2018年02月22日

積み重ねる、こと。

2018-02-21 14.16.50.jpg
あれもやりたい、これもやりたい。
そんな色々を積み重ねると、どうも形がいびつになっていく。
それはボクの中に一貫性がないせいなのか、と思っていたのだけど、
どうやらそういうわけでもないらしい。

バラバラに感じていたことも、
結局繋がったりくっついたりして、
新しい物を支えてたりする。

身体を動かして発見することもあれば、
心を動かして見つけられたこともある。

気がつけば、それらはまたひと塊になって
新しいカタチになっている。
posted by 中神謙一 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月21日

おもしろいこと。

おもしろいこと、あった?

そんな風に、よく人に聞く。
これには3つ理由があって、

@面白いことを聞いて笑いたい、楽しみたい。
A好きな人だから、その人のことを知りたい。
B退屈だから、考えることを楽しむネタが欲しい。

というのがあります。
大抵はBです。
ここでBのことを少し。

「おもしろいこと、あった?」と聞くと、
ちょっと考えて、実は先日…とか、この間ね…とか話してくれる人もいる。
けれどそういう話のほとんどは、実際のところ当事者じゃなければそんなに面白いことではなかったりする。
聞いておいてなんなんだけど。

でも、その時その人が「おもしろい」と思ったということ。
その何に対してそう思ったのか、感じたのかってことを考えてみたりする。
これがB、です。

ボクはそういうのが、結構好きである。
そういう人の心の動きを考えるのが好きなんです。
結局理解できなかったりします(大抵出来ない)が、
それはそれで仕方ない。
考えることが楽しいのだ。
2018-02-21 14.15.41.jpg


余談なんですけど。
本当に@の大笑いするぐらい面白い話なんて滅多に聞けないんですけど、
ボクの知人にエキセントリックなヤツがいて、その人のコイバナは相当面白かった。
ぶっ飛んでるし、狂ってるし、
表現のセンスもとんがってて、
少年時代に毎週心待ちにしていたジャンプのような気持ちで、
ボクは彼女の話を毎週聞きに行ったものだ。
(仕事で会う時に聞いてた)
そういうネタにあたると、本当にラッキーだなぁって思うんだけど。
posted by 中神謙一 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月20日

お試しのこと。

IMG_1055.jpg
直接芝居にどうこうというのではないけれど、
色々やっているお試しのこと。
そのひとつ。
イメージのすり合わせ。
イメージの具現化。
イメージを吐き出すこと。

難しいったらありゃしない。
ましてやそれを人様に見せられるものにするなんて。

だからお試し、してるんだけどね。

身体を動かす。思った通りに、動かす。
目標は誰かじゃなく、頭の中のイメージ。
posted by 中神謙一 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

延長線上のこと。

先日数年ぶりにあった人。

一軒目が焼き肉屋さんで、荷物やらコートやら、
丸ごとしまい込んじゃってたので写真もないんだけど、
2軒回って結局夕方から…2人で6時間近く飲んでいたのだと後で気づいた。
そんなに大したことを話してないはずなんだけどな。
何話してたっけな?

お互いに変わったような、
それでもやっぱり変わっていないような、
そんな何だか不思議な感じだった。

いや、変わっていないはずはないだろう、お互いに。
ただ、なんていうのか、延長線上にいた、というか。

繋がっているのだという、変な安堵というか、面白さ、みたいなものがあった。
そう、自分は自分と繋がっている。
罪も過ちも繋がっているし、だからこそ栄光や称賛もまた自分のもになるんだ、とか考えたり。
posted by 中神謙一 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月18日

妖精チャックのこと。

ずっとずっと前に書いた「妖精チャック」のお話。
ファイル 2018-02-18 22 41 46 (1).jpeg
迷子の太陽、という物語をコドモたちの舞台でやって、
星の舟、という物語をこどもミュージカルに出してこのブログでも掲載し、
http://kamigatari.sblo.jp/category/3887687-1.html
クリスマスプディングの物語と、
http://kamigatari.sblo.jp/category/4078892-1.html
お化けカボチャの物語を書いた。
http://kamigatari.sblo.jp/category/4291747-1.html

その妖精チャックの、まだ書いていないお話のことをふっと考えて、
何だか、会いたかった懐かしい人に会えたような、そんな気分。

タイトルは「妖精チャックと虹の花」
書こうと思った時に、タイミングが合わずに書けなかったお話。
雨上がりのひと時、空にかかる虹の根に咲く花のお話です。
posted by 中神謙一 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月17日

驚いたこと。

凄く長回しのアクションの動画を見て、
それは映画のワンシーンで主人公の主観映像なんだけど、
まあすごい。凄い。
おお!?ってなった。

演じ手の経験もある身としては、
これがどれくらい大変なことか!と思うし、
このクオリティがまたすごい!って思う。

色々映像の嘘や処理もあるのかもしれない。
ボクにはわからないけれど。
でも、演者たちが(もちろんスタッフワークも!)
すごいことに変わりはない。

外連味たっぷりなアクションも好きだけど、
こういうのも好きだ。
やはり見てておお!?ってなるもがアクションの凄さだなー!って思う。

驚くってことはいいことだ。
心が動いているってことだ。
動け動け。

posted by 中神謙一 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月16日

パラパラ漫画的なもののこと。

とあるイベントで、こういう出し物をしたいのだ、と相談を受けた。
イメージの参考はこれだ、と言われて、
ボクはよく知らなかったのでYouTubeでその動画を確認してみた。

いやいや無理だろう。

せっかくのお話だけど、無理なものは無理だ、と伝える。
その後、すこしやり取りが続いて、
もう少し具体的な内容を聞く。
イメージは雰囲気で、もっと簡略でいいんです。
なんていうんですか、コマ送り的な…
ははぁ、コマ送り的な…
そうパラパラ漫画みたいな感じ。

パラパラ漫画?

そんなところありましたか、あの動画に…。
と、いうわけで、もう一回打合せすることになった。


言葉って難しい。
ましてや動きや振りのイメージを共有するのに、文字だけじゃ難しいなって思う。
共有できるイメージ、ポイント、基点みたいなものがいる。
posted by 中神謙一 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

推敲のこと。

僧は推す、月下の門…
僧は敲く、月下の門…

はて、推すか敲くかどちらがいいか。
ある詩人が悩んでいたエピソード。

推敲という言葉の語源だったはず。

文章を書いていると、こういう引っ掛かるところっていうのがありますよね。
あるんですよ。
人から見たらどっちでもいいんじゃない?て感じだと思うんだけど、
書いている当人からすると、引っかかる。
そこで止まってしまう。
物語や文章のイメージ自体は先に先に進んでいくのに、
そのちょっとした言い回しが引っ掛かり、つまずいて進めない。

でも、ここが大事なところだって思うから、
何度も考える。

僧は推す、月下の門…
僧は敲く、月下の門…
推すか敲くか敲くか推すか。

ちょっとした言い回しで、悩んでたりする。
まだ時間はあるので、もう少し悩んでみようと思う。
posted by 中神謙一 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月14日

今日あったこと。

ファイブスター物語という漫画がありまして、
もう何年も何年も前から連載している漫画なんです。
ボクはそのデザインと時間軸―というか
設定が好きなんですが、その新刊が出たのです。
これ。
9C09156D-E4F3-4435-B3C0-65DEF18B913E.jpeg
昔映画にもなった。
「ラキシス!おいで!」というセリフ、憶えてる人はいないかしら。
なんだかやたらと記憶に残っているんだけれど。

ちょっと調べてみると、1986年から連載しているというから、
休載を挟みながら32年続いている作品だ。
物語はSFちっくな(作者いわく)おとぎ話。

―――と、いうその漫画の新刊を、今日本屋さんで買ったのです。

その時、そこには2冊平積みになっていて、
斜め前に本棚を見ている男性が立っていたので、
すみません、と声をかけてその本を手に取った。

すると、その男性は「お?」とつぶやいて、
残り一冊を手に取ったのだ。

そして「出てたんですね、気が付かなかった!何年ぶりでしょうねぇ!」とボクに笑いかけた。
彼は嬉しそうにその本を手に(他数冊の本とともに)レジへと向かっていった。
嬉しかったんだろうな、思わず同好の士、同志を見つけたみたいな気分も相まって。

それが何だか、とても素敵なことに思えたんです。

そんな風に「心待ちにされている」作品、それを生み出すことのできる人の凄さを、
見知らぬ人のそういうことで、とても感じたんです。

そんな風になりたいものだ。

読もう。
まず、前巻から時間たちすぎちゃって、
前の話を忘れちゃってるから
そっちを思い出さないとだけど。
posted by 中神謙一 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月13日

視線、視点、角度、のこと。

IMG_E0915.JPG
階段を上がっていく途中で見えた。
駅のホーム、その床面と同じくらいの視線。
向こう側から差し込んでくる光とか、
色んな物がちょっと見慣れない感じがした。

手前だけじゃなく、ずっと奥まで視線をのばしてみる。
いつもと違うもの、見過ごしてた部分に目を向けてみる。
足元だけでなく、ずっと上まで見上げてみる。

そういうことを面倒に思っちゃいけないな、と思った。
盛りだくさんな今週、まだ2日目。
十分疲れてるような気もするけど、新しい視線、視点、角度を忘れずに。
posted by 中神謙一 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月12日

新開地で気づいたこと。

行ったことは何度もあるけれど、
そんなに詳しくない街。
そういうところは(当たり前だろうけれど)沢山あって。

この街もそうだ。
このアーチもちゃんと見たことが無かったけれど、こんな形になっていたんだ。
シルエットが―――わかります?
shinkaichi01.jpg
帽子をかぶった人の形。
こちらで見るとわかりやすい。
ね、同じ。
shinkaichi02.jpg
こういうその場所の発見というか気づきというか、
そういうのを見るのが好きです。

人も場所も、出会いだな、とか考えたり。
posted by 中神謙一 at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月11日

儀式的なこと。

何かをする時に、いくつかの儀式的なことがある。
いわゆるルーティーンというやつ。
単なる気持ち的なものもあれば、
物理的な理由があるものもある。

文章を、よし、書くぞってなる時、
特に物語を書き出す時。
よくハンドクリームで指をほぐす。
言葉はいつも一瞬で流れて行ってしまうので、
取りこぼさないように、掬い損ねないように、
タイプする指のストレッチみたいな感じ。
handc.jpg
結局のところ、文章を書くというのに一番必要なのは体力なのだ。
だから余計に、こういうストレッチが必要になる、のだと思う。
posted by 中神謙一 at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月10日

頭の中のこと。

DVDを見る(仕事)。
DVDを見る(娯楽)。
身体を動かす(仕事)。
身体を動かす(娯楽)。

仕事を家庭に持ち込まない主義、という人の話を聞くとすごいなあと思う。
もう、何が仕事かわからなくなっている。
公私って区別がもう、自分の中では曖昧で、
頭の中には、萩尾望都先生の半神にでてくるシュラとマリアのような、シャムの双子の自分がいる。
心臓を共有しているのだ。

願わくば長く永く、ともに生きれますように。

頭の中のどちらかの――あるいは両方のボクがそう願う。
posted by 中神謙一 at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月08日

におい展のこと。

池袋のPARUCOの7Fで「におい展」ってのがあって、
色んな匂いがかげるという展示企画やってて。
http://nioiten.jp/

世界一臭いという缶詰シュールストレミングとか、
世界でもっとも高価と言われるイリス(6・7年の歳月をかけて採油されるって!?)とか、
とにかく色んなニオイが試せるらしい。
キャッチコピーが「悶絶から美臭まで」っていうのも面白い。

おもしろそうだ!と思って行ってみたら、
中々盛況の様子で、係の人が、階段のところにお並びください、という。

ああ、ここに並ぶのね?って思って
列の最後尾を目指して階段を下りていくと
1Fにたどり着いた。

嘘だろ…?ってなって流石にあきらめた。
だって約束あったんだもの。
同じフロア、すぐ隣でやってたM-TVの展示はガラガラだったのに!
IMG_0688.JPG
これはこれで面白かったんだけど。
IMG_0692.JPG

――というのが先日、1月末の話。

そんな話を知人にしたら、行ってきたらしい。
その人いわく―
イリス、花のいい匂い、さわやかだけど、ねばりがある、という。(個人の感想ね)
ねばり?
あと、シュールストレミングよりくさやより、加齢臭の方が臭かったらしい。(個人の感想です)
加齢臭、おそるべし。

イリス!気になるなー。
大阪でもやらないかな。

posted by 中神謙一 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月07日

VIOLINのこと。

FLOWERSbyNAKED2018-輪舞曲-を見てきた。
日本一早いお花見を楽しむ、というコンセプトの企画。
中の雰囲気はこちらで紹介されているから割愛。
https://flowers.naked.works/2018rondo/

その時、入場待ちで並んでいるエントランスにヴァイオリンの曲が流れてて、
それがとても臨場感があって、ああ、なんかいいなー。
すごくいいスピーカーつかってんだなーって思ったら、
ボクから死角になっていたところで生演奏されていた。
そりゃ臨場感あるわ。

会場内では演出にそって色んな曲が流れているんだけれど、
エントランスではそのヴァイオリニストによるソロの演奏だけだった。
並んでいるお客さんへのサービスだったんだろう。

堅苦しいものでなく、路上で弾いているような感じで、
むしろボクはそれがよかった。
楽しいい感じだった。
投げ銭でCDをお持ち帰りください、って書いてあって、
CDを頂いてきました。
2018-02-06 12.48.17.jpg
こういうのを聞くと、音楽が出来るって素敵だな、といつも思う。

ヴァイオリン。
コドモのころからやってみたいなーって思ってる楽器でもある。
posted by 中神謙一 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月06日

熱量のこと。

先日のことですが、大学生の全編英語のミュージカルを観劇する機会があって。
2018-02-05 13.55.58.jpg
セリフも歌も英語なんで、
会話はわかんなかったりするのだけど、
熱量というのが伝わってくる舞台だった。
舞台の圧というかがあった。

なんていうのだろう。
熱量っていうのは、単に熱い!とかでなく、存在の数値だったりする。
それが結局、すごい!とか面白い!ってものになるのだと思っている。

ボクは以前、こどもミュージカルでコドモたちと舞台を作っていた時、全力でやれ!と言っていた。
でも、同時に舞台って100%でやっちゃいけないものだとも思ってて、LIVEであるものの前提として、何%かの冷静さを持っていなくちゃいけないと思っている。

周りを見る、段取りを踏まえる、きっかけを守る冷静さとかもそう。
全力で、でも、夢中にならないように。
それが難しい。


たまに、そういう、冷めているのが見えてしまう舞台がある。
全力じゃないように見えてしまう舞台がある。

流している、というのか、
こなしている、というのか、
そういう舞台には熱量が感じられないような気がする。
人数とかじゃない。
芝居の中身とかじゃない。
気持ちの部分。

慣れていってしまうのか、単に本気じゃないのか、
回数をこなしていくうちにそうなるのか、
無意識なのか無自覚なのか意識してそうなのか。
そういうものは観ていてつらくなる。

今回、彼女らのミュージカルを見て、
ボクらもちゃんと意識しなくちゃ、と改めて思った。
自分が作るものに、演じるものに、彼女たちみたいな、そういう熱量があるのか。
意図する存在の数値がちゃんと乗せれているのか。
posted by 中神謙一 at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月05日

反転する、こと。

こないだ泊まっていたホテルは、2Fに中庭みたいなスペースがあって、
そこから空を見上げるとこんな風に見える。
2018-01-29 09.04.36.jpg
ボクは滞在中、毎日そこで少しの間、外の空気を吸っていた。
とにかく部屋が乾燥していたってのもあるけれど、
何となく、ここから見上げる空の感じが好きだったのだ。
何だか額縁の中に飾られた青い絵のようにも見える、と思った。

時間によってはきっとオレンジだったりもしたんだろうな。
残念ながら夕方は外出していることがおおかったので見れなかったけど。

スペースの真ん中に突っ立って上を見上げていると(ちょっと首が痛くなるけど)
ふいに意識が反転する。
見上げているはずの景色が、
見下ろしているかのように感じる。
井戸の中を覗き込んでいるような気分になる。

ふわっと身体が蒼穹に向かって浮かび上がるような、
それでいて水面に向かって落下していくような、
そんな不思議な気分になる。

もちろん、ボクの身体は一ミリも浮かび上がってなんていないんだけど。
意識の反転。
感覚の反転。
そういうのは、結構好きです。
posted by 中神謙一 at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月04日

下見してきたこと。

11月に脚色・演出する朗読劇の会場下見。
※こちら無料でご覧いただけますからね。みんな憶えといてね。
20170107_101906A_Moment.jpg
この空間、この空気、色。
声の響き、でも、お客さまが入ったら、きっと吸われるだろうしな。
そんなことを考えながら、ぐるぐる、歩き回る。

2018-01-31 10.15.49.jpg
美しい建物だけれど、中々にクセもあるよね。
さーて、どう使いましょうか。
わくわくしてくる。


そも、朗読劇の演出をしたことが無かったのだけど、
普段の劇団公演とは違うものに挑戦させてもらえるのはとてもうれしい。
そしてもちろん、やるからには面白いものしなくてはならないわけで。

2月は原作からプロットを起こす作業をする。
実在の人物を描いた物語。だからこの機会に、ちょっと勉強も。
posted by 中神謙一 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月03日

節分のこと。

節分である。
恵方巻を食べ、蕎麦をたぐる。
そして劇団にある鬼を引っ張り出して、豆まきをしてみる。
2018-02-03 19.22.46_preview.jpeg
カラフルで憎めない感じのこいつ、
結構長くウチにあるのだけれど、色あせもせず、
お気に入りです。

鬼は外、と言いながらも、気に入ってるもんだからずっとウチにいますけど。
あ、目が光るんだよ。
かぶるとこんな感じです。
2018-02-03 19.23.44_preview.jpeg
posted by 中神謙一 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月02日

異質感。

IMG_0481.JPG
先日の東京でのことですが…。
歩いていて、ふと目をやるとあったスカイタワー。
何というか、異質感、すげぇな、という感想。
普通の街並みに突如現れるこの塔の姿は、何だかCGの一コマみたいに感じる。

もっと町中でみたら感想が違うんだろうけど、(実際今までみた数度はそんな事感じなかったんだけど)何だかとても不思議なもののように見えたんです。

ある日、突如出現した謎の塔。
世界中の科学者がその突然の出現の理由や塔自体の事を調べるんだけど、何一つわからない。
撤去することもままならず、結局そのまま。
周辺の住人は理由もわからないまま、それでもその存在を次第に受け入れ、日常を送っている…。

そんな話、ありそう。
これだけだと月並みすぎる。どんな風に広がるかな。

posted by 中神謙一 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記