2019年10月17日

今回は。

また色々と始まったりしていますが、朗読劇Helenの再演にむけても準備中。
稽古は月末からだけど、その稽古が始まるまでに色々事前の準備を。

自分が主催するイベントや公演とは違うことので、
制作的なことは任せていられるので、
内容というか、演出的なことを。

前回の上演とは少し違うことをやりたい。
でも様々な部分でできる条件は限られている。
今、その為のイメージをあれこれと出している。
脳みその中にある漠然としたイメージを、
具体的に目に見えるものにしていく。
その上で、どうするかを考えていく。

イメージしている時が、一番自由で一番楽しいんだよな。
さて、今回は。

今、その思い付きを絵で描いている、
油絵っぽいもの、色鉛筆のもの、水彩画のもの、モノトーンのもの。
色々なイメージを絵にしてみている。
何のために――っていうのは、実際に試してみないとうまくいえないんだけど、
勿論、今回の再演にむけて。
posted by 中神謙一 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

月曜日、曇り。

土曜日は台風で家にこもり、
ゆっくりしたり、
仕事したり、
パンケーキを焼いたりしていた。

日曜日、大阪は快晴になったけれど、
観たいと思った舞台のチケットはキャンセル待ちになり、
結果台風の被害にあっている地域のニュースをみたり、
アマゾンプライムで映画をみたり、
またまた仕事をしたりしながら過ごした。

月曜日。
体育の日。
三連休の最終日。
昨日から一転、曇り空の大阪。
夕方からの某ミーティングに呼ばれている。
それまでは水曜日の〆切準備を進める予定。

なんというか、うまく言えないんだけど、
この土日、誰とも会わず、家からも出ずにこもっていたうちに、
色々なイメージの断片や言葉、詩情が頭の中、胸の中に生まれ、湧いて、漂っている。
渦巻くでもなく、浮かんでのちに消えるでもなく、漂っている。
それを金魚すくいするときみたいに、慎重に、掬い上げる時間がいる、と思う。

今夜はそれに時間をあてよう。
posted by 中神謙一 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月10日

秋晴れ

20191010.jpg
空には雲一つない。
日差しは強いけれど柔らかい。
神様が手抜きして塗ったような、一色の青だ。

でも台風が近づいている。
TVでは今日の内に備えを、と言っていた。
こんないい天気を、そんなことで使いたくないという気持ちと、
こんないい天気でよかった、という気持ちの両方が浮かぶ。

どうか被害が最小でありますように、と願う。
posted by 中神謙一 at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月07日

プロセス。

打合せしてざっくり予定をたててみた。
来年3月までの、児童劇団でのスケジュール。

10月はこれをして、
11月はこんなことをして、
という感じで本番までの流れ、
本番へのプロセスを考える。

小学2年生から高校2年生までのメンバーで、
トライアルにむけてどんなステージにするか。

いくつかイメージがある。

それをやるために、まずは
10月にテキストで朗読の場面作りを、
11月にチームわけで場面作りを、
12月からはトライアル用のテキストで稽古を開始して、
3月の本番へ。

トライアル本番は3月、とはいえ稽古の日数は多くない。
今回はそのプロセスを意識してつくる。
S__45252627.jpg
posted by 中神謙一 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月04日

新しいスタート、その2。

12月に再演する、朗読劇Helenの会場下見。
前回は大阪中央公会堂、今回はこちら、玉水記念館。
86A58FA7-CFBE-498A-91A6-7468D45CAF69.jpg
今回もいわゆる劇場ではないし、朗読劇だから当たり前だけど、
いつもの舞台公演とは違うわけで。
どんな風にお客様が座られるのか、当日の座席の配置や、
アクティングの確認をする。

今回はこの場所でどんな風にしようかと色々考える。
本番は12/7(土)です。
posted by 中神謙一 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月30日

新しいスタート。

スタート、という言葉には、
新しい何かを始めるような印象がある。
始まり。

今週から、NHK大阪児童劇団での、新しいクラスが始まる。
8月に公演したメンバーとはまた違う(同じメンバーもいるけど)構成で始まる。
まずはこのメンバーでトライアル公演を目指すことになるのか。

いわゆる基礎練習を教えるクラスではないので、
(ボクはそういうことが教えられないので)
まずはメンバーの適性や個性を踏まえて、
この座組の為の本を考えることになるだろう。

と、いうことで、稽古の大まかなスケジュールや内容の打合せをしました。
最初の稽古ではウォームアップ的なことを重点的にやってみるつもり。
新しい座組が始まるよ。
posted by 中神謙一 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月27日

じわじわくる。

歩いていて、目に付いたもの。
なんかじわじわくるものってある。
看板01.jpg
こういうのとか。
看板02.jpg
こういうのとか。

後になって、何が面白いんだろうって考えたりする。
本来の狙いとは違う部分が面白いんだろう。

昨日は買い物にでかけ、
沢山の人と行き帰りに沢山太陽の光をあびて、
くたくたになってしまった。

それでも沢山のプライスカードや、
いろんな商品を見るのは面白い。

時々、意味が分からないようなPOPがついていたりしてね。
posted by 中神謙一 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月23日

あと100日。

今日で2019年も残すところあと100日、らしい。
そういわれるとなんだかキリがいい。

2019年のうちに――今考えているもの、手を付け始めているもの、その内のあといくつをカタチにできるだろう。
100という数字が大きいのか小さいのか、
なんだかピンとこないけれど、あと100日。

そうやって考えてみると、やろうと思いながら、手もつけれていないことが結構あるなぁ。

今日は12月の上演にむけて準備中の、朗読劇Helen関連のあれこれなど。
来月から稽古開始。
スケジュールを見ていると、来月から開始が4つある。
それぞれのカウントダウンを意識して、無駄のない100日にしたい、と思う。

posted by 中神謙一 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月19日

回遊

ふらふらと回遊している。
何度目かの曲がり角。
知らない街を歩くのは楽しい。
そこにいるのにいないような感覚。

ぶらぶらと歩きながら、
今、例えばどこかで何か事件が起きて、ボクが容疑者になったとしたら
誰がボクがその時間はこの道を歩いていたと、後日証明してくれるだろう?
そんなことを考える。
69317703-2CD3-43D1-8359-2B50D76D27D1.jpeg
もともとはラテン語の他の場所を指すalius ibiからきている言葉、アリバイ。
その時、私はどこどこにいました、誰々が証人です…ミステリーではよくあるやり取り。
意味は同じようなものだけど、本来の意味は「現場不在証明」のこと。
つまり、その時、そこにいなかったということ。
(現場に)不在の証明と、(他所に)存在の証明。
求める意味は同じようなものだけど、正確には違う。
そんなことを考えながら街をあるく。
posted by 中神謙一 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月16日

はじめまして。

昨日はNHK大阪児童劇団のレッスン…?レッスンのようなものだった。
先月公演した「Flower」という舞台は、公演クラス、という公演に出演するメンバーだけで構成されたクラスだったので、NHK大阪児童劇団にはボクが会ったことの無いこどもたち(劇団員)がいたのです。
3月にあったトライアル公演で観たことはあったけれど、
会ったことのないこどもたち、そして新入団してきたこどもたちのクラスで、
レッスンという形でこどもたちにあってきました。

はじめましてのこどもたち。

ほとんどがFlowerを観てくれていたので、
台本を一部抜粋アレンジして、場面をつくってみたりした。
テキスト.jpg

研修生のクラス、
Aクラス、
Bクラス。
それぞれいろんなこどもたちと、はじめましてだった。

ボクはいわゆる指導者ではないし、
何かを教えるわけではない(演出だから)ので、その点を最初に説明した。
ボクの言うことが他の先生方の言うことと違っても、気にすんな、みたいなこと。
(もっと丁寧に話したけど)
監督、演出によって言うこと(オーダー)なんてバラバラだもんね。
でも、そのいろんなオーダーを受け止めるためには基礎がいる。

こどもたちを見ていて、基礎ってやっぱり大事だなって思った日だった。
発声の基礎、
身体の基礎、
心の基礎。
どれも大切だと思う。
ボクみたいに、何の基礎もないままに走り出した人間には、猶更それを感じるのかもしれない。

それにしてもたくさんの人に会う、というのはそれなりに力を使う。
なかなかの疲労感でした。
このはじめまして、が、新しい始まりになればいいけどな。
posted by 中神謙一 at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月12日

秋めく。

と、いうほどではないかもしれないけれど、
今朝は日差しが柔らかかった。

昨日までがガンガンに夏模様だったせいもあるけれど、
次第に秋めいて…なんて思わず、
今朝は「あれ、秋来た?」って感じだった。

光も風も、そしてもちろん温度も違う。
秋は好きです。
冬も好きです。
夏のアウトドアは嫌だけど、秋のそれには憧れたりする。
天気のいい、気持ちのいい午後に、緑の多いところでピクニックしたりしたい。
わいわいとみんなでやるのも楽しいだろうけど、
少人数で、ひっそりと、ぼんやりしたい。

どっかいいとこあるかな。


そうそう、先日、キャンプなんかで使う折り畳み式のベッドを買ったんです。
ベンチ代わりにもなる。
主に仕事中、昼寝する用だけど。
外で使う予定はないけれど。
S__44990467_0.jpg
posted by 中神謙一 at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月09日

日曜の午後のこと。

暑いのが苦手で、太陽の光も苦手で。
苦手のオンパレードみたいな夏がようやく終わりかけ、
という時期に暑さがもどってきた。

昨日、午前中から外を歩き回っていたせいか、
夕方帰宅したころにはぐったりと疲れていた。
瞼を閉じると、瞳の奥にちかちかとした日差しの欠片がささっているような痛みがある。
湿度や温度のもたらす暑さも得意ではないけれど、
どうにもボクはあの日差しの暑さが苦手で、
肌がピリピリして、チリチリと焼けていくような感覚がある。

ソファーに横になり、保冷剤をタオルでくるんでアイマスクみたいにして、
ちびちびと冷たいワインを飲みながら、明かりを消した部屋でぐったりとする。
窓からは風がはいってくる。
さほど蒸し暑い感じもしない。
外の暑さの名残は肌と、瞼の奥にしか感じない、なんだか不思議な午後。

ボクはいつの間にかそのままうとうとして、目を覚ました時にはすっかり夜だった。
なんだかとても体力を消耗した感覚。
まだ回復できていない。
日差しに焼かれ、命からがら棺に逃げ込んだ吸血鬼ってこんなだろうかと考える。
回復するのには幾日かの夜が必要だ。
posted by 中神謙一 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月05日

方言。

名古屋にて。
何人か会って、話してをしていても、
それほど名古屋弁、みたいな感じはない。
こういう感じは今のところない。
hougen.jpg

まぁ、お互いに仕事の話をしているし、
ボク自身が、さほどフランクに人と話すほうでもないから、
当たり前といえば当たり前なんだけど。

でも、方言って薄れている印象があるんですよね、一般的にも。
みんな、テレビで見たような、いわゆる標準語風な喋り方が多いなあと感じることが多い。

「おもしろいお店がありますよ」と教えてもらって、
大須の商店街の中にあるというお店を見に行った。
(でも、教えてもらったところに行ったら、その店は見事に潰れていた。)

ボクは知らない街を歩くのが好きなので、
そのまま商店街をぐるぐると歩き回っていたのだけど、
ある古着屋さんの店先で、高校生くらいの女の子が、
男の子に服の話しをしていて、その時に方言で話していたのが聞こえた。

テンション高く、自分の好きなブランドの服の、
どのカラーが「でらかわええ」のかを力説していて、
なんだかそれがとても生き生きしてて、かわいく思えた。

昔、方言女子ってTV番組あった(ような気がする)な。
ああいうの作るの楽しそうだなって思う。
作りたい。
posted by 中神謙一 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月02日

9月の始まり。

2019年はただでさえ色々な「初めて」があるけれど、
9月はその新しい初めての始まりだったりする。

新しい、初めての、始まり。

なんだかよくわからない文章になっているけど、
まあ、そんな感じ。

9/1には、NHK児童劇団で上演したFlowerという舞台の、
定点動画を出演者たちに見せながらダメ出しをした。
普段、演者に自分の芝居を動画でチェックさせるのはキライなんだけど。
考えたらそんなことをしたのも初めてだった。

枚方では、公演のその日がそのまま解団の日だったから。

こういう反省会は以前からずっとやるべきだと思っていたので
今回できてよかったと思っている。

引きの定点で、細かな部分は見えないんだけど、
つまり後方のお客様にはそれくらいでしか見えていないんだよ、ということ。
そういうことを実感してほしいと思っていた。
劇場のサイズを体感するというのは、とても大切だと思う。

自分の中では出来たつもりになっていたこともあったろうし、
その逆もあっただろうから、
編集されていない素の動画で、自分の芝居を確認して、
それを活かしてほしいなあ。
終った舞台こそ、次に活かすべきものなのだ。

閑話休題。

さて、始まったばかりの9月。
すでに予定はおかしなことになっている9月。
新しい、初めての、始まりの9月。
頑張っていこう。
posted by 中神謙一 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月29日

スキキライ。

これは好き、
これは嫌い。

右の箱に好きを。
左の箱に嫌いをわけていく。

小さい時に、そんな風に「何か」を振り分けることがあった。
それはおもちゃだったり、色鉛筆だったり、色々だった。
大きくなって、心の中でそれを行うようになった。

これはスキ、
これはキライ。

人だったり、出来事だったり。

キライよりはスキが多い毎日に越したことはないだろう。
キライがたくさんたまった箱は、定期的に捨ててしまえばいいだろう。
でも、ある時期くらいから、
右の箱にも左の箱にも、たいして入れるものがなくなった。
特に左の箱に。

これはこれで微妙な感じがする。
右の箱にはずっと同じものが入っているんだけれど。
posted by 中神謙一 at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月26日

目標。

8月の最終週がはじまる。

8月の目標はFlower再演の成功だった。
目標は果たせたんだろうかって考える。
成功の基準っていうのもあるけれど。

それこそ、それはクライアントである児童劇団と、そして観客の声を聴かなくてはいけないと思う。

公演を終えて、新しい発見もあったし、課題も見つかった(ぼろぼろと見つかった)。
いくつか思うところ、考えるべき点もあったし、
もちろん自分自身の反省もたくさんある。
そして新しい目標、というか「これはこうしたい」ってことも決まった。

忘れないように。

公演が終わって、ちょっと手が空く――間もなく、
9月にむけての打合せ各種。
10月からYWAWも始まる。
2020年をすっとばして、2021年の予定なんかも話に上がる。

新しく、9月の目標をまた決めておかないと。
posted by 中神謙一 at 11:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月22日

ボクらが内包する期限付きの可能性について。

枚方でこどもミュージカルを担当していた時にも言っていた。
今年、久しぶり(5年ぶり)にこどもたちに接した時も、同じことを言った。

可能性は無限でも、時間は有限であるということ。

これはこどもたちだけでなく、大人であるボクたちも(あるいはボクたちこそ)肝に銘じておかねばと思っていることです。
何かを始めるのに遅すぎるなんてことはない、というのも一つの真実だと思う。
けれど目指すゴールや、届こうと手を伸ばす高さ、
読み解かねばならない物語、etcetc
そこに必要な時間というものは、やはりある。


ボクらが内包する無限は有限だ。
posted by 中神謙一 at 18:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月19日

ありがとう。

ありがとう ありがとう 心からそう思うよ

どうしてこの歌を書いたときに、その詩が出てきたのかはもう憶えていないけど
Flowerという歌は、そんなフレーズではじまる。

誰かの存在や言葉が、枯れない花のように自分の中に咲いている、
そういうことってないですか?
それがあるから、自分に自信が持てたり、踏ん張れたりする、そういうの。

この歌では、後から気が付く気持ちを書いた。
振り返って、今、改めてその気持ちに気づく、そんなありがとうの歌。
そして約束の歌。


NHK大阪児童劇団2019年特別公演「Flower」、無事に公演終了いたしました。

観に来てくれた皆様、
応援してくれた皆様、
ありがとうございました。

出演者、そしてスタッフ各セクション。
すべてに心からの感謝を。
posted by 中神謙一 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月14日

もうひとつの。

2014年に上演した際は、きっともう2度とやることはないのだろうな、と思っていた。
その本が再演の機会を得たことはとてもうれしい。
けれど改めて本を読み、歌を聞き、キャスティングと照らし合わせていくと、
色々な変更が出てくる。
変えよう、と思う部分がみつかる。

それは稽古が始まる前にわかっていたこともあるし、
稽古を進めていく上で見えてきたものもあるし、色々だ。
今回、初めての劇場で、初めてのスタッフもたくさんいる中でつくっていく舞台。
勝手の違い、みたいなものもある。
その中で、ボクはこの「Flower」という舞台を、
2014年に枚方で作ったときのイメージを引きずるんじゃなく、
でも、意識的に違うものにするわけでもなく、
もうひとつの「Flower」にしたいと思っていた。

これはもう枚方の町のお話ではないけれど、
それでも、どこかの町に暮らすこどもたちの、
友達たちとの夏休みを描いた、
もうひとつの「Flower」という物語だと。
それこそ2014年にこの舞台を枚方で観た人たちにも観てほしいと思う。
もちろん、観たことのない人にも観てほしいと思う。
きっと、どこの町にもある物語だと思うんだ。



posted by 中神謙一 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月12日

ひまわり、その3

ひまわりを描きました。
こないだのは、なんかタンポポみたいだったので。
himawari.jpg
夏の花といえばひまわり。
夏の花といえば花火。
安直ですね。
でもいい本になっています。
自画自賛しちゃう。

今週末、本番です。
どんな花が咲きますか…こうご期待。

=========
NHK大阪児童劇団2019年特別公演「Flower」
日時:2019年8月17日(土)14:00〜/17:30〜
会場:NHK大阪ホール
料金:3,000円(自由席)
お求めは https://eplus.jp/sf/detail/3018420001
2019NHK-A4-2-omote-ol.jpg
posted by 中神謙一 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記