2018年04月19日

違うこと。

考えることは沢山あるのだけど、
今、再演する座敷おやじのことを考えている。
色んな準備に追われている。

フライヤーのチェックだったり、関連する企画のことだったり、
それらをすすめていくためのマネージメント的なこと。
プロモーション、プロデュースのこと。
ディレクションとは違うこと。
この切り替えがとても難しい。

違うことを、混ぜないように、混ざらないように。
右脳と左脳みたいに、違うと意識しながら。

そして夕方からは、中之島文化祭のことを考える。
こちらも間近です。
posted by 中神謙一 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月14日

彼女のこと。

そんなタイトルの、短い連作小説を書いている。

もう、4年前くらい前から。
ちょっとずつ、ちょっとずつ。

浮かんだイメージをスケッチするような感じ。
いつもの「物語を書くぞ!」という感じとは違う、ゆっくりゆっくり。
全部で12本の連作になる予定。
見た景色も見たことのない景色もあって、
書いていて不思議な気分になるけれど。
posted by 中神謙一 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月12日

予約のこと。

月末の東京行きの新幹線も、ホテルもまだ予約していない。
世間はゴールデンウイークだということに気が付いたにも関わらず、
ずっと付箋がパソコンデスクに貼ってあるにも関わらず、である。
こういう、わかってるのに中々パッと動けない・出来ないことってありますよね。
ついつい後回しにしちゃうこと。
よくない。後悔する。

月末といえば「中之島春の文化祭2018」の
Cブロックのチケットはまだご予約いけるみたい。
皆さま、ぜひ!
https://ticket.corich.jp/apply/90487/C02

さて、果たしてボクは無事に東京へ行って来れるのか。
posted by 中神謙一 at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月09日

BBQのこと。

土曜日のこと。
今年もお声がけいただき、とあるBBQ。
そちらの会社のスタッフさんへの慰労会を兼ねているこのイベント、
今年は前日の雨のせいで、倉庫内での開催に変更。

匂いがつくのはNG、ということで、
ホットプレート2台をフル回転させて料理することになった。

とりあえずピザをデリバリーして…
パエリヤ、鯛のアクアパッツア、海老と烏賊の肝焼き、ボンゴレロッソをつくる。
そうこうしているうちに注文していたマトンが届き、ワイン煮にする。
アイスクリームを買いに行き、デザートに焼きリンゴとフレンチトーストのアイス乗せつくる。
スタッフM氏と延々料理する日。
たくさん食べて飲んだ一日。
目の前の公園はとても気持ちよさそうだった。
IMG_1693.JPG
posted by 中神謙一 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月06日

宮脇さんのこと。

全然本当に、どんな人か知らない宮脇さん。
昨夜はその宮脇さんにお会いしてきました。
でも写真を撮るのを忘れてしまった。

なのでこれから色々写真も撮ったり、
どんな人なのか教えてもらうことになると思う。

今のところ、前回舞台を拝見したときの印象で、
『キレキレハイテンションで踊る人』のイメージです。
posted by 中神謙一 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月03日

オーディションのこと。

IMG_1638.JPG
受けるのもそうかもしれないけれど、
審査する側だってとても緊張するし、体力もつかう。
それがオーディション。
新しいインスピレーションをもらったり。
posted by 中神謙一 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月01日

4月1日のこと。



あなたのことが嫌いです。

2018-04-01 02.08.47.png
posted by 中神謙一 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

秘密の場所のこと。

誰にでも、一つや二つ秘密があるだろう。
内緒なことがあるだろう。


気がついたのが何年前だったか忘れてしまったけれど、
気に入っている桜の木があって、
その枝の下に立って、見上げることが年に何度かある。
昼間だったり、夜だったり、時間は色々だけど、
民家のすぐ近くなのに、いつもその時は静かで、
一時、音が消えるような感じがする。
ここもその一つ。
2018-03-31 10.02.46.jpg

もちろん、おとぎ話なんかじゃないから、
沢山の人が知っている場所なんだろうけれど、
いつもその時、そこにはボクと桜の木だけになる。
その時間、そこは秘密の場所になる。

例年よりも早い桜の開花で、すでに地面には散り始めた花弁。
今年はあと何回行けるかな、と思う。

秘密の場所。
内緒の場所。
それを共有できるなら、素敵ですよね。
posted by 中神謙一 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月28日

来年のこと。

年末のことを考え、劇団でミーティングしていて、ああ、出遅れてるなぁと反省しきり。


先日、とある打合せで、来年のことを色々と話してて、
ほんとにできたらそりゃ楽しいな!やりたいな!って思ったんですよね。
先日SSCブログにもちらっと書きましたけど。

自分たちの公演だけでも大変なのに、
お仕事として何かのプロジェクトを立ち上げたり、
そこに組み込まれたり、あるいは他の人たちをそこに組み込んだりって、
そりゃあもう、本当に大変だし自由にならないことも多いんだけど。

それでもやりたいって思う事はたくさん。
そういう出会いやきっかけに感謝。

昔は「来年のことを話すと鬼が笑う」なんて言ってたけど、
来年のことなんてもう、当たり前で。
プロジェクトは2年、3年先のことだって普通に動いていくわけで。
人によっては鬼があきれるくらい先のことを考えていたりする。

もっともっと先に手を伸ばしたい。
そう思っている。
ぐいってね。
IMG_0619.PNG
posted by 中神謙一 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

いいお店のこと。

いいお店ってどんなとこだろう。
美味しい、安い、接客が、内装が、立地がいい…

きっと色々あるんだろうけれど、
ふっと思ったひとつに、そこに通うお客さんがいい、というのもあるな、って思った。
お客さん同士だったり、お店の人にだったり、
気配りというか礼儀をちゃんと持てるひと。

いい店って、そこにいるお客さんたちもいい。

中々いけないけれど、いいお店だなーと思っているお店があって、
美味しいし、ボリュームもあるし、安い。
でもやっぱり雰囲気がいい。
店員さんの感じもすごくいい。
久しぶりに行って、やっぱりそう思った。
(そして食べ過ぎた。)
IMG_1488.JPG

そこではボクも、そんなちゃんとしたお客さんでいたい。

お客様は神様だ、って自分で言うような客にはなりたくないな、と思うのです。
posted by 中神謙一 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記