2019年05月05日

Next!

中之島春の文化祭2019、
ゲスト出演してくれた平本さん、
コラボレーション参加してくれた魅殺陣屋さん、
ABCホールのスタッフの皆さん、
音響してもらった三宅さん、
もちろん坂口さん。
そして誰より何より観てくれたお客様。
ありがとうございました。

自分たちの出番の後、
軽くかるーく乾杯をして、
皆で色々しゃべったりして。

と、いうわけで、次。
がんばんねーとな、って思うきっかけを沢山もらう最近。
がんばります。

ゴールデンウィーク明けの稽古までに、8月の本を。
そして新しいプロットを。
次へ、次へ。
posted by 中神謙一 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月03日

GW。

今日が5月3日。
はて、何の日だっけ?って考えて、
思い出せず、調べてみて、
ようやく「憲法記念日」だということを知る。

祝日と祝日の間の日は休日になる。
そんな話をコドモの頃の自分に話したら、
そんな世の中になったらいいね、とか言って信じないだろうな、と思う。
そんな感じのコドモだった。

GW。
なぜかこんな風な表記をみると、
ゴールデン・ウィークではなく、
グッドウィルという言葉が先に浮かぶ。

goodwillは単語だから、どうしたってGWとは書かないけども。

ツイッターで見かけた言葉で、
10連休の間も、休まず働いてくれている人たちがいるお陰で世の中は回っているんだっていうようなのがあって、本当にそうだなぁと思う。
交通機関や飲食、病院や福祉、警察etcetcたくさんの人たち。
だから、混んでるからとか、サービスが遅いとか、
そんなことにイライラしないでいようよ、と思う。

goodwillなGWを。

ああ、〆切過ぎてる遅い本は例外です。
イライラされても仕方ない。
posted by 中神謙一 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月02日

最終の。

ABCホールでリハーサル、
からの魅殺陣屋スタジオで
最終稽古でした。

返して、通して、返して、もう一度通した。
ランタイムが短いから、通しと返しがやりやすい。
みんなはぁはぁ言ってたり、結構な汗かいたりしてるけど。

ショーケース的な作品を作ることの難しさ、
みたいなのを改めて感じる。

明日をまたいで、明後日、5/4(土)、本番。
さて、一旦頭をリセットして、
違うものに取り掛かる。

このGWの間に、夏のミュージカルの書き直しを。
ヒマだとぼやくよりはよいことだ、と思うことにする。
posted by 中神謙一 at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年05月01日

あさごはん。

割と、朝はちゃんと食べる。
基本的に、コーヒーとパン、卵料理みたいなやつ。
あまりお米を食べない。

IMG_6374.JPG
こちら、本日のあさごはん。
豆乳のスープとパン。
豆乳がゆるく固まって、豆腐みたいになってる。
台湾の朝食によくあるやつ、鹹豆漿。

簡単につくれる。

やさしい味で、あったまるし、腹持ちもいいし、ほっとする感じ。
いれる具材がなんもなかったけど、これはこれで美味しいです。
なんだかひえるね。

令和最初の朝食。
posted by 中神謙一 at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月29日

夏の始まり。

4月が終わろうとしている。
5月が始まろうとしている。
新しい元号の新しい時代。
だからと言ってボクらの日常が大きく変わるわけではなく、
稽古したり、近づく本番に焦ったりしながら、
相変わらずだ。

でも、ボクにとっての夏が始まります。
それは5年ぶりの夏だ。

花火をモチーフにした子どもたちの夏休みの物語「Flower」、
そのオーディション期間が終了。
オーディションを経て思ったことや考えたことを踏まえて、
このゴールデンウィークの間に台本を書き直す。
ある意味全然違う本になりそうだ。

でもそれでいいのかもしれない、と思う。

ゴールデンウィークが明ければその稽古も始まる。
枚方の時より稽古期間が長い。
でも、その分、一回の稽古時間は短い。
濃度をあげていけるか、が課題な気がする。

夏が始まるな。
どんな夏になるだろう。
posted by 中神謙一 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月27日

コドモクジラ。

先日、オーディション用に作ったテキストに、
その名前が出てきた。

毎日生まれなおすコドモクジラみたいに――。

生まれて、一日が終わって次の日にはまた生まれるコドモクジラは、
毎日を一生のつもりで生きているのだ。

一日の終わりに、イメージしてみる。
B809E5C7-BBBB-4305-B4EF-91858695FEF2.jpeg
そんなコドモクジラみたいに、
ボクは生きているだろうか?
posted by 中神謙一 at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月21日

drawing

誰かのため、というていで、
結局は自分のためなのだな、とか思いながら、
絵を描いて、描きなおして、また描いて。

贅沢な時間だな。

稚拙な絵だけれど、
一人しか見ることのない絵だけれど、
描いて、眺めて、ボクはそれを肖像画のような気持ちで描くのだ。

posted by 中神謙一 at 01:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月17日

勉強。

必要に迫られて、いくつかのセミナーを受け、
勉強をしていたここしばらく。
なれない勉強はとても疲れたけれど、
新しい知識は刺激的でもある。
自分の中に、いろんな形・いろんな色のガラス片みたいなものが散らばっていく感覚。
今はまだ組み合わせたり、くみ上げたりできていないけれど、
その内、それが思わぬ形をつくる、そんな予感がある。

オトナになってからする勉強は、
どうして面白いって思うんだろうね。

明日も長時間の勉強会。
明後日でいったん終了予定。
脳みそ破裂しないように祈る。

今から打合せへ。
夜は稽古へ。
posted by 中神謙一 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月14日

君がくれた言の葉が、僕の誇りになる。

そんな歌詞を書いたのは、
もう何年も前のことだ。

いろんなところで、いろんな形で花が咲いていく
長い時間の中で、ほんのひと時だったとしても
自分が関わったそのことに、少しでも意味があったのだとしたら
とても誇らしいと思う。
その花が咲くさまを見てそんな風に思うのです。

だからまた、ううん、まだ、
がんばんなきゃねって思うんだ。

まったく、面白いもんだ。
posted by 中神謙一 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月11日

イメージのこと。

色々書かないといけないものがある。
当然、〆切順ということになる。

中之島春の文化祭2019用「B.B.B.」を書いた今、
単純にいえば、
次はNHK大阪児童劇団夏公演用「Flower」、
その次はHelen再演用、
の順番だと思う。

奇しくも、というかなんというか、2019年は再演関連が多い。
B.B.B.は再演じゃなく、文化祭用の新作、新しいエピソードだけど。

この中で一番難敵なのは「Flower」だな…
B.B.B.もHelenも出演者は基本同じ。
キャラクターも同じだし、こう、イメージがつながっている。

でも「Flower」は、タイトルとあらすじこそ、
枚方こどもミュージカル2014の時のものだけれど、
出演者の数も世代も個性も全然ちがう。

枚方というご当地のネタ(お題・テーマ)で書いた物語を、
どんな風にカスタマイズするか。アレンジするか。
新しいイメージを持たないと。

そんなことを考えながらも、今は違うプロットを書いているんだけれど。
posted by 中神謙一 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記