2017年05月13日

雨の土曜日。

昨夜。
雨が降り出して、電池が切れて。
横になって、ダラダラとしていた。
たまにある。
だからって何も考えていないわけでなく、
身体を動かす力まで思考にまわっちゃってる時とか、こんな感じになる。
疲労というより、昨夜はそんな感じだった。

色んなことを考えていた。
ぐるぐるぐるぐると。

昨夜から降り出した雨はまだ降っている。
雨の音の隙間に、鳥の鳴き声が聞こえる。

おはようございます。
雨ですね。
朝ですね。
次は頭より、身体を動かす番だ。




語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
17555232_1304546152967327_1779604878_n.jpg
posted by 中神謙一 at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月12日

2冊目

先日のあら通しを経て、台本が2冊目になりました。
書き込みやらがぐちゃぐちゃになっちゃって、
自分でわけわかんなくなるんだよね…
何のこと書いてるんだったか、すぐ忘れちゃう。
走り書きも多くて…。
IMG_5584.JPG
で、2冊目。
1冊目から必要な内容を2冊目に書き写す。
面倒くさいと言えば面倒くさい。
でも、頭の中が整理されるので、嫌いな作業ではない。

まだきっかけとか入ってくるもんな。
小屋入りの時には3冊目になるかなぁ。




☆ただいま稽古中☆
語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
17555232_1304546152967327_1779604878_n.jpg
posted by 中神謙一 at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月10日

ケイコバブログのこと。

日々稽古してます、語り部たちの夜-空-。
稽古終わりに飲んでいて、それぞれの印象を聞いたり、話したり。
昨日は初の全体でのあら通し。
序から終までを通した。

思うこととか、想うこととか、
それともまた違うこととか。
色んな事を考える。

稽古場って不思議で、ボクは基本的に稽古とか修練とか練習というものが苦手で嫌いなのですが、やっぱりやらなきゃできないもので、そしてそこでしか生まれないもの、見えないものというのがある。

ロッテさんに、「さあ、そろそろやりたいイメージを出し切って!」と言われた。
「どうせまた後になれば違うこと思いつくんだから!」と。

稽古を重ねていると、もっともっと、と思う部分と、
いや、これはこっちじゃないのか?という、新しい小道みたいなのが見つかったりする。

その道が正しい道なのかもわからなかったりするんだけど、
例えば「ねぇここにこんな道がある!」ってみつけてくれる演者の芝居が魅力的になっちゃうと、
ふらふらってその小道を覗いたりしちゃう。

そういう事が出来る(時期にもよるんだけど)のが稽古場だと思う。
そんな稽古の模様を割と日々、ケイコバブログで更新しています。
そろそろ出演者紹介も。
ぜひ見てみて。
魅力的な面々ですから。

http://stn-diary.sblo.jp/
posted by 中神謙一 at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月07日

準備。

衣装や小道具、その他もろもろ。
劇団での公演ではやること、
やらなきゃいけないことが沢山あって、
一年半ぶりの劇団での公演に、
ああ、そうそう、あれもしなきゃ、
これもしなきゃって思い出しながら慌てたりしてる。

準備している。

よくこんな色々、ノンストップでやってたな、
なんて本当に感心したりあきれたりする。

一度止めた足を、再び動かすというのは大変なものだ。
わかっていたつもりだし、知っていたけれど、
やはり改めて実感する。

枚方市で開催されていた、枚方こどもミュージカルという催し。
それは止めるべきではなかったとボクは今でも思っているし、
何らかの形で継続させるべきだったと思っている。
例え規模を縮小してでも。

準備が整う、なんて、そんな時は来ない。
準備は整えるものだ。
期日があって、それに向かって整えるものなのだ。

台本を読む、動きを追いかける、考える。
一昨日の照明打合せ、昨夜の楽曲・音響の打ち合わせを思い返しながら、準備を進める。


☆ただいま稽古中☆
語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
posted by 中神謙一 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月03日

会合「美女と野獣の会」

先日の話ですけれど、ちょっとした会合がありまして。
とりあえず「美女と野獣の会」と呼びます。
レズビアンとバイセクシャルの女性と、ボクというメンツでした。

ボクにとっては刺激的で興味深い集まりで、
話す内容や、聞くことも面白いんだけど、
話の中で感じたりするその人たちの苦悩とか覚悟とか明るさとか、
そういうものを感じて素直になるほど、と思う。

一言で言い表せる物でも事でもないけれど、
さらに言えばボクはただ知りたいという興味が先にたってしまって、
デリカシーのない質問をしている時もあると思うのだけど、
それでも彼女たちは答えてくれる。

書きたい話の、エッセンスを濃くしてくれた。
感謝。

語り部たちの夜-風-という作品をやった時、
その台本を書くために、全盲の方にお話しを聞いた。
「目の見えない人は、どんな夢をみるんですか?」とか質問した。
その時に聞いた色んな答えは、物語の重要な核になった。
それを思い出した。


あ、ちなみに「美女と野獣の会」、の野獣はボクじゃなく、
レズビアンの内の一人です。
中身がパンチ効いてるんです。



☆ただいま稽古中!
語り部たちの夜-空-6/2〜6/4のチケットのお求めはこちらから
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html
posted by 中神謙一 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月30日

輪郭

一日遅れて更新。

昨日は結構濃厚すぎて。
あっという間に4月の終わり。
早いですね。

思い切り、というのは中々大切で、
言葉を口にすることで、それは現実味を帯びていく。
言葉を飲み込むな、そういうセリフを書いたのは何だっけ。
カルマだったっけ。

好きも嫌いも、そう、
言葉にするとそれは明確に・明瞭になっていく。
輪郭をはっきりとさせていく。

もやもやとしていた自分の意志がはっきりとする。
輪郭を。
この有りや無しやのすべてに、明瞭な輪郭を。

本日も昼から夜までの稽古です。
posted by 中神謙一 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月27日

推し。

語り部たちの夜-空-、先行予約いただいた皆さま!
チケット発送完了いたしましたーっ!!

SSCメンバーの皆さまには、Hello!SSCと、もちろん覗き見豆台本も!
そしてそして…今回からスタートした「推し」特典も同封!!

えーと、今回特典ですが…大丈夫かな…。
坂口バージョンはともかく…
ボクのバージョンは…ははは。

今年度から「SSC」の特典ではご希望の「推し」をご選択いただいてます。
中神推し。坂口推し。ハコ推し。
それぞれで特典が異なります。
ハコ推しの方は中神バージョンだったり、坂口バージョンだったり、ハコバージョンだったり。

今回の中神推し特典…
今更だけど、あんなんで…よかったのか。





いや、いいだろう。
だって中神推しを選んでくれた人なんだから。



そう、自分に言い聞かせておくことにします。
わけわかんねぇってなったらごめんなさい。(笑)


もうひとつごめんなさいがあって。
今回のハコ推し特典は、劇中の台詞があしらわれた台詞ステッカーです。
どれくらいのサイズがいいかなって話していて、
「15センチ!」とボクが決めて、話を進めて、
出来上がったものが封筒に入らないというおバカなミスをやらかしました…。
こんな感じ。
2017-04-27 14.39.05.jpg
うわぁーはみ出てる…。


どうする!?作り直しか!?
一回り切ったら!?いや、ありえないでしょう!
・・・・・・・・・ふんわり折り曲げておくろう!!!!

と、決断しました。

ああ、バタバタしてんなぁ。
しっかりしなきゃなぁ。

ハコ推しの皆さま、折れ曲がったステッカー、ごめんなさい。
やぶれてたり使い物にならないのはもちろん交換します。
公演当日、会場で!

ちゃんと届くかなぁ。どきどきする。

と、ここまで読んで、SSCに入りたいなって思ったあなた。
詳細はこちら!
http://e-setsuna.com/ssc.html

語り部たちの夜-空-、チケットのお求めはこちら!
https://www.quartet-online.net/ticket/stn_kataribekuu

posted by 中神謙一 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月25日

嘘と、本当じゃないこと。

嘘と本当じゃないこと。
この二つは似ているけれどちょと違う。
どの時点、どの角度から見た時にそう見えるのかはわからないけれど。

意識してついている嘘と、
結果として嘘になった本当と、
気づかなかった嘘と、
気づかないようにしていた嘘も違うし、
本当じゃないことに気づいていないことも、
気づかないふりをしてることもある。

当人にとって大きく違っても、
それは傍から見ればどちらも大差ないことがほとんどで。

君は嘘をついているのか、
それとも本当のことを言っていないのか、
それに気づいていないだけなのか。

そういうことを、台本読みながら考えた。
ああ、ドロドロしているなぁ。

そして、誰もが嘘をついている。
誰もが何か本当のことを言っていて、言っていない。
そんなお話を思いついた。いつ書こうか。

====================
ただいまチケット販売中!
語り部たちの夜-空-お楽しみに!
http://e-setsuna.com/kataribe_ku/ticket.html


posted by 中神謙一 at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月22日

Winding road

ああ、曲がりくねった道だ。

まったく、もう、簡単にいきやしない。

手ごわいカーブが続いている。

その先に道があるかなんてなんの保障もないけれど、
それでもハンドルを握るのも、
アクセルを踏み込んでるのも自分自身だ。

嫌ならブレーキを踏めばいいだけの話で、
それをしないのはつまりはやっぱりそういうことなんだ。

このカーブの向こうにはどんな景色があるんだろうな。


さあ、アクセル踏み込んでいきましょう。
posted by 中神謙一 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

謎々。

謎がある。
自分的にはとても理解しがたい謎で。
しばらく考えていたけれど、どうにも理解しがたいものなので、
ちょいと棚上げしておくことにする。

ある種の謎は、風習や国民性や宗教観のようなもので、根本的な部分で理解できないものがある。
異なる血液のように、無理に混ぜれば、輸血したものは死に至ることもある。
極端に聞こえるかもしれないけど。
かと思ったら、時間がたつとすんなり理解できたり受け入れられたりもする。
それを人は大人になった、とか丸くなった、とかいったりもするけど。

謎、の話。

ちょっとした謎々を思いつきました。
これと、昔思いついたネタをいれて、
ミステリーというか、謎解きものをまとめました。

というのがしばらく前のこと。

ちょっとバタバタしていたのですけど、
再びちょこちょこと書こうかな、と。

お客様参加型ミステリー、とか。

今、脱出ゲームとかも流行っているよね。
昨年、東京に言った時、そういう企画をされている会社のスタッフさんとお話しさせてもらって、
ちょっとワクワクしたし、今度実際に行ってみようとも思っている。

では謎々です。

「そこにあるのに、そこにない。となりにいるのに、となりにいない。
黒でなく白でない。それはだぁれ?」


posted by 中神謙一 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記