一色の青だ。

でも台風が近づいている。
TVでは今日の内に備えを、と言っていた。
こんないい天気を、そんなことで使いたくないという気持ちと、
こんないい天気でよかった、という気持ちの両方が浮かぶ。

どうか被害が最小でありますように、と願う。
posted by 中神謙一 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月07日

プロセス。

打合せしてざっくり予定をたててみた。
来年3月までの、児童劇団でのスケジュール。

10月はこれをして、
11月はこんなことをして、
という感じで本番までの流れ、
本番へのプロセスを考える。

小学2年生から高校2年生までのメンバーで、
トライアルにむけてどんなステージにするか。

いくつかイメージがある。

それをやるために、まずは
10月にテキストで朗読の場面作りを、
11月にチームわけで場面作りを、
12月からはトライアル用のテキストで稽古を開始して、
3月の本番へ。

トライアル本番は3月、とはいえ稽古の日数は多くない。
今回はそのプロセスを意識してつくる。
S__45252627.jpg
posted by 中神謙一 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月04日

新しいスタート、その2。

12月に再演する、朗読劇Helenの会場下見。
前回は大阪中央公会堂、今回はこちら、玉水記念館。
86A58FA7-CFBE-498A-91A6-7468D45CAF69.jpg
今回もいわゆる劇場ではないし、朗読劇だから当たり前だけど、
いつもの舞台公演とは違うわけで。
どんな風にお客様が座られるのか、当日の座席の配置や、
アクティングの確認をする。

今回はこの場所でどんな風にしようかと色々考える。
本番は12/7(土)です。
posted by 中神謙一 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記