2018年10月10日

ミューズ。

思い返したり、
思い出したり、
想っているだけでインスピレーションが湧く。
イメージが浮かぶ。
そういうミューズみたいな、
そういう存在が、偉大な芸術家にはいたりする。

自分がそんな芸術家だと言っているわけではないけど、
自分にもそういう存在ある。

何年も前から、今でも思い返すと、新しいイメージが生まれるのは、そういうことだろう。

すごいことだ。
でも、ちょっと、恨めしくすら思う。



SANTA×CROSS、中神謙一扱いの予約フォームはこちらです。
https://www.quartet-online.net/ticket/sc2018?m=0beadei
posted by 中神謙一 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月08日

稽古のための稽古。

朗読劇もSANTA×CROSSもあるのだけれど、こちらはまだ来年の話。

稽古をするための、稽古をしている。
中々贅沢な時間だ、と思う。
演者にとっても、ボクにとっても。

少しずつメンバーが増えたりするのも初めてのことだし、
(そろそろ落ち着くのかな)初めてのスタッフと組む部分もあるし。

お互いが探りあっている。
きっとそんな感じ。

基本的にはとてもやさしい、と自分の事を思っている(そうあるようにしているので)んだけれど。
果たしてそれはいつまでもつのか、なんてことを考えながら。

そろそろ本の事を考えていく。
年が明けたら、稽古本格的に始めるんだし。
が、その前にトライアルってのがあるという。
その構成を考えなくちゃ。

ダイジェスト的な?
いや、感覚としてはプロモーション的な感じか。

枚方で、本番前日に野外ステージで宣伝出演してた時のことを思い出した。
posted by 中神謙一 at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

色彩。

先日の話ですが。
見てきたあれこれはどれもとてもよかったんだけど、特にこちら。
IMG_3076.JPG

ピエール・ボナール展。
いざ、「視神経の冒険」へ――こんなキャッチ、気になるでしょう。

面白かった。
JOJO展の後、キャッチコピーにひかれてふらりと入ったんだけれど、
キャッチコピーの通りだった。

この色彩感覚。
これは見た方が(なんだってそうかもしれないけど)伝わる。
部屋中に映像が投影され、それが絵画に集約される企画も面白い。
いろんなアイデアが盛り込まれていて美術館・博物館は面白い。


そこからぶらぶらと青山霊園を抜けてあるいたんだけれど、
雨あがりの木々の色や、流れる雲、その合間にのぞく青い空なんかの見え方が違ったり。
我ながら単純、とも思うけれど、何だか一枚、使い古した角質をぺろりと剥がしたみたいな気分だった。

うん、劇場から出た時、観た人がそんな風にかんじてくれるといいな、と思う。
インプットしたものはアウトプットしていかなくてはね。
もうすぐ稽古が始まります。


SANTA×CROSS、中神謙一応援窓口はこちら!
https://www.quartet-online.net/ticket/sc2018?m=0beadei
ご予約お待ちしてます。
santa2018_omote.jpg
posted by 中神謙一 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月02日

ただいま多忙につき。

バタバタしてます。あれやこれやと。
ただいま多忙につき、やや篭り中。

そんな時にそんなことは重なるもので、
例えば「へぇそうなんだ」なんて、コーヒーを飲みつつ、
テレビを眺めながら聞き流していたニュースが、
まわりまわって自分の仕事にかかわってきて、
おいおい、なんてことになったり。

バタバタが増える。重なる。

風が吹けば桶屋が儲かる、みたいに色々と繋がったり、
因果関係があるのだなぁなんて思ったりする。
それはまぁ別にボクが儲かるわけでもないんだけれど。

畑違いのデザインぽいことやら、
海外の人向けのプロダクツを考えたり、
何だか色々が同時期に始まって、
少しばかり多忙である。

一番の多忙の理由はやはりこれ。
SANTA×CROSS、そして朗読劇。
どちらももうすぐ稽古がはじまります。
稽古がはじまっちゃえばもう少し楽になると思う。
この、準備期間や調整期間が一番落ち着かない。


一足早く、KAVCでクリスマスを味わってくださいね。
ぜひ応援のコメントを添えてください。
[中神謙一扱い 予約フォーム]
https://www.quartet-online.net/ticket/sc2018?m=0beadei
posted by 中神謙一 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

始まる・始まる。

santa2018_omote.jpg
チラシも公開。
今日からSANTA×CROSSのチケット発売開始です。
ああ、始まりますね。
わくわくとドキドキが。

囲み舞台もそうだし、初めての場所で、
お客様との距離感も近い今回。
どんな感じでどんな風に見せようか…。
色んな事を考えている。

中神謙一への応援コメント&ご予約はこちらから
https://www.quartet-online.net/ticket/sc2018?m=0beadei



そして。
SANTA×CROSSの1週間前に初めて上演する「Helen」という朗読劇。
こちらの本もOKが出た(日本ライトハウス情報文化センターさんの事業なんで)。
なのでこちらも始まります。

これは朗読劇ではあるけれど、また違う形での「見せ方」を考えている。
どういう風に見せるか。
見えるかじゃなく、見せるか。
それを考えている。

さあ、ハードな年末の始まり始まり。
わくわくする時間が始まる・始まる。
posted by 中神謙一 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月28日

コンセプト。

どんなコンセプト会議をへて、こうなったのか。
知りたいって思うものがある。
今、仮面ライダージオウがボクにとってのそれ。

みなさんご存じだろうが(知らない?)、
今回は「文字推し」らしい。
顔に「ライダー」って書いてある。
ライバルには平仮名で「らいだー」って書いてある。
嘘のような本当の話。
武器にも「ジュウ」「ケン」。
足の裏には「キック」って書いてある。
エコーズみたい。

すごいコンセプトだ。

時間を遡りつつ、過去の(平成)ライダーたちの力を吸収するように纏うと、
顔の文字がそのライダーの名前に変わるし。
これからどうなるんだろう。

それにしても、こどものころは全然見てなかったのに、
今、芝居やデザインのことを考えるようになって、
こんな風にヒーロー物をみている。
なんだか不思議な感じ。

あぁ、ほんと始まる前の企画会議を覗きたかった。
posted by 中神謙一 at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月24日

目玉焼き。

昔読んで好きだった本に、「ぼくは王さま」という本がある。
(前にもブログで書いた気がする。でもまあいいや。)
寺村輝夫さんという方の書かれた児童文学です。

ここに出てくる主人公の王さまは、玉子料理が大好き。
オムレツ、玉子焼き、目玉焼き、色んな玉子料理を食べる。
食べるだけじゃないけど。

そのお話の一つに、ある日、国中の鶏が卵を産まない日のお話が(確か)あった。
なんせ王さまは毎日いくつも卵を食べるから、お城のコックは大慌て。
国中探して、何とか一つだけ、卵が見つかり、
王さまはそれを目玉焼きにして食べるのだけど、
王さまはその目玉焼きを「正式な方法」で食べる、という…。

っていう、そんな感じのお話。
それはきっと本編の、枕みたいな部分だったような気がする。
でもそれがすごく印象に残っている。

そして、とういか、というわけで、というか。
先日「目玉焼きの食べ方について」というテーマの稽古をした。
このメソッドみたいなのは、観ていて中々興味深いし、
人に物を伝える、共感させる、そういうのが見える気がする。

さて。
白いご飯に目玉焼きを乗せて醤油をかけて食べてみようと思う。
目玉焼き丼ですね。


あなたは目玉焼きに、何をかけて食べますか?
IMG_4069.jpg
posted by 中神謙一 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月22日

晴れの日。

朝方、少し雨が残っていたけれど、昼からは青空が見えている大阪。
窓から見える空が、青くて高くて、やはり夏のそれとはずいぶん違うなと思う。
午後4時を回ると、日差しにオレンジっぽい色が混ざりだす。

今日は晴れの日。
台本書きと、打合せと、DMの準備と。
告知の準備と、片づけと、連絡と。

外は晴れているけれど、
ほとんどこもりっきりで仕事をしている日。
それでも窓の外の光が、すこしづつ変化していくのを眺めると、
ちょっと気分も明るくなる気がする。

雨の日も好きなんだけどね。

さあ、紅茶をのんで、もっかいがんばる。

外はいい天気。
3連休の初日?みんな何してるんだろう。
posted by 中神謙一 at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月20日

雨の日。

昨日から丸一昼夜ぐるっと仕事で、
今朝がた帰宅して、コーヒー飲んで、軽く朝食を食べた。
蒲団に潜り込んで4時間ほど寝て、
柔らかくて懐かしい、素敵な夢をみて、
目が覚めたら雨が降っていた。

もぞもぞと起きだして、
風呂に湯を張っている間に昼食を食べながら新聞を読んだ。
新聞からは雨の匂いがした。
一日分時間の飛んだ世界の間をつなぐために、
昨日の新聞にさかのぼってみた。

風呂につかると、じん、と手足がしびれるような感じがする。
疲労が澱のようにたまっているのがわかる。
ふやけるほど湯につかって、伸びていたひげを剃り、
髪を乾かしながらストレッチをする。

窓の外から絶え間なく雨音が聞こえている。

昨日の疲労がまだ腕先に残っているけれど、
仕事しよう。書かねば。

今日の雨音は嫌いじゃない。
好きな感じ。
聞きながら書く。
丁度雨のくだりだ。
posted by 中神謙一 at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月17日

えんげき。

IMG_4029.JPG
先日関さんに借りたDVD。
中々進まない。
なんせ本編が5時間42分。
特典ディスクは196分。

それでも、観ていて色んな事が浮かんでくる。
なるほど、
いやいや、
それでも、
やっぱり、
だから、
だけど、とかとか。

そこには感情とかはいらないのかもしれない、と思えたりもする。
posted by 中神謙一 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記